兵庫県三田市

2014年12月19


兵庫100山に戻る

    標高差:357m
累積標高差:447m
Road Map :三田の北側にある山、千丈寺湖の北端にある乙原集落からてんぐの森に向う。
Route Map:てんぐの森を基点に山頂を往復する。
兵庫100山』  気温0℃、バージンスノーを踏み散らす。
千丈寺山には'06年に北側の峠から、'11年には南側の北浦天満宮から登っているので、3回目となる今回は乙原のてんぐの森から登って見ようと考えた。
コースタイム:2時間51分(展望岩への寄り道含む)
登り:1時間07分
下り:1時間03分
千丈寺山
これで3ヶ所からの登山道で登ることが出来たが、今日の登山コースが一番楽な半面、一番見所がなかったと感じた。
個人的には北浦天満宮からの登山道が面白かったと思う。
今日の予定
全て低山であるが有馬富士→羽束山→大岩岳を巡ってみようと思う。
〔067〕千丈寺山 (590m)
せんじょうじさん
山頂まで1.8kmの距離なら短時間で往復出来そうだ。8時47分に駐車場を出発する。
昨日の降雪で”てんぐの森”の駐車場には薄っすらと積雪していた。気温は0℃と低いが幸い風はまったく吹いていないので耐えられそうである。
車止めをチェーンを乗り越えて舗装された林道を進んで行く。
林道終点から沢に下りて渡渉する。遊歩道として整備されているので渡渉と言う程のものでは無かった。沢水も殆んど流れていない。
小さい沢沿いの階段道が続く。風がまったく無いので寒くはなかった。
沢を渡ってからは丸太で整備された階段道となる。積雪は2〜3cm程であるが、積雪で隠れた丸太が滑り易い。
道が沢沿いのあいだは緩やかな勾配だった。
小まめに道標が設置してあった。
ここまで沢沿いの道であったが、先の道標で左に折れてからは斜面に取り付く様になる。そして急登が始まる。
渡渉が3回程あったが、沢水が殆んど流れていなく渡渉と言う程のものではなかった。
48分にて”石の祠”のある縦走路に出る。
しばし階段道が続き、階段道が終ると滑り易い粘土質の自然道となる。
”千丈寺山”への尾根道には岩が積み重なった箇所があり、それが積雪で埋まっているので歩き難い。
”北千丈寺山”は薮山と記憶しているの千丈寺山へ向う。
新雪大嫌い男に新雪の洗礼となってしまった。積雪が浅く中途半端なので返って歩き難い。
尾根道からの展望。ここから見る”大船山”はカッコ良く見えた。
水平道から少し登る様になってくると山頂は近い。
尾根道は水平道となり、楽に歩ける様になる。
1時間07分にて岩峰を乗り越えて”千丈寺山”(590m)に着く。三角点のある山頂には展望が無いので、その先の展望岩に向う。
山頂手前の岩峰を乗り越える。登りは大丈夫だが下りはどうだろうか?
この岩峰が三角点山頂より標高が高い地点だ。
南面には”千丈寺湖”と北浦天満宮からの縦走尾根が見えていた。
5分程南側に下れば展望岩に着く。生憎の天気になってしまったが、この後に登る予定の”有馬富士”と”羽束山”がよく見えていた。
三角点のある山頂に戻り、そのまま下山に入る。
展望岩で写真を撮って山頂へ引返す。
最高点の岩峰から見た北側の山々。同定出来る山は見当たらない。登山道には自分の足跡だけが残されている。
岩峰を下るが、岩にホールド部分が無く、掴む樹木も無かったので結構やばかった。
フラットな尾根道に戻り一安心。
下り斜面はよく滑るので慎重に下って行く。
山頂からの下山19分にて”石の祠”がある分岐に戻る。
霧氷とはほど遠いが、展望を飾ってくれたのは確かである。でも直ぐに融けてしまうだろう。
路面が粘土質であり、そこに薄く積雪しているので滑る滑る。恥ずかしながらロープを頼りに下って行く。
階段道が出て来るまでの辛抱であるが、随分長く感じた。
積雪も溶け出し、ヒノキの木からは雨の様に水滴が落ちて来る。水が殆んど流れていない小さい沢を見る。
登り時の気温は0℃であったが、下り時には5℃まで上がり、汗ばんで来る。
渡渉地点の先には舗装された林道が見える。
渡渉地点の直進通行止めの看板。通行止めを見ると行って見たくなるが、ここは素直に林道に向った。
下山1時間03分にて”てんぐの森”駐車場に戻る。朝の積雪はすっかり融けていた。