〔069〕三草山 (564m)

大阪府能勢町

2010年12月25


兵庫100山に戻る

標高差:304m
Road Map :川西からR173を北上、道の駅”能勢くりの郷”付近から慈眼寺を目指す。
Route Map:慈眼寺の駐車場からゼフィルスの森を通り、才ノ神峠側に下りる。
兵庫100山』  寒中低山ハイク。
能勢三草山は大阪府の山と思っていたが、山頂の一部が兵庫県側にあり、兵庫100山にリストアップされていた。興味の湧かない山であるが兵庫100山スタンプラリー完結の為に行ってみる。
コースタイム 登り:42分、下り:49分
能勢三草山は昔から知っていたが
穏やかな散策の山らしかったので興味が湧かず行く気はしなかったが、兵庫100山に入っていると知り急遽行くことにした。
能 勢
慈眼寺の駐車場。無断で停めるので遠慮して道路側の空スペースに停める。駐車場を10時14分に出発する。
山頂に近付ける道路はあるのだが、駐車スペースがあるのか判らないので慈眼寺を基点に歩くことにする。
途中、三草山を望む。見えている道路を車で走ると登山口にもっとも近いが駐車スペースは無かった。
民家の間を通り林道に入って行く。ヒノキの植林帯は直ぐに通り抜ける。
荒れた林道(杣道)は最終的に道路に合流し、ゼフィルスの森の入口となる。
道路終点から登山道となり緩やかに登って行く。
車止めからは穏やかな尾根道となる。
25分で車止めに付き、ここから先がゼフィルスの森となる。
ゼフィルスとは絶滅危惧種の蝶の名前らしい。
笹原になっても笹の背が低く散策には最適な道が続く。
同じ文面の注意書きが至る所にあり、ちょっと興醒め。
長い階段道の先は山頂か。
山を歩いている感じはしないが、雰囲気の良い道が続く。
42分にて”能勢三草山”(564m)に着く。だだっ広い山頂は南面が大きく開けている。
能勢の妙見山が目の前なのだが、雪雲が乗っておりシルエットしか見えない。気温1℃、雪雲がこっちに向かってきている。
山頂から隣の”滝王山”(570m)を見る。じっとしていると寒いし休憩する理由もないので直ぐに下山する。
良く整備された道が続く。
才ノ神峠側へ下山するが、登山道には常緑樹が多く、雰囲気の良い道だ。
この登山口にも”自転車・バイク通行止め”の標識があった。かつてはそんな輩が多かったのか。
下山19分にて”才ノ神峠”に着く。ここまで車で走れる道路が通っているが、ここにも駐車スペースが無い。頑張れば1台位は停められそうだが。
一般道を慈眼寺に戻る途中に見た三草山。雪雲がここまでやって
きて粉雪が振り出した。カメラのレンズに水滴が付いたしまった。
今日は登山道より一般道を歩いている距離の方が長い感じであるが、名所になっている棚田を見ながらの歩きだったので苦にはならなかった。
みくさやま