〔019〕朝来山 (757m)

兵庫県朝来市

2007年06月02


兵庫100山に戻る

Road Map :国道312号線を竹田で県道277号線に入り立雲峡へ向う。
Route Map:予備知識がまったく無く、どこから登って良いのか判らず適当に登る。
最近はついでに登ることが多いが、今回も須留ヶ峰の帰りに楽そうな朝来山に登ってみる。山に対する期待はまったく無い。
下山
整備された道は下山には楽だった。39分で下山を終えてトータル1時間27分で朝来山を終える。
標高差:347m
兵庫100山』 竹田城の雲海がブレークする前の山歩き。
登山口には”むささびコース”と書かれている。この山には色々なコースがある様だ。2時17分に登り始める。
林道を走っていると右の朝来山登山道の標識を見付け、道路の空きスペースに車を停める。付近に駐車場は無い。
要所ゞにNo,が打ってありこじ付けの名前が付けられている。子供がスタンプラリーとかに使っている様だ。
むささびコースは遊歩道的に綺麗に整備されており、雑木林の中、歩き易い道が続く。
展望台から和田山方面を見る。最近は見通しの良い日に当ったことがない。
29分で北面が開けた展望台に出る。これは下の展望台でこの上にも展望台があるらしい。
33分にて上の展望台に着く。逆円錐形のものには360°の鳥瞰図が書かれている。
直ぐ東隣の粟鹿山、この山は山頂のアンテナ群で直ぐ判る。
パノラマにしてもぱっとしない景観であるが、北面方向を見てみる。道路から見る竹田城跡は高く見えるが、ここから見ると随分低いところにある。
ここもここを山頂にしたい嫌いがある、と言うことは山頂からは展望が無いのだろう。
展望台のモミの木と松の木。洋風と和風の感じ。
左写真の拡大。木の上から見下ろしいたのでしばし、睨めっこをする。下山時にも姿は見えなかったが走り去る音を2回聞いた。
最初、地面に居たのだが慌てて木の上に逃げてしまった
アナグマ”君。隣りの粟鹿山ではタイワンリスを見たことがある。朝来山にはアナグマが結構居るらしい。
48分にて朝来山に着く。標識には大きく”山頂”と書かれており判りやすいがバカみたい。山頂からの展望はまったく無く、展望台の意味付けが良く判る。
花木である”ウグイスカグラ”は展望台からの尾根道に沢山咲いていた。
展望台〜山頂
この区間だけが山歩きをしている感じにさせてくれた。雑木林で展望はほとんど利かないが、アナグマが居たり、花木があったりで楽しませてくれた。
あさごやま