兵庫県多可町

2011年03月05


兵庫100山に戻る

標高差:535m
Road Map :西脇からR427を北上し、道の駅”かみ”向かいから林道に入る。
Route Map:林道途中の駐車場より三国峠を経由して山頂を往復する。
前回、三国岳に登ったのも10年前の4月。再度登ってみたいとは思ったことがない山ではあるが、兵庫100山二巡目の為に登ってみる。
コースタイム:2時間17分(休息時間含む)
        登り:1時間13分
        下り:1時間01分

兵庫の中部を代表する登山道だった
加美地区周辺の山には何度も来ているが、スギ、ヒノキの植林帯がほとんどで、大体の山が山頂で少し展望が得られるだけだ。加美アルプスにおいては長い縦走路のほとんどが植林帯であり、よくもまぁアルプスを名乗るなーと思っていた。
今日の三国岳の登山道も植林帯ばかりで最悪だったし、それに追い討ちを掛ける様に林道が延びていた。
ジジーは近所の人だった
話してみると同じ町内、しかも直ぐ近くの住人だった。かなりのジジーと思っていたが歳も俺より二つ上だけでほとんど変わらなかった。
〔045〕三国岳 (855m)
林道を歩き初めて振り返り駐車場を見る。広い駐車場には我が車1台のみ、他に誰も来ていないと思っていたが、更に下に停めて登っているジジーが居ることを後から知る。
林道途中の登山者用駐車場には10年前と同じ看板が残っていた。
12時24分に駐車場を出発する。
車でも走れる林道が続く。
林道を少し進んで道標に従い右の林道に入る。
ヒノキが密生し、もっとも嫌いな雰囲気の道が伸びる。
10分にて林道は終点となる。ここには車2〜3台が置けるスペースがあった。ここが8合目、ここから登山道となる。
34分にて6合目に着く。ここで沢から離れ右手の斜面を登って行く。
沢沿いの道であり、通常は沢道、沢沿いの道が好きであるが、
ここは倒木が多く、沢は雨水で荒れ放題、歩き難くてしょうがない。
42分にて5合目、”山寄上分岐”に着く。今回は左側のU字溝状の道を進んだのだが、正面の尾根にも登山道がある様だ。
きつい斜面を大きくジグを切って登り切ると尾根筋に出る。
展望地から見えた大井戸山。向こうのシルエット。
雨水で深く抉られたU字溝状の道を進む。唯一、この辺りは展望を得られたが、大井戸山が見えるのみだった。
ここから加美アルプス縦走路の一郭を歩くことになるが、以前、加美アルプス縦走路の詰まらなさを散々書いた覚えがある。
53分にて4合目”三国峠”に着く。
残雪もあったがこの程度に少しだけだった。
三国峠からは穏やかな道となる。
再度、林道を横断して1時間13分にて”三国岳”(855m)に着く。
林道を横切る。「林道ってあったっけ?」。記憶では林道に覚えがない。下山して来たジジーハイカーと話しするが、そのジジーも3年前には林道は無かったと言う。
昔と違うのは山頂直下まで林道が延びていること。林道にはタイヤ痕が無く、通行止めされているのか?。只でさえ味気ない山がますます味気なくなってしまった。
山頂は昔と同じく東面が開けているのみ。
林道施工の為か、昔より展望が良くなっている感じがする。
今日登った山が見えるのは嬉しいが、霞みが酷い。
休憩3分で下山する。林道で開けた個所より西面を見る。須留ヶ峰、段ヶ峰、藤無山の兵庫の有名山が見えているはずであるが、遠景であり、特徴の無い山ばかりなので同定する気にはなれず。
林道まで戻ると前方にとっくに下山しているはずのジジーの姿が見えた。追い付いて話しながら下山する。
倒木で殺伐とした沢道を下る。下から上まで何の面白みも無い登山道だった。
兵庫100山』  見所の無い山だった。     
みくにだけ