〔065〕三草山 (424m)

兵庫県加東市

2010年12月25


兵庫100山に戻る

標高差:319m
Road Map :社町からデカンショ街道(R372)を山口に向けて走ると、登山口の表示あり。
Route Map:昭和池入口の登山者駐車場より山頂を往復する。
兵庫100山』  寒中低山ハイク。
兵庫50山に入れて貰えなかった三草山であるが、低山ながら三つの小さなピークを越える尾根歩きは終始展望が良くお気に入りの山である。山歩きだけでなく、ジェットスキーのゲレンデである昭和池にも何度も来ている。
コースタイム 登り:51分、下り:50分
コンクリートで簡単に舗装された荒れた林道は車でも走れるが、凸凹道なので登山者用駐車場に車を停めた方が無難な感じ。
昭和池入口の登山者用駐車場に車を停める。3時23分に歩き始めが、冬至を少し過ぎただけのこの時期、陽が傾きだしており、暗くなる前に下山したいので少し頑張って歩く。
この岩壁中段までトライアル車が走っていたものだが、ハイカーにとってはジェットスキーもトライアルもうるさいだけなので、環境的には良くなったのだろう。
かつてはトライアル練習で賑わっていた広場に出るが、最近は閑散としている。バイクの排気騒音で山口の別荘地の住民から苦情が出て、走行禁止になった様だが実態は知らない。岩壁に排気音が反射して別荘地に届いたものと思われる。騒音苦情がジェットスキーのものと思った時期があったが、ジェットスキーの騒音は堰堤で遮られて別荘地までは届かなかった様だ。
高御位山によく似た岩肌の尾根道を登る。
荒れた林道は終わり登山道に入って行く。
くさりが新設されている?、以前はこんな立派なくさりが無かった様に思うが・・・
左個所の上部。くさりが要る様な斜面でなく、個人的にはこんなくさりは不要に思う。陽が大きく傾き、写真の中に自分の影が入ってしまう。
振り返れば昭和池の展望であるが見事に逆光で絵にならない。昭和池は渇水しており水位が随分と下がっている。春までに水位が戻るのか心配。
数曽寺方面の山を見る。藪扱きさえなければ登りたい山であるが、イバラの薮扱きで懲りてしまった。
”277mピーク”より三草山山頂を見る。低山ながらアルプス感たっぷりの尾根道だ。三草山はフラットで山頂が判り難いが、大きな樹木が一本あるのでそれが山頂目印となる。ここから鞍部に下って行く。
もう少し雑木が低ければ、雑木が無ければ最高の道であるが、兵庫の山では雑木の薄い方なのでこれ以上の贅沢は言えないか。
折角の雰囲気の良い道なのに新設のくさりが気に喰わない。
この岩道を登れば山頂と思ったが、登り切ると”九合目”の表示があった。合目表示があるのを初めて知ったが、後の合目表示は見たことがない。九合目から山頂までは目と鼻の先。
これまで気付かなかったが山頂の立木は良い目印になっている。
51分にて”三草山”(424m)に着く。相変わらずの展望の良さであるが、今日の曇り空では見栄えしない。数名のハイカーは既に下山してしまっていた。
山頂の神社、名前は知らない。
誰も居ないので鳥瞰図の台にカメラをセットして記念撮影。今日は3山共、山頂一人ぼっち。
西光寺山は合っていると思うが、他の山の同定は怪しい。
山座同定の参考にした鳥瞰図。
下山しながら見た六甲山への落陽。薄雲が広がり綺麗な夕陽とは行かなかった。
どんどん陽が沈んで行くが足元はまだ充分明るい。
夕陽を眺めながら登り時より時間を掛けてゆっくりと下る。5時12分に車に戻り三草山を終える。
みくさやま