〔085〕天下台山 (321m)

標高差:255m
兵庫県相生市

2003年12月20日


今年一番の寒波来襲で雪が降り続いており、兵庫中部、北部の山は道路が凍結で林道を走れない恐れがあるので、相生の天下台山に向かう

相生へ向かう途中、播但道、北播磨道は積雪凍結で通行止めになっていた。登山口が非常に見つけ難い所にあり、車で2回も通り過ぎてしまった。登山道は巾広く傾斜も緩く歩き易い、途中には休息所、水飲み場、ベンチもあり、終止、遊歩道的な歩きとなる。

40分で展望の良い山頂に着く。山頂からは遠く明石大橋、淡路島、目の前に家島諸島、眼下に相生湾、赤穂岬、山頂が雲で隠れた小豆島も見える。気温7℃、風があるので体感温度はもっと低い、登りは汗を掻くほどであったが、下りは寒いので走って降りると20分で着いてしまった。

道路側に登山口の標識が無く、上の案内図も道路とは反対方向を向いており、道路からは見付け難い。

登山口から直ぐのところにある赤い鳥居、参道は広く歩き易い。
昨夜の雪が残っており、まだ降り続いている。

湧き水の水飲み場、夏場なら有り難いのだが。

展望台方面への分岐点、展望台側の方が遠回り。

分岐点部から山頂を見る。右側に展望台のピークがある。

ベンチのある”天下台山”(321m)山頂。トーチカに見えるものは内側が180°の地形図になっている。
山頂から見た展望台と相生湾。道には白く積雪がある。
山頂から見た相生湾と赤穂岬。肉眼では小豆島も見えていた。
写真の島以外に上島、倉掛島も見えており、瀬戸内の絶景が見渡せる。
小雪が降り続いており今一の天気であるが、肉眼での展望は良好。
天下台の魅力は山頂からの展望に尽きる。
登山口を聞いたおばあさんは初日の出を見る為に沢山の人が登る。と言っていたが、海から上る日の出は素晴らしいと思う。
天下台には他にも登山道があるが、どれも登山口が見つけ難い、せめて道路側に登山口の標識くらい欲しいものだ。
今回の登山口は”ささゆり苑”の斎場手前、朝鮮韓国無名者墓地の入口と平行してあります。
兵庫100山に戻る

兵庫100山』 望海山を歩く。
てんかだいやま