〔014〕氷ノ山 (1,510m)

2回目
兵庫県関宮町

2000年11月04日


10月28日のリベンジとして再度、氷ノ山に挑む、メンバーは一人欠員。
10時15分登山開始,国際スキー場から登り始める。
登山道は急な登りが続き,タフガイN氏は休憩をしないのでドンドン登って行くので頑張って付いて行く。
10時38分,23分歩いて東尾根避難小屋に到着。写真を撮るだけで休憩は無し,11時25分,スタートから1時間13分で神大ヒュッテに到着,8分の休憩を取る。
尾根道に入ってからはなだらかな楽な道になる。
11時53分,スタートから1時間38分で氷ノ山に到着。時間的に昼でもあり、季節がらからも沢山の登山者が集まっている。今日は終始,抜けるような青空で先週とはえらい違いである。
23分の休憩後,下山道に入る。道はぬたぬたで滑って歩き難い。先々日の大雨の影響でかなりのぬかるみになっている。
ある程度降りてしまうと,今度は落ち葉が道一杯に落ちていて,小石の状態が見えず,よく転びそうになる。
紅葉は結構進んでいて景色がよく,沢が平行して流れているので水音も雰囲気が良い,もっとゆっくりと歩けばよいと思うのだが,相変わらず競争の様に降りてしまう,足を滑らし転んで手をついた石が鋭利な刃物の様になっていて手の平を切ってしまった,布滝を見に行く,水量が多く見ごたえがある,
反対側の登り口である親水公園に2時10分に到着。ここから舗装道を30分程歩き駐車場に戻る。
全工程5時間、疲れた。

氷ノ山国際スキー場のリフト上部にある登山口から登ることにする。

23分で東尾根避難小屋に着く。ここまでは急登の連続だった。
登山口から東尾根までが急登で東尾根に出てしまうと穏やかな稜線歩きとなる。

東尾根は紅葉を愛でながら、穏やかな道を進む。

1時間13分にて”神大フュッテ”に着く。フュッテ前は分岐点にもなっており、多くのハイカーが休憩していた。

1時間38分にて”氷ノ山”(1,510m)に到着。天気と人出は比例する感じでハイカーが多い。

氷ノ山山頂より見た北西方面。正面に扇ノ山、左に鉢伏山が見える。

氷ノ山越え側へ降りる道はヌタヌタのグチャグチャ、歩くのに一苦労する。

氷ノ山越えの避難小屋。若桜への分岐点となっている。

前回はここまで来て雨足が強くなったので引き返した不動堂。

最近の雨で水量が多い”布滝

親水公園へ下山後は一般道を歩き、5時間で出発点のスキー場に戻る。


Route Map:東尾根〜神大小屋〜山頂〜氷ノ山越〜布滝〜親水公園〜林道歩き。
日本二百名山
関西百名山
兵庫100山
ひょうのせん
日本二百名山に戻る
関西百名山に戻る

兵庫100山に戻る