〔070〕有馬富士 (374m)

2006年02月04日


登山口からは整備された道が続き、斜度はそこそこきつい。

わんぱく砦”と名付けられた急勾配の岩盤に入ると展望がぐっと開ける。

兵庫100山に戻る

兵庫県三田市
千丈寺山に登った帰りの駄賃に直ぐ南側にある有馬富士に登る。
'04年2月に登った時は麓の公園のロボネコ(?)は建設中であったが、今はすっかり完成していた。
公園まで行けば広い駐車場があるが、登山口前の道路空きスペースに車を停めて、12時10分に登り始める。
登山口にあったリアルな看板、冬季は冬眠中で心配要らないだろう。
山頂には沢山のハイカーが昼食としていた。
山頂からの展望はあまりよろしくなく、わんぱく砦の展望の良いところまで降りておにぎりを頬張る。わんぱく砦の岩峰からは白くなった六甲山系、遠くに雄岡山(241m)と雌岡山(249m)の特徴ある双山が望める。
下山
昼飯休憩をしたにも関わらずトータル32分で有馬富士を終える
山登りとしては最短時間かも知れないが、展望の良い面白い山ではある(2回目なので写真はほとんど撮らず)
標高差:129m
Road Map :三田市街を抜けて県道37号線から県道49号線に入り直ぐの所。
Route Map:有馬富士公園への道途中から登り始める。
わんぱく砦の岩盤は急峻ではあるがグリップが良いので安心して登れ、距離的にも短い。
高御位山より標高は高いが登山口の標高が高いのでたった13分で山頂に着いてしまった
兵庫100山』  ハイキング山に再度登る。
ありまふじ
多くのハイカーで賑わう山頂。