〔080〕書写山 (371m)

兵庫県姫路市

2001年03月31


裏道から姫路へ向かい、交通渋滞の中、時間が掛かり書写山のロープウエイ駐車場に着く。

2時前に駐車場を出発。少し一般道を歩き登山道に入る。感じが高御位山によく似た岩盤の登山道を登っていくと、姫路の町並みが綺麗に見えてくる。

朝の白旗山と違い、気温が上がってきて暑く、フリースを脱ぐがそれでも暑い。ロープウエイ駅に着くと道路があり、作業用の車が走っている、がっくり。本道までは遠く、平らな参道が続き、青銅製の仏像が転々と置いてある。

本堂は入口で300円を徴収しており、外から写真を撮って中に入るのは止めた。書写山は登山する山でなくお参りする山と感じた。

下りは西坂登山道を選ぶが、これが大間違いで上からしたまで作業用の車道が続くだけ。作業道を降り切ってから一般道をテクテクと駐車場まで帰る。全所要時間は1時間40分。

自然観察のガイド板が至るところに設置してある。
高御位山とよく似た岩盤の登山道、展望は良い。
展望台より見た姫路の町並みと瀬戸内の島々、見晴らしは最高。
山頂へ上がると仏像と仏閣が迎えてくれるが、ハイカーとしてここに来たのが場違いの感じがした。
ここから先の”円教寺”境内に入るには入場料300円が必要、
お寺には興味ないので入らなかった。
兵庫100山に戻る

兵庫100山』   円教寺を中心とした宗教色の強い山だった。
姫路市街の展望をバックに自分撮りをしておく。
後日談となるが・・・
円教寺の境内に入らなかったので、書写山のピークに到達していないと気付いたのは十年近く経ってからだった。'11年1月に慌ててピークハントで登り直した。
しょしゃざん