立雲峡

兵庫県朝来市

2017年03月04日


兵庫100山に戻る

Road Map :国道312号線を竹田で県道277号線に入り立雲峡へ向う。
Route Map:立雲峡の駐車場を基点に第一展望台までを往復する。
室尾山を目指してR312を走っていると竹田城跡辺りで濃い朝霧が発生していた。
今、立雲峡に行けば雲海に浮かぶ竹田城跡が見れるかもしれないと急遽、立雲峡に進路を変更した。
立雲峡
一大ブームになってからは立雲峡に興味が無くなっていたが、今日、偶然、雲海が見られそうなので登ってみた。この後の予定である朝来山まで連続して登れば良いのだが、以前、マイナールートの急登に苦しんだ記憶が残っているので、朝来山は別コースから登ることにする。
愛知からの3人組をピックアップする
林道を若い3人組が歩ていたので聞いてみるとR312付近の駐車場に車を停めて1時間掛けて立雲峡の駐車場まで歩いて上ったらしい。
どうも駐車場の通行止めの看板に騙されたらしい。気の毒なので駐車場まで乗せて行った。
今日の山歩き
立雲峡 ⇒ 朝来山室尾山
兵庫100山』   史跡、竹田城跡展望の地。
散策時間:41分
登り:23分(第一展望台まで)
下り:18分
りつうんきょう
駐車場に戻ると殆どの観光客は帰ってしまっていた。
皆さん、雲海を見られる時間帯を良く知っているんだ。
広角重視のバカチョンカメラではこれが限界だ。デジタルズームをすると画質が悪くなるので、光学ズームだけで済ませている。
雲海の竹田城跡を見るのには間にあった。この後、雲海は消えて行った。
竹田城跡までは距離が遠く良い写真を撮るには望遠レンズが必要である。
第三、第二の展望台までは観光客も簡単に行けるのであるが、第一展望台への遊歩道は普段山歩きしない人には辛い様だ。息を切らせながら登って行く観光客を見るのも面白いものだ。
23分にて”第一展望台”に着く。多くの人が下りてしまい誰も居なくなってしまった。
遊歩道脇に”竜神の滝”があったが、水量少なく完全に名前負けしている滝だった。
横から見た”竜神の滝”も見る程のものではなかった。
第三展望台には直ぐに着き、第二、第一と巡って行く。
愛宕神社の鳥居があったが愛宕神社には行かなかった。
立雲峡駐車場までの林道は大規模道路工事をしており、通行は出来たが車はドロドロになってしまった。竹田城跡展望ブームにあやかってか、協力金300円の募金箱が設置してあった。まだ8時前なのに雲海目当ての観光客が沢山来ていた。
7時43分に長靴を履いて歩き始める。遊歩道入口にはヤマビル注意の看板があり、'12年06月に来た時にはヒルに張り付かれたことがある。