〔071〕羽束山 (524m)

兵庫県三田市

2011年02月12


兵庫100山に戻る

最後は吹雪に
小雨の中を登り始めて、山頂付近では晴天に、下山途中からボタン雪が降り出し、下山終了時には吹雪となってしまった。天気を含めて面白い山歩きだった。
標高差:234m
Road Map :新三田から県道570号線、68号線を東進し、有馬富士CCを過ぎた辺りに香下寺への道がある。
Route Map:香下寺の駐車場から山頂を往復する。下山時には前回寄れなかった甚五郎山に行ってみる。
兵庫100山』小雨、後晴れ、後吹雪。
コースタイム 登り:29分、下り30(甚五郎山経由)
はづかやま
3時08分、小雨が降っている中を歩き始める。この舗装路は直ぐの八王子神社で終わる。
前回と同じ香下寺の駐車場を利用させて頂く。
小さくジグを切りながら参道を登り続ける。
自然石で整備された参道は荒廃しているが、登山道らしくて雰囲気は良い。
六丁峠からは水平道となり歩きながら休息を取ることが出来る。
14分で見覚えのある”六丁峠”に着く。ここは甚五郎山への分岐であり、下山時には寄ってみようと思う。
スギの大木の奥にある”毘沙門天”の小さな祠。
水平道も直ぐに終わり、又、登り続けることになる。「山頂まであと450m」の表示あり。山頂が一丁目の表示もあり。
観音堂”を目先に見て展望台に向かう。
「山頂まであと100m」の表示を見ると急に元気が湧いてくる。
”展望台”に寄ってみる。展望台と言ってもただ景色が見える場所なだけ。例のワッパも健在であるが、手前の方を向いてしまっている。
29分にて”羽束神社”に着く。周辺を見渡して神社裏が最高地点の様であるが、薮を登ってみても三角点、山頂表示は見付からなかった。なのでここを”羽束山”(524m)としておく。
展望台からの景色。少し前まで晴れていたが、雪雲が迫って来た。晴れていても大した景色ではない。
参道は小さなジグを切っているが、もし、直登コースがあったならば、凄い急登の面白い道になることが想像出来る。てなことを考えながら下山して行く。
さっさと下山する。ボタン雪が降ってきた。
六丁峠から3分で”甚五郎山”(342m)に着くが、予想通り展望は無し。タッチだけして直ぐに引き返す。
下山12分で”六丁峠”に戻る。予定通りに”甚五郎山”に行ってみる。