〔073〕大岩岳 (384m)

2007年01月14

兵庫県神戸市
兵庫100山に戻る

神戸市の水瓶、千刈ダムへ
やまぼうし”さんのHPを見ていると、千刈ダムの横にある大岩岳に何度も歩かれている。冬季はダムの放水量が少ないかもしれないが、行ってみたくなった。
登山口までは千刈ダムで波豆側をUターンすることになる。対岸には車で抜かした15名のハイカーが歩いてきた。これに巻き込まれないようにしたい。
他に6名のハイカーが先行しており、結構、人気のある山の様である。
谷間の道を登り、雑木林の気持ちの良い道を25分も歩くと千刈水源池が見え出す。先行していた6名のじっちゃんグループは休憩ばかりしており、ここで抜かすことになる。
駐車場から波豆側沿いに歩くこと6分で千刈ダムに着く。水量は少ない季節であろうが、綺麗に流れ落ちる水は見事である。
右横の放水路からも滝の様に流水している。
2時間39分で大岩岳を終える。
東山橋から道路を歩き、駐車場に戻る。朝は1台しか車はなかったが、下山時には8台の車が停まっていた。
大岩岳は山頂直下だけは急であるが、その他は穏やかな道であり、息を切らすことなく散策出来る山である。
枝道が多い割には道標が無く、常に自分の現在位置を把握している必要がありそうだ。次はダムの水量の多い梅雨時にでも、放水だけを見に来たいと思う。この後はすぐ近くの百間滝に行く。
標高差:244m
Road Map :国道176号線から道場に向かって走る。鎌倉峡への道と同じだった。
Route Map:千刈ダム側から登り、丸山湿原側から東山橋へ下山する。
千刈ダムに向かって車を走らせると、施設前に広い駐車場があった。JR道場駅からも近く、ここまで歩いて来る人も多く見かけた。
北但の針葉樹の植林帯と違い、冬枯れの雑木林は木立ちからの隙間から展望も得られ散策にはもってこいの道である。
千刈水源池から離れると大岩岳が見えてきた。大岩岳は手前のピークと思っていたが、奥のピークが山頂だった。
公設の山頂標識は無く、この注意書きがあっただけ。実際にはこの上側にもゴミの持ち帰り、タバコのポイ捨て等の注意書きがある。
1時間05分にて大岩岳山頂に着く。今日は日曜日でもあり多くのハイカーで一杯を予想したが、他のルートからのハイカーも居らず、又、寂しい一人ぼっちの山頂となった。
右、東大岩岳とそこから伸びる”やまぼうし”さんお気に入りの馬の背を見る。見た感じ、馬の背は大したことが無い様に見えたので行かなかった。
丸山湿原側に激下りをして谷間を歩くと松の多い尾根筋に出る。展望の良いザレ場から大岩岳を振返る。
ほとんど勾配の無い道をゆっくりと下っていく。
珍しくちゃんとした標識が立っていた。脇道が多い割りに、この手の標識はほとんど見かけない。
穏やかな道を歩き続けると2時間30分で登山口であ東山橋に着く。登山道は尾根筋もあるようだが、このピークの向こう側の谷筋から降りて来た。
高圧線の鉄塔が近付くと道は巡視路として整備されている。下りに従って小さな沢沿いの道となり、何度も沢を渡る。泥濘も多いが靴を汚す程のことはなかった。
女性の声も聞こえるのでズームで撮るが、どれが女性かは判別出来なかった。クライミングでは無く、山歩きで登っている人が居れば自分も挑戦してみたい。
東山橋から駐車場の方に帰っていると東の岩峰に多くのクライマーが張り付いているのが見えた。ざっと数えると9名が見える。ここは”不動岩”と呼ばれ、百丈岩と共に有名な岩峰らしい。
頭上は晴れているのに周辺は曇りだした。千丈寺山、羽束山、大船山、剣尾山、妙見山が見えている様であるが、同定は邪魔臭いので割愛する。
この山、全般に言えることであるが、山頂に3本の道がありながら道標が何も無い。そのことをネットで知っていたので今日は地図とコンパスを見ながらここまで来た。カシミールに描かれている道とはまったく違うのにも驚いた。


おおいわだけ
兵庫100山』