〔017〕御祓山 (773m)

2013年09月22日



兵庫の山に戻る
兵庫県大屋町

我が記録によれば2005年の4月、ツツジの咲く頃に登っており、今回は8年振りとなる。ツツジの咲く季節では広い駐車場が満車だったのを覚えているが、ハイキングシーズンであり三連休の今日は一台の車も来ていなかった。ハイカーは花シーズンに敏感で正直なものだ。

体力不足か体調不良か
今シーズンはもっともっときついロングコースも歩いているが、今日ほどしんどい目にあった山はなかった。どこの山もしんどいのであるが、途中で休憩が必要な程、しんどい山は無かった。俺としては体力不足より体調不良として片付けたが、これが体力不足なら、えらいこっちゃ!となってしまう。
兵庫100山』  ツツジとサクラで有名な山、この季節に登るハイカーは少ない。
コースタイム:3時間21分(休憩時間13分含む)
登り:1時間50分
下り:1時間18分
Road Map :養父ICを下りて、県道9号線を西進して糸原から荒れた林道に入る。
Route Map:登山者用の広い駐車場から山頂を往復する。南コースは現在通行止中。
登山口には簡易トイレが3台並んでおり、花時の盛況振りが伺える。近くのスキー場からの拾得物なのか、ドラムカンにストックが一杯置いてあった。11時20分に歩き始める。
県道9号線を糸原集落に入ると”みずめ桜”の立て看板があり、細い林道に入ると100m程でハイカー用の広い駐車場に出る。3連休の日曜日なのに1台の車も来ていない。ここは花のシーズンでないとハイカーが少ないのか。ど真ん中に車を停める。
綺麗とは言えないが小さな沢沿いに林道を進んで行く。
前回、来た時は工事用のトラックが走っていた林道であるが、林道であるが、8年経った今は工事の面影はまったく無くなっていた。何の工事をしていたんだろう?
”南コース分岐”に着くが、南コースは通行禁止となっていた。前回と同じく、下りに通ってみるか。
手入れのされていないスギの植林帯の中を緩やかに登って行く。周辺の草木はシダであり嫌味はない。
東屋からは斜面が一変して急な登りとなる。
ここまで緩やかに登り、10分程で”東屋”に着く。
みずめ桜まで800mの表示あり。
ジグを切って登って行く登山道は楽チンであるが、距離が長い。
少し登った所にミツバツツジ群生地の説明版があったが、前回、花時に登っているが、大したツツジの群生地でなかった事を記憶している。
樹木で展望が利かない道ではあるが、時折、南面に”須留ヶ峰”(1,054m)が望める場所がある。
落ち込みを覗いて見る。下までザレているので、滑り落ちるとズタズタになりそうな斜面。
登山道は終始、ザレており滑り易い。ここの右側は急峻な落ち込みになっていた。
北面の展望であるが、知っている山はなさそう。
この辺りまで来ると大きくジグを切って登って行く様になる。
雑木林が続いていたが、再びスギの樹林帯に入る。雰囲気が明るめなので嫌味はない。
何箇所かに尾根道への分岐があったが、今日は体調悪く、常に楽そうなトラバース路を選ぶ。
1時間07分にて”みずめ桜”に着く。逆光の中、何とか1枚の写真に収めようとするが、中々、綺麗な写真は撮れなかった。花も咲いていない桜の木を撮ってしょうがないのであるが・・・
これ位なら”へのカッパ”の登りであるが、今日は体が動かず、休憩しながらの登りとなる。何か体調が変。
”みずめ桜”を巻く様に登り、南コースとの分岐に出て、分岐からは直登尾根道となる。
登りが緩くなホッとする。この辺りはツツジで一杯であるが、花の咲いていないこの季節では何の意味もない。
登山道としては一番楽しい箇所であるが、今日は体調悪く苦しい登りを強いられる。今シーズン一番苦しい登りになっているかも?
この程度の斜面で時々休憩している自分が情けない。
展望が利かず尾根らしさはないが、雰囲気は中々良い感じだ。
1時間50分にて”御祓山”(773m)に着く。前回は1時間30分で登っているので、今日は体調が悪い分20分も遅い時間で着いている。1ヶ月も山歩きをさぼったせい?
駐車場に車が停まっていなかったので予想は出来たが、山頂にはハイカーが一人も居ない。久し振りに山頂でお昼休憩とする。
山頂は360°展望は無し、休息ベンチも無し。
山頂が見えて来た。少しは元気が戻る。
下りに入り体力的な負荷が下がると、体調も良くなってきた。
展望の利かない山頂で13分間のお昼休憩をして下山する。
一枚斜面なので下りは快適だ。
この辺りは落葉すれば少しは展望が得られそう。分岐では南コースでの下山も考えたが、何で通行止めとなっているのが判らないので、今日の体調から北コースで下山することにした。
登り時は苦しかったロープ場付近を通過する。
スギの樹林帯に入って行く。この辺りから沢沿いとなるが、まだ沢水は流れていない。もう少し下ると沢音が聞こえる様になる。
”みずめ桜”に戻る。
登り時より少しは天気が良くなり、左、大杉山(1,048m)と右、須留ヶ峰(1,054m)眺める。
東屋に向けてジグザグ道を下って行く。
尾根筋に入ると風が吹き抜け、涼しくて秋を感じられた。
東屋からはフラットな楽チン道を下るのみ。
下山、1時間08分にて”東屋”に戻る。
下山、1時間18分にて駐車場に戻る。登り時は休み休みで時間を要したが、快適に下ったつもりの下りも前回より18分も時間が掛かっている。
小さい沢からの沢音を聞きながらの下りとなり、沢音があるだけで雰囲気は良くなってくれる。
    標高差:576m
累積標高差:807m
みはらいさん