〔054〕小金ヶ嶽 (725m)

2005年04月16日



日本の滝百選に戻る
兵庫100山に戻る
兵庫県篠山市

篠見四十八滝にはいつか行きたいと思っていたが、4月2日に小金ヶ嶽に登ったときに篠見四十八滝から
6kmの縦走路があることを知ったので歩いてみることにした。
ヒカゲツツジは見頃シーズンの様であり、6kmの縦走は春山前のトレーニングに絶好と思い出掛けてみる。

東多紀連山コース図、篠見四十八滝から登り、縦走路往復、下りは荒れた遊歩道を降りる。
篠見四十八滝の登山口には広い駐車場と東屋、トイレがあり
キャンプ場にもなっている。

登山口にある滝めぐり案内板、周回だけなら約2時間となっている。

〔篠見四十八滝めぐり〕
誰もが48ヶの滝があるものと思ってしまうが、八つの滝が始終流れているから四十八滝と名付けられたらしい。(インチキだ!

最初の滝が落差5m程の”手洗い滝” ここで手でも洗えということか。

落差5mの”弁天滝”とその上に落差5mの”肩の滝”

落差20m程の”長滝” これを見るには登山道から沢まで降りる必要がある。

落差8m程の”シャレ滝” 名前の由来は判らない。

対岸を見ると一帯は”ヒカゲツツジ”の群生地で一斉に開花していた。

薄黄色の花を咲かす”ヒカゲツツジ

岩壁一帯に咲き誇る”ヒカゲツツジ

こぶし”は真っ白な花を咲かせている。

〔くさり場〕
滝めぐりコース中には沢山のくさり場があり、
下りに使うより登りの方が楽しめる。

滝めぐり中、最大の落差20m程の”大滝

滝群の始まりとなる”一の滝”、”二の滝

写真を撮りながらゆっくり歩いて40分で滝めぐりを終える。
ここから上はくさり場のある急峻な登りとなる。

くさり場を登り切ると一変して穏やかな散策道となる。

約1時間で下山コースと縦走路の分岐点に出る。
ここで下山すると30分で登山口に降りられる。

〔多紀連山縦走路〕
縦走路は不住無く整備されているが、通る人が少ないのか薮が結構茂っている箇所もある。
小金ヶ嶽までは6つのピークを越えなけらばならず、距離よりもトータル高低差が堪える。

〔峠山(631m)〕
最初のピークは峠山であるが、ピークらしさはまったくなく標識がなければ通り過ぎてしまう。
ここで登山口を後から出発された御夫婦と会う、抜かれた覚えはないのに先に来ていたので聞いてみると
遊歩道を上がられてきたらしい、峠山から小金ヶ嶽まで2時間掛かると知って、引き返すと言われていたが、
その後、私の後を付いてきていた、気が変った様だ。

二つ目のピーク(544m)から縦走路を見ると、まだ4つのピークが控えている、小金ヶ嶽はまだ見えていない。

縦走中、展望はほとんど利かない、4つ目のピークを過ぎたころに少し展望が得られる。先々週は鍔市ダムから縦走路を見上げていた。

5つ目のピーク(694m)を見る。

2時間50分で”小金ヶ嶽”(725m)に着く。山頂から縦走路を振り返り見る。これを引き返すのか!

先程、8名のおばちゃんが縦走路に降りていったので山頂には誰も居ない。

昼飯を食べながら”峠山”で会った御夫婦を待つが、15分待っても来ないので先に下山する。

2箇所ある鞍部の前後には長い地獄の階段が続く。
帰路は意外と足取りは軽かった。

最後のピーク”峠山”を見る。これを登り切れば後は下るのみ。

四十八滝遊歩道から見たヒカゲツツジ群生であるが、残念ながら写真では何も見えない。尾根の向こうが四十八滝になる。

下山は2時間5分で終える
遊歩道ではヒカゲツツジを毎年見に来ていると言う御老人に
話しを聞きながら下山する。
駐車場に帰り着くとオートバイを含め車で一杯だった、
滝めぐりとヒカゲツツジに人気がある様だ。
天気晴朗なれど春霞
一つ一つの滝としては大したことはないが、くさり場を含めた
登山道、様々な滝の形態で滝めぐりは非常に面白いと感じた。
それに比べ縦走は景観もほとんど得られず登り降りの多さは
修行に近い感じであるが、今日はいいトレーニングにはなった。
多紀連山
前回まで多紀アルプスと表記していたが、今回縦走してみて、
アルプスを思わすところはどこにも無く、やはり多紀連山の
名がこの山には相応しいと思う。

篠見四十八滝
こがねがたけ
日本の滝百選
兵庫100山』  四十八滝は四十八の滝があるのでは無かった。
正面から見た”大滝”の優姿。