〔074〕大峰山(552m)、〔075〕中山(478m)

兵庫県 宝塚市

2009年12月19


兵庫100山に戻る

標高差:284m
Road Map :中国道を宝塚ICで下りてR176を西進し、県道33号線を北上して十万辻峠の登山口に至る。
Route Map:峠の登山口を基点に大峰山、中山をそれぞれ往復する。
兵庫100山』  薮山二つを散策する。
兵庫100山のスタンプラリーとして宝塚の山に行ってみたが、この山では勿体無い程の良い天気だった。
コースタイム:2時間28分 (登山口〜大峰山〜登山口〜中山〜登山口) 
雑記
大峰山、中山は関西圏では結構有名な山の様であるが、これまで登りたいと思ったことがなく、兵庫100山に選定されたので、今回仕方がなく登ってみたが、意外と良い山だったとの印象を抱いてしまった。とは言うものの低山の優等生、”高御位山”にはまったく及ばない感じではある。
”大峰山”への登山口表示は非常に小さく、車で走りながらでは確認出来なかった。右側には”中山”への登山口があるが、まずは大峰山から登ることにした。
県道33号線、十万辻峠側から大峰山、中山に登るには駐車場が無い。唯一、車を停められるスペースは”カーブNo,22”の赤丸の地点に1台分あるのみ。ここから登山口までは歩いて3分程の距離。
登山口からはしばし急登が続くが、今日の気温は3℃であり、この登りで体が暖まった。
尾根筋に出ると常緑の広葉樹の多い展望の利かない穏やかな道となる。冬の散歩道としては良い感じの道だった。
27分にて送電鉄塔下に出る。御多分に漏れず、鉄塔下は展望が良い。
鉄塔下からの展望。剣尾山方面の山々が見えているが虚しい景色である。
44分にて”大峰山”(552m)に着く。ピーク感無し、展望無し、山頂表示無し、樹木の上にプライベートな小さな表示があるのみ。直ぐに下山する。
下山中に木立の隙間から見えたささやかな展望。
ここから登るハイカーは少ないのか、大峰山側へも、中山側へも登山口の表示は道路から見難く、通常、十万辻峠からの登山口と書かれているが、十万辻峠からも離れており、この登山口は見付け難いと思う。
県道33号線に戻り、真反対の中山登山口に入る。
登山口からは道路と平行して少し沢沿いに歩き、反対斜面に取り付く。小さなジグを切って登って行くと先ほど下山した鉄塔(右側)と大峰山が見えていた。
前方が明るくなったと思ったら”宝塚高原ゴルフ場”の縁に出た。我々は歩いているので暑い位であるが、気温3℃でプレーしているゴルファーは寒そうにしていた。
中山側も展望の利かない穏やかな道が続く。
小さな馬ノ背状のザレ場に出た。ここからは展望が良く、樹木の向こうの大峰山以外は見渡せた。
標高差の少ない中山への登りは楽チンモードで疲れることなく足が進む。周辺は赤松が多く、マツタケが採れそうなムードがある。
馬ノ背から見た”六甲山”は普段見ている山脈でなく独立峰的に見えた。蓬莱峡の岩肌も良く見えている。
こちらは同じく馬ノ背から見た、能勢の妙見山、剣尾山方面、平野部は川西の市街地。
登山口から36分にて”中山”(478m)に着く。先輩は見知らぬハイカーに大峰山への登山口を説明中。
中山の山頂は満点とは行かないが意外にも展望が良かった。中山寺、清荒神側から登って来たハイカーが多く休息していた。
”中山”山頂から見た大峰山。眼下に見えているのが馬ノ背状のザレ場。
大峰山:登り44分、下り35分
中山:登り36分、下り33分
なかやま
おおみねさん