〔070〕有馬富士 (374m)

2014年12月19日


兵庫100山に戻る

兵庫県三田市
千丈寺山から直ぐ近くの低山をこれまでと違う道、北側の道を歩いてみたく行ってみる。
有馬富士
その気になれば15分で登れてしまう有馬富士は登山の対象にはなり難いが、息抜きには持って来いの低山である。
標高差:129m
Road Map :三田市街を抜けて県道37号線から県道49号線に入り直ぐの所。
Route Map:有馬富士公園への道途中から登り、北側の道へ下山する。
兵庫100山』  違う登山道を散策してみる。
ありまふじ
コースタイム:51分
登り:22分
下り:29分
(散策道歩き含む)
登山口手前で車止めゲートが張られていた。えっ何で? その理由は判らないが平日は通行止めとの看板があった。登山口までどれ位歩かなければならないのだろう。
これまで休日にしか来たことがないので、この通行止めは意外だった。
樹林帯の中の真っ直ぐな道。雪は降っていないのか融けてしまったのか全然見られない。
登山口はゲートから直ぐ近くの所だったので助かった。これだと今まで車を停めていた駐車地と変わらない距離だ。
”わんぱく砦”との広い道に合流する。
勾配が少し増して来ると階段道に替わる。
ここから”わんぱく砦”が始まる。と言っても何かの施設がある訳ではなく岩峰急斜面があるのみ。でもお洒落なネーミングだと思っている。
ここを登り切れば”わんぱく砦”の取り付けとなる。
後は普通に岩登りをして行くだけ。
直ぐに一枚岩が出て来るが、黒コケで滑りそうなので左側に迂回する。
22分にて”有馬富士”(374m)に着く。土日にはハイカーで賑わっている山頂であるが、流石に今日は誰も居ない。
あっと言う間に岩登りは終ってしまう。この先は山頂となる。
山頂からは展望があまりよろしくないので南向きの展望テラスに降りてみる。
広々とした展望が得られたが、遠くに六甲山系が見えるのみで大したものは何もなかった。
これまで2回共 ”わんぱく砦”往復であったので今日は北側の登山道を下ってみることにした。
北側の登山道は”わんぱく砦”から岩を省いた様な急斜面となる。
そのまま進むと”わんぱく砦”に戻ってしまいそなので、次ぎの分岐で下ると外周遊歩道に出た。
北側の登山道はどんどん下って行き、下り切ってしまうと遠回りになりそうなので、途中にあった分岐へエスケープする。
散策道には2ヶ所に山頂へ向う登山口があった。
有馬富士の裾野を周回する散策道を歩いて行く。
下山29分にて車に戻り、有馬富士を終了する。散歩気分だった。
散策道は終り、舗装道路に出る。土日は車で走れるが今日は平日なので通行止めとなっている。