兵庫県神河町

2012年09月16


兵庫100山に戻る

標高差:152m
Road Map :福崎からR312を北上し、神河から県道8号線に入る。
Route Map:峰山高原リラクシアの駐車場から管理道を往復する。
兵庫100山』 山頂からの展望は良いが電波搭群で味気ない山。
かみかわ観光ナビより
暁晴山は海抜1,077mで、雪彦山の北に拡がる峰山高原の西側に、東の夜鷹山と向かい合う位置にあります。登山GaideBook中四国・兵庫の山百選に、兵庫大河内町の山 峰山高原と紹介されています。一帯は雪彦山とともに「雪彦峰山県立自然公園」に指定されています。
コースタイム 登り:35分、下り:31分
リラクシアの森
周辺には遊歩道が整備されリラクシアの森と称している様だ。
最近、ノルウェイの森の映画撮影がここで行なわれたらしく、撮影地としての看板が建っていた。それを知ると余計に遊歩道には入りたくなくなってしまった。撮影地だけで何で観光地になるの?
峰山高原でお昼にする
峰山高原の標高は800m以上あり、涼しい駐車場でお昼にする。
笠杉山に移動する
本日の楽チン低山歩きの三つ目は笠杉山とする。その後は福知渓谷、砥峰高原にも行ってみたい。
〔036〕暁晴山(1,077m)
ぎょうせいさん
正面の建屋がホテル・リアクシア。ロビーを覗いて見るが立派過ぎて中まで入る気になれなかった。それとは逆に入口ではおじさんが地産の野菜を売っていた。
峰山高原に着くと立派な施設が出来ていた。2000年8月に来た時には閉鎖された”かんぽの宿”が殺伐としていたのを記憶しているが、2005年に
ホテル・リアクシア”として新築オープンしたらしい。
この駐車場はリアクシア利用者のみとなっていたが、そんなのは見なかったことにして車を停める。立派なトイレ(右の建屋)もあり。
管理道の入口にはゲートがあるが、自転車、バイクは右端から通れるし、車もピンを抜くだけでゲートを開けられる。キャンプ場を利用している人はこのゲートを開けて車で入って行った。
10時15分に駐車場を出発し、電波搭の管理道路に入る。
山頂までは2.2kmとなっており、意外と遠いんだ。
前方に見えるのが電波搭が林立する暁晴山。直線距離は僅かなのであるが、管理道は蛇行しながら伸びているので距離が長い。
綺麗に舗装された道路を淡々と歩く。
途中に人も通さないゲートがあり、”立入禁止”となっていた。当然、ゲートを越えて中に入るのだが、兵庫100山にしろ、宍粟50名山にしろ、どうしてこんな立入禁止の山をガイドブックに入れるのだろう。出版としては何かが間違っている感じがする。
山登りとしての雰囲気は無いが、公園を散策している様で楽チンなのは確かだ。
電波搭が林立する山頂に近付いてきた。
ゲートを越えてからも舗装された道が続く。
山頂の昔の標識と三角点。鳥瞰図は北西方面と南東方面の二つがあった。どんより天気であるが風が吹き抜けて気持ちが良い。
35分にて”暁晴山”(1,077m)に着く。宍粟50名山の新しい標識が建っていたが、宍粟に50もの名山があるのか問いたい。この暁晴山も宍粟の名山なのか?
山頂からは360°の展望であるが、どこを見ても何かしらの電波施設が目に入ってしまう。この方向は千ヶ峰、笠形山が見えているはずであるが、間違いの元なので同定はしていない。
先程の白岩山のススキ原と違い、こちらのススキは風情を感じられる。
峰山高原を見ながら下山する。
下山31分にて駐車場に戻る。