〔038〕大天井岳 (884m)
2013年01月06日
雪彦山(正確には大天井岳)には1時間で登れるとの記憶があり、過去ログを見ると12年前に1時間で登っている。ならば現在の歳でも1時間で登れるのか?気持ち的には充分1時間を切れると思っているので試してみることにした。

兵庫県姫路市


標高差:494m
Road Map :姫路から県道67号線を北上し、夢前町坂根の登山口駐車場に向かう。
Route Map:表登山口から大天井岳を往復する。
登り:1時間05分、下り:51分
下りもチャレンジ失敗
この時間に転んでケガをしたくないので、程ほどのスピードで下ったが、50分を切ることが出来なかった。登りも下りもアタック失敗で終る。
雪彦山は兵庫で一番楽しい山
三角点のあるほんまもんの雪彦山は樹林帯の中で実に詰まらない山であるが、一般的に雪彦山と呼ばれている大天井岳はだらだらしている所が無く見所一杯で楽しいと思う。1時間登頂が立派とは思っていないが
若者なら45分、アスリートなら30分あれば登ってしまうだろうが、1時間を切るは自分への枷であり、普通に登っているより今日は楽しかったし、もう少し条件を整えて再チャレンジしてみたいとも思っている。
雪彦山
いつもの有料駐車場に車を停めるが数年前から集金のおばあちゃんが出てこなくなり無料化されている。有料駐車場の立て札だけは沢山残っており嫌な感じ。1時06分に駐車場を出発するが、時間のカウントを登山口からにしておけば良かったと後悔する。
駐車場から数分の登山口から登り始める。
今日はタイムアタックなので写真なんて撮らなくて良いのにいつもの癖で撮ってしまう。
雪彦山名物の激登りが始まる。
この辺りではまだ余裕で1時間を切れると思っていた。
19分にて”展望岩”に着く。この19分が早いのか遅いのか判らないが、まだ余裕があると思っていた。ここから見る雪彦山は最高なのだが、今日は陽が陰ってしまい、冴えない展望となってしまった。兎に角、先を急ぐ。
息切れが激しく、余裕がなくなってくる。
真新しい道標はサイズが大き過ぎて頂けない。
出雲岩”に着くが、眺めている暇がない。この辺りから時間的に余裕がなくなり、これ以後は写真を撮らずに登ることに専念する。
セリ岩”も間を通らずに迂回路を回る。(下山時撮影)
1時間05分で”大天井岳”(884m)に着く。1時間を切れずに残念であるが、これが今の体力の実力なのだろう。
誰も居ない山頂でむなしく景色を眺める。登りがダメだったので下りは50分切りにチャレンジしてみよう。
数時間前に明神山の山頂に立っていたが、景色を見ることなく下山している。
七種山は同定出来ていると思うが・・・
いつもは登り中の時間は中々進まない様な気がするが、今日は時計の進み方がやけに早く時間がどんどん経って行く。くさり場が出て来る頃には大腿筋が攣りだし、登るのには支障はないものの、ロスタイムにはなっている。山頂直下で1時間を過ぎてしまいタイムアタックは失敗となったが、今後の参考にする為に最後まで頑張り通す。悔しい!
おてんしょうだけ
関西百名山
兵庫100山』  軽い自虐的山登りをする。
関西百名山に戻る
 兵庫100山に戻る