〔061〕白 山 (510m), 妙見山 (622m)

兵庫県黒田庄町

2001年02月03


門柳の住吉神社に車を置いて、妙見山側から登る。

イノシシ避けの電気柵を乗り越えて、コシダを藪扱きしながら進む上に行くに従い、雪が残っている様になり更に上に登ると一面積雪となってしまう,約1時間で妙見堂に着く、ここから巻き道を通って展望所に向かうが、積雪が更に酷くなり、道が判らなくなる。更に小雪が舞いだして心配になってくる。
展望所で景色を眺め、妙見山頂上に向かうが、妙見山頂上は展望所より低い感じがし、眺めも極端に悪い。ここから白山まで約1時間の縦走をする、道は完全に雪で覆われており、道が全然判らないので尾根の一番高い所を歩いていく。

白山までは延べ2時間掛かったが、ここからの眺めは良く、天気もよくなってきた。

きつく長い下りの最後は電気柵に囲まれ、電気柵すれすれを歩いて怖い思いした、3時間で無事完走。
個人的には二度と登りたくない山である。

まずは妙見堂を経由して妙見山に向う。
妙見山への道はコシダの藪扱きと荒れた道が続く。
妙見堂”は新しいお堂があるのみ。
展望のまったく利かない”妙見山”(622m)に着く。
十字路まで降りて白山への尾根道に入る。
白山”(510m)頂上。天気はよくなり展望は最高。
白山”を少し降りたところから縦走尾根を振り返り見る。
白山を下り終える手前では道を間違えたのか電気柵沿いに歩くことになり、電気柵に触れればどうなるのか経験がないもので緊張しながら歩くことになってしまった。
兵庫100山に戻る

兵庫100山』 
登山口にあったハイキングマップ。妙見山から白山を巡ることにする。
マツタケ山らしいが入山禁止とはなっていなかった。
”門柳”とは登山口の地名である。
”展望処”から見た”白髪岳”(722m)
はくさん
みょうけんさん