〔086〕小富士山 (173m)

兵庫県姫路市

2008年02月11


兵庫100山に戻る

Road Map:自宅から加古川バイパスを走って30分程の距離。
'04年01月に登った時の記憶は大して面白く無い山の印象であったが、面白いところ探すべく、再度登ってみる。
こんなに良い山だったかなー
今日は小赤壁、木庭山を散策して帰る予定だったが、木庭山から小富士山を見てしまったのをきっかけに来てしまった。先にも書いたが前回の印象はよろしくなく。考えてみれば仁寿山の面白くなかった印象が残っていたのかも知れない。15分程で山頂に立てて大展望の得られる小富士山はお勧めです。しかし、山登りをしましたとは人には言えないわなぁー。
調子に乗って笠松山に行く
下山を終えてまだ12時前、このまま家に帰るのはもったいない天気なので近くの笠松山に行くことにした。
標高差:145m
意識せずに車を走らせて空きスペースを見付けると前回と同じ神社裏だった。公けの駐車場ではないので怒られるかもしれません。
こんなに雰囲気の良い道だったかな”と思うほど露岩の道が続く。展望も到って良し。
前回も興味深み見た20m程の岩峰。今回はクライミングを見た後なので登ってみようと割れ目にぶら下がる鎖に掴ったが、考えてみれば写真を撮ってくれる人が居らず、次回の楽しみ廻す事にした。
横から回り込んで岩峰のてっぺんに立ってみる。
次回来る時の為に鎖のアンカー部を確認しておく。錆て細くはなっているがまだしっかりしており、切れる心配は無い様だ。
更に登っていくとハイカーが休息していた。聞くとここの分岐から南に見える岩峰に行くと言う。二人のハイカーは休息中なのでお先に枝道に入っていく。岩峰の上には盆栽魂をそそる枝ぶりの良い松が張り付いていた。
枝道は観音像(?)で行き止まりとなり、岩峰に行くには5m程の藪扱きがあるので行くのを止めた。踏み跡は薄いがここから山頂への道もある様だ。(未確認)
展望良く、岩だらけの道は楽しく登っていける。前回、登った時の”詰まらない山”の印象は払拭されてしまった。良い山です。
枝道分岐であった御夫婦のハイカーと展望を楽しみながら高御位山、桶居山の話しをしていると”HPを見て高山に登れた”の話しが出てきた。駐車場の内容とかで我がHPを見ていてくれている人達だと判った。お互いの写真を撮り合って再会のあることを期待し分かれる。又、ゆっくり山談義をしましょう。
前回は15分、今回は寄り道をしたので25分位掛かっただろうか、
華厳寺”のある境内に着いた。
山頂にはジジイが3人休憩していた。展望は見事であるが天気が良過ぎて家島も小豆島もはっきり見えない程霞んでいる。ほんと、今日は日焼けしそうな程の良い天気だ。
山頂から南面の岩峰を少し降りて、数時間前にはこちらを見ていた木庭山を見る。霞で木庭山ですらはっきり見えない。
こふじやま
兵庫100山』  兵庫の小さな小さな富士山。
展望は良く、播磨アルプスの”桶居山””高御位山”が良く見えた。