〔042〕親不知 (605m)

兵庫県丹波市

2009年12月27


兵庫100山に戻る

標高差:432m
Road Map :舞鶴若狭道を春日ICで下りて、R175を北上し大杉ダム湖に向かう。
Route Map:大杉ダム湖から東尾根を登り、西尾根に下る周回コースを取る。。
兵庫100山
天気予報を見ると午前中は福知山方面が良く、午後から和田山方面が良くなるとなっていたので、まずは親不知から登ることにする。
コースタイム:2時間05分
登り:1時間12分
下り:53分
年末は土日高速道路一律千円が無し
高速道路を使う程の距離でもないので一般道を走ってきたが、早朝に家を出たので2時間半で着いた。例え千円でも一人では高過ぎる。
親不知を終えて

面白い山名に惹かれたが、取立てて面白い所はなかった。登り下り共に歩き易い道はハイキングにぴったりの感じがする。大杉ダム周辺は桜の名勝らしく春にでも再度来たいものだ。
室尾山に移動する
”兵庫100山”最後の山として室尾山に向う。何かを達成するとの目標を立てないと体が動かない性格なので、詰らない山とは判っているがスタンプ用紙の無いスタンプラリーを終わらせる為に車を走らせる。
大杉ダムの入口に駐車場とトイレがあり、そこにも登山口が在るようだが、今回は簡便に登りたいので大杉ダム湖の一番奥にある、自然公園オートキャンプ場 からの登山口からスタートすることにした。
”大杉ダム自然公園オートキャンプ場”は冬季は閉鎖されているが、直ぐ隣りに広い駐車場がある。キャンプ場が閉鎖されているのでトイレは使えない。東屋の向こうが大杉ダム湖となる。7時25分、駐車場を出発する。
駐車場から林道を少し進むと登山口があった。
ネットで”マツタケ山”と知っていたので今日まで来るのを遅らせていた。登山口にはしっかりした表示があり助かる。
曇り空であり樹木が生茂っているので薄暗く雰囲気は悪い感じであるが、緩やかに登る登山道は広くて歩き易い。
カラッとした晴天の下で歩きたい道が続く。
17分にてダム湖入口から伸びる登山道と出合う。この先がネットで不評なビニールテープ張りまくりの道となるが、少しの区間であり、まったく気にはならなかった。
分岐出合の距離表示。この表示が0.5km置きにあった。
展望の利かない薮道を進んでいると45分にて前方に”展望岩”が見えてきた。後にも先にも岩峰があったのはここだけだった。
薄暗い中ではあるが、雰囲気の良い尾根道歩きが続く。結構なヤセ尾根もあるが御多分に漏れず樹木が茂りスリル感はまったく無しとなる。
”展望岩”からの景色。今朝の新聞で知ったのだが、今日は季節外れの黄砂が来ているらしく、遠景は肉眼でやっと見える程のミルクトーンとなっている。
眼下には”大杉ダム湖”とマイカーが見える絶景ではあるのだが、曇り空と黄砂でまったく絵にならない。
展望岩から少し歩くと”親不知山頂まで約1km”の表示があった。登山口から展望岩までは約1.5kmの距離となる。
この後、1時間04分にて”室集落”への分岐を通る。
1時間12分にて”親不知”(605m)に着く。
山頂には誰も居らず一人寂しく記念撮影をする。
先週、大峰山、中山にも暖かいコーヒーを持っていったのだが、慌しく登り下りを繰り返したので飲む暇がなかった。今回は独りぼっちの山頂で殆んど見えない景色を眺めながらコーヒーを嗜む。が、インスタントコーヒーは温かいだけで美味しいものではなかった。
山頂は広場になっており休息ベンチがあるが、南面の展望しかない。気温5℃で曇り空であるが風が無く寒くはない。
山頂からの景観。肉眼ではやっとこさ対面の山々が見えているのだが、酷い黄砂で写真では何も見えない。
黄砂は春先の風物詩なのに年末に来るとは異例では無いだろうか。12分休憩して下山に入る。
下山を始めて43分、左手のヒノキ林の向こうにダム湖がチラチラ見えてきたので、ダム湖下側まで下りてしまわずに途中から斜面を突っ切り湖岸道路に下りることにした。倒木が多かったが、下草が無く、問題なく下ることが出来た。
西尾根への分岐には何も表示が無く、細い丸木で通せんぼがしてあったが、この尾根しかないと思い入ってみる。
程良い斜面の歩き易い道が続き、間違っていないことを確信する。途中に少しだけ露出した岩道があったが、その他には見所無く淡々と下山する。
かなり車に近い湖岸道路に出ることが出来た。舗装路を4分歩き車に戻る。下山53分、コースタイム2時間05分にて”親不知”を終える。
車で移動途中に大杉ダム堰堤から見た”親不知”山頂。ここからだと下山時に通った尾根で殆んどが隠れてしまい、山頂が少し見えているだけ。登り時の東尾根も穏やかなのが良く判る。
おやしらず