〔079〕伊勢山 (353m)

兵庫県姫路市

2011年01月10


兵庫100山に戻る

標高差:257m
Road Map :山陽道を姫路西ICで下りて、県道545号線を東進し、県道411号線から太陽公園に向かう。
Route Map:緑台住宅街の奥、ヤマザクラ広場の駐車場から左周りで周回する。
兵庫100』   寒中低山ハイク。
書写山を西斜面のコースから登ってみたいと思ったが、午前中は西斜面が日陰となってしまうので、午前中は書写山の隣の山、伊勢山を南から登り、時間潰しをすることにした。
コースタイム 登り:59分、下り:47分
空木城跡には行かなかった
前回、空木城跡まで足を伸ばしたが、城跡の広場があるだけだったので、今回は割愛した。
初めて来るには面白い山
登山道からの展望が良く、神坐の窟の見所があり、初めて来ると面白い山と感じるが、神坐の窟は一度見たら充分なので、何度も来たいとは思わない。
休息東屋があるだけの”ヤマザクラ広場”であるが、今日は寒過ぎるのか、散歩している人も居ない。8時35分に歩き始める。
定番の緑台宅地の一番奥にある”ヤマザクラ広場”の駐車場に車を停める。気温2℃、この季節にハイキングで来るバカは居ない。トイレがあるが入口は戸板で閉ざされていた。
12分にて落書き風に”東尾根”と書かれた分岐があったので、入ってみる。
林道風の広い散策道を進む。
穏やかに登って行くと尾根筋が見え出した。
歩き易い広い登山道が続くが、山頂から遠のく方向に曲がって行くので心配になってくる。途中に山頂方向に伸びる道があったのでショートカットと思い入ってみるが、行き止まりだった。藪扱きは嫌なので元の道まで引き返す。
ベニヤ板に書かれた手作りの道標。読み難いが下山時の方向を示している。
27分にて”東尾根”に出る。ここからもしっかりした道が山頂方向に伸びていた。
今日の天気の影響もあろうが、明るく気持ちの良い尾根道が続く。
終始、自然道で嫌な感じはまったくない。
頑張って登ったピークには何の表示も無く、がっかり。
ここは”298mピーク”と思われる。
少しだが岩場の道もあり、変化がある。
日陰の道は薄っすらと雪化粧されていた。
生い茂った木立の間から次の小さいピークを見る。
展望岩より北面を見る。雪彦山、七種山が見えているはずだが同定する実力が無い。と言うより同定しても仕方がない遠景。
展望岩があったので、景色も見てみる。
展望岩より登って来た”東尾根”を見る。
山頂には個人がぶら下げた山頂表示板があるのみ。ここは通り過ぎて”神坐の窟”に向かう。
59分にて展望が無いのは承知の”伊勢山”(353m)に着く。
薄っすらな積雪とは言え、下りは気を使う。
下っていくと展望抜群の”310mピーク”に着く。この下が”神坐の窟”である。まばらに雪が残っているので、崖っぷちには近付かない様にする。
310mピークから南西方向に”新龍アルプス”が望めるが、パッとしない景色である。
”神坐の窟”を上の穴から覗いて見る。この岩の上が310mピークである。
”神坐の窟”入口はメタボの人でも充分通れる広さがある。
神坐の窟”からの展望。
先ほど見下ろしていた天井の穴。
下山を始めて直ぐの”318mピーク”からの展望。眼下に見える緑台まで下って行く。
中々良い道が続く。
”318mピーク”からは岩盤の下りとなる。前回はここを登ったはずであるが、何も覚えていない。展望良く、楽しい道だ。
天気の良さと相まって雰囲気の良い道だ。
コシダで覆われた道もあるが、少しの間であり嫌味は無い。
西尾根、展望広場への”分岐”に着くが、前回歩いてみて遠回りで面白く無かった記憶があるので、今回は見送る。
尾根筋を降りると広い河原に出る。この辺り、沢沿いに真っ直ぐ登る道もある様で、テープが至る所に見られる。登り時には要注意の地点だ。
穏やかな散歩道を車に帰る。
左”不動明王”、右”役行者”の石像。中が悪いのかえらく離れている。窟のあちこちに亀裂が入っており、中には長くは居たくない感じ。
いせやま