兵庫県朝来市

2011年03月05


兵庫100山に戻る

標高差:259m
Road Map :福崎からR312を北上し、伊由市場から県道526号線に入り、川上から青倉神社に向かう。
Route Map:青倉神社駐車場から山頂を往復する。
兵庫100山』山頂の北西面は昔より開けていた。
青倉山に登ったのも10年前、楽な雰囲気の良い道、展望の少ない山頂との印象しか残っていない。
行者岳とセットで再度登ってみる。

コースタイム:2時間04分(休憩、散策時間含む)
登り:57分、下り:54分
長い一般道歩き
登山口の標高(550m)が高いのは判っていたので、気温の上がる午後に回したが、それでも積雪の緩みが弱く、きつい登りで何度かスタックした。何度かはバックしてから勢いを付けて抜け切ったが、急斜面に掴まり、タイヤチェーンを付け様としたが、前の車のチェーンだったのでサイズが合わず。車を停めて一般道を歩き切ることにした。カーナビで距離を確認すると大したことはなかったのであるが、実際に歩いてみると登りで27分も掛かってしまった。
〔021〕青倉山 (811m)
青倉神社の広い駐車場には自車の姿は無し。ノーマルタイヤでは積雪路面を上り切れず、道路途中に停めて一般道を歩いて来た。
12時27分に参道入口から歩き始める。
10年前と同じ登山口標識を確認する。
積雪たっぷりの登山道には先行者の足跡があり、これをトレースすることで精神的に楽が出来る。
青倉神社には寄らず、参道途中から登山道に入る。
小さな沢の渡渉で道を見失うが、先行者の足跡を探し対面に取り付くことが出来た。ここからしばし急登が続く。
無積雪時には雰囲気の良い道と感じていたが、積雪時のトラバースは踏み抜きそうで歩き難い。気温が5℃と高くなり雪が緩みだし、よくスリップする様になってきた。
雑木林の雰囲気の良い道ではあるが、展望は無し。
一登りすると又、穏やかな道となる。
32分にて黒川からのコースの”分岐”に着く。
分岐からは最初のピーク目指してきつい登りが続く。
最初のピークに登り切ると鞍部へ下って行く。
前方に青倉山が見え出した。
雪は気温の上昇と共に緩んできた。今朝の行者山でのパウダースノーはすっかり豹変してしまった。
電波反射板が見えて来たので山頂は近い。(右端上)
鞍部に下りてからは穏やかに青倉山に登り返す。
57分にて”青倉山”(811m)に着く。
山頂は北西側が大きく伐採されており、以前より展望が広くなっている。遠景ではあるが氷ノ山方面の山々も見えている。
見えているとは言え、遠景であり同定する程のものではないが、判る範囲だけ同定しておく。
行者岳から見るより更に近くなった”粟鹿山”今日は積雪により男前になっている。
反射板の鉄格子から覗く様に撮ったものであり、実際はこの様には見えていない。
最初のピークから青倉山が望める場所を探すが、この程度しか見える所が無かった。電波反射板が頂けない。
下山時、最初のピークへの登り返し。
トラバース路では雪面が更に緩み、何度も滑りそうになり、ビビリながら下って行く。これだけ緩めばアイゼンを付けても利かないだろう。
分岐に戻り、対面の尾根の上が展望良さそうに見えたので行ってみるが、展望を得られる場所は無かった。くたびれ儲け。
5℃の気温を感じさせない暖かさで暑い位の陽気となった。
神社(?)を回り込んで下れば参道に出る。下山54分にて青倉山を終える。
あおくらやま