〔082〕笠松山 (244m)

兵庫県加西市

2016年06月23


兵庫100山に戻る

Road Map:R372を善防地区で県道43号線に入り、善防中学校を
           過ぎた辺りで古法華寺公園への道に入る。
スギコケを探しに市ノ池公園に行って見たが、まったく無かったので、もっと高い山に行かねばならないのかと車でウロウロしていると古法華寺に来てしまった。今朝は雨が降っていたが、良い天気になって来たので散歩代わりに笠松山を歩いてみることにした。この時点でスギコケ探しは諦めた。
笠松山
標高は低くこぢんまりした山であるが、周辺のどこからも展望が得られる人気のある山である。登山道はTシューズでも全然問題なかった。
標高差:112m
兵庫100山』  兵庫では数少ない展望の良い山。
今日歩いたコースが '08年2月に歩いたコースと同じだったので、その時の軌跡を流用しました。
かさまつやま
笠松山への登山道は古法華寺を過ぎた辺りから展望が開ける。ここまで快晴だったのにカメラを出すと曇ってしまった。晴れ待ちをする気が無いので先に進む。
今朝は大雨であったが、昼前には雨は上がり、午後からは良い天気になった。古法華寺に着いたのは3時過ぎ、山歩きの予定ではなかったので時間をメモ
っていなかったが、周回をして約1時間程、山歩きと言うより散歩であった。
このくさり場は取付きにステップが切ってあり、くさりが無くても登れるが下りはくさりに頼る。古いくさりも残っているが新しいくさりが設置しあった。古いくさりの方が細く軽いので使いやすい。
展望の良い尾根道と先にくさり場を見る。山頂展望台も見えている。
”笠松山”(244m)に着く。山頂標識は展望台の下にあり。
朝の大雨で空気が洗われたのか、今日はやけに見通しが良く、肉眼では明石大橋まで見えた。
馬の背的な周回コースは小さなアップダウンを繰り返して行く。
右側は絶壁であるが、絶壁感は感じられない。
くさり場を下り、周回コースに入る。
こんなに見通しが良く景観を見ることが出来たのは何か月振りだろうか。詰まらない善坊山は良い山に見える。
小さなピークであるが、砕石跡が荒々しくて感じの良い山になっている。
これから歩く周回尾根コースを見る。次のピークからは吊橋が見えるはず。
吊橋へ下るくさり場は中々のものである。登りのみくさりに頼らずに何とか登れるが、下りは無理! ここもくさりが新調されていた。
道路に架かる吊橋が見えた。今日はもう時間が遅いので善坊山には行かない。
ずーっと気になっていたのだが、善坊山の山頂が伐採された様にスカスカになっている。展望の利かないはずの善坊山だが、改善されたのか。こればかりは行ってみないと判らないが、今日は行く気無し。
これは要らない! 石膏を塗り固めて彫られた様な達磨像は自然豊かな笠松山にまったく融け込んでいない。早く、元に戻して。
夕日になって来て周回終わり地点から笠松山を見ると逆光となってしまった。