兵庫県波賀町

2016年05月05


兵庫100山に戻る

    標高差:356m
累積標高差:396m
Road Map :R29を北上し、波賀町谷から東山メイプルプラザを目指す。
Route Map:東山登山口からを山頂を往復する。
兵庫100山』  クリンソウの群生を見ることが出来た。
登り:50分
下り:36分

コースタイム:1時間33
(休憩時間含む)
東山
最近登ったのは4年前だったので、まだ記憶に新しい山であるが、途中で沢に出合うことはまったく忘れていた。山登りとしては山頂から展望を楽しむだけの山ではあるが、ハイキングとして見ると安全に楽しめる山だと思う。
クリンソウの群生
花の開花を狙って山に行くことはめったにないが、偶然出会えた開花に当然嬉しく思ってしまう。今日のクリンソウも偶然の出合いでいい感じだった。
白龍の瀧に行く
直ぐ近くなので、当然、滝見をしておく。
〔032〕東 山 (1,016m)
ひがしやま
4年振りに来てみた東山の東山登山口にはこれまで見たことがない”クリンソウ”が群生していた。
クリンソウはあちこちの山で見掛けることがあるが、東山のクリンソウは小さな沢に長い距離で咲き
誇っていた。今日、東山に来て満開のクリンソウを見ることが出来たのがラッキーだった。
まだ蕾も沢山付いているので、もうしばらくは花を楽しめそうだ。
小さな沢に沿って”クリンソウ”が群生していた。
下り36分で登山口に戻ることが出来た。山歩きとしては拍子抜けであるが、ハイキングとしては最高のコースだった。
歩き易い道なので小走りでも下ることが出来る。
沢出合に戻って来る。
雑木林帯から薄暗いスギの植林帯に入って行く。
尾根コースからは東山コースと変わらない時間で下山出来るが、登山口からの林道歩きが長いので、今日はピストンで下山する。
山頂付近は良い感じなのだが・・・
邪魔臭いので東方向は無視する。展望台で7分程、お茶休憩して下山に入る。
何回見ても覚えられない兵庫県の山々。
展望台には4方向の鳥瞰図があるので、同定をする程の展望ではないが、一応お決まりとして同定をしてみる。
50分で”東山”(1,016m)に着く。最高峰の展望台に上りお茶休憩をする。
山頂の展望台が見えて来た。5月5日なのに山頂付近には一人もハイカーが居ない。
公園の一郭を歩いている感じがする。
”山頂まで0.4km”の道標が出て来る。
東山の登山道は散策道として良く整備されているが、要所要所に雨水を抜く溝が設置されているのだ。これが無いと雨水が登山道に流れてU字溝状になってしまうのだ。東山の登山道にはU字状に掘られた個所はまったくなかった。
スギの植林帯を抜けると新緑の雑木林となり、雰囲気が俄然良くなる。
前方が明るくなり、やっとスギの植林帯から抜けれそうだ。
ここまでも急登個所はなかったが、更に穏やかな道になる。
”山頂まで0.8km”の道標が出てくる。後少しの距離だ。
再び濃いスギの植林帯に入って行く。
登山道と沢が出合うが、この後、直ぐに沢から離れる。
沢音を聞きながら長い階段道を消化して行く。
右の崖下には沢が流れており、大きな沢音を立てている。
”山頂まで1.5km”の表示が出て来る。
東山名物の自然木で整備された長い階段道が続く。
東山登山口には車3台程の駐車スペースしか無く、既に2台の車が停まっていたので林道の広い所の日影に車を停める。登山口に来て驚いたのが、小さな沢に”クリンソウ”が群生していたことである。色褪せて読み難くなっている道標には山頂まで2kmと書かれていた。
密生したスギの植林帯の中を緩やかに登って行く。
登山口のクリンソウ群生地