〔292〕三本杭 (1,226m)  

2009年04月19日


日本三百名山に戻る

愛媛県宇和島市
日本三百名山』  360°の展望が利く山頂であったが、平凡な景観であった。
日本の滝百選』  雪輪の滝を沢登りで山頂に向うが予想より困難であった。
標高差:860m
トータル:5時間41分 (休息時間含む)
登り:3時間17分
駐車場 雪輪の滝 大ーノ滝 三本杭
10:19 10:45 11:57 13:36
移動
篠山登頂後は大急ぎで三本杭の登山口である滑床渓谷に移動する。
Road Map :松山自動車道を西予宇和ICで降りて、宇和島市街を経由して県道4号線、県道382号線を走る。
Route Map:滑滝渓谷から歩き始め雪輪ノ滝で入渓し沢登りする。下山は熊ノコルをから奥千畳へ周る。
三本杭 分 岐 熊のコル 奥千畳 千 畳 雪輪の滝 駐車場
13:50 13:07 −−− 14:45 15:20 15:35 16:00
下り:2時間10分
今回の遠征
04/18 04/19 ⇒ 04/19
石鎚山 篠 山 三本杭
沢登りはハードだった
ネットでの下調べではみんな簡単に登っている様に思えたが、標高差680mの沢登りは半端ではなかった。沢靴でも滑り易く、滑落すると相当なダイコン下ろしになりそうなので神経を使った。
今日の温泉

R381、JRまつまる駅に隣接した”ぽっぽ温泉”に入る。入浴料は通常500円であるがサウナが故障しているとかで400円だった。どうせサウナには入らないのでラッキーだった。温泉としてはかなり立派な施設で露天風呂にもゆっくりと入れた。
登山口にあった地図。これを見ると多くの登山道がある様だが雪輪ノ滝からの沢登り道は記載されていない。
滑床の広い駐車場、綺麗なトイレもある。昨夜はここで車中泊したが、
今朝の寒さ(8℃)で沢歩きは辛いので篠山を先に登ることにした。
10時19分、駐車場を出発する。
渓谷沿いの道は滝が多く、退屈せずに歩いて行ける。
滑床渓谷には目黒川の両側に散策道があるが、左側(右岸)の道の方が見所が多いと書いてあった。
後ろに見えているのが ”鳥居岩”大きな岩が半分に割れているだけ。
巾が広く結構豪快な滝であったが撮影スポットが無かった。
ここまでは大小の滝の連続であったが”出合滑”と呼ばれている広い滑滝に出た。
釣りや沢遊びをする人が多かった。
綺麗な沢水に魅了される。
26分にて ”雪輪の滝”(落差80m)に着く。
これは対岸の滝見台から見た全容で日本の滝百選に選定されているだけのことはある。
”雪輪の滝”下で登山靴から沢靴に履き替える。相棒は学生時代に山岳部に入っていたが、沢登りはしたことがないらしい。今日の為に沢靴を買って貰った。水温は12℃と真夏の額平川(幌尻岳)の9℃より随分高いので冷たさは問題無しだった。
沢靴を履いても登り始めから滑って前に進まない。岸寄りの雑木を掴んでの登りとなる。こんなに困難とは思わなかった。
これを滑落すると相当な”ダイコン下ろし”の刑になりそうだ。
”雪輪の滝”を登り終えてもずーーっと滑滝が続いている。
この辺りで気付いたのは乾いた岩肌より苔むした所の方が滑り難いこと。
当然、ハイカーは他に誰も居ない静かな沢登りである。
緩やかな滑滝であるがホイホイ歩くことは出来ない。
場所を選び慎重に登っていく。
これ位の斜度になると自力では登れず、立木を掴みながらとなる。
今まで数回、沢登りを経験しているが、こんなにロングコースの本格的な沢登りは初めてだ。
滑滝が緩やかになるとほっとする。こんな所で歩きながら休息を取る。
沢登りを始めて45分にて”ゴーロ帯”に入る。
大きな岩がごろごろしていて登り下りを繰り返し進む。
滑滝の斜度がここまできつくなると立木頼りに登るしか手がない。
斜度のきつい滑滝を過ぎると垂直の壁 ”大ーノ滝”にぶち当たる。
ここは右手から高巻きするが、踏み跡がはっきりと付いていた。
”大ーノ滝”の高巻きはハードな登りとなる。
ぶら下げているビニール袋には登山靴が入っている。
高巻き道にはフィックスロープが張ってあり、沢歩きをしなくても登山道でここまで登れる様だ。 (下山時にその登山口を見付けた)
立ち木で殆ど見えないが登り途中から”大ーノ滝”を横から見る。
”大ーノ滝”の上に出てしまえば後は穏やかな滑滝の
連続となり楽に歩ける様になる。
滑滝は穏やか過ぎて面白くなくなったのと、俺の沢靴のフェルトが剥がれ
掛けてきたので登山靴に履き替える。
沢を離れて雑木林の中を山頂と思われる方向に登り始める。
登山道も踏み跡も無いが、登って行けば山頂に出るはずとの思いから
足を進めるが当然、斜度がどんどんきつくなり息が切れる。
やっと稜線に出ることが出来た。
こんなに苦労するのであれば沢を登り詰めていた方が楽だったと思う。
何故か草木のまったく生えていない ”三本杭”の山頂風景。
3時間17分にて ”三本杭”(1,226m)に着く。360°の展望が得られるが特徴の無い山ばかりで面白みが何も無い。既に1時36分、ここで遅いお昼とし、15分休憩して直ぐに下山する。
檜尾根への分岐まで下り、”三本杭”を振り返り見るが、何の特徴も無い平凡な山だ。三本杭は沢歩きを楽しむ山の様に思う。
”熊のコル”までは雰囲気の良い尾根道が続く。
八面山への分岐となる ”熊のコル”に着く。
ここからは”二ノ俣”目指して下って行く。
”二ノ俣”への道は雑木林で雰囲気良く気持ち良く歩ける。
二ノ俣より少し離れて通っている道をどんどん下って行くと
55分で”奥千畳”のやたら広い滑床に出た。
”奥千畳”だけでなく二ノ俣の殆どがこんな滑床で出来ていた。
枝沢も滑滝となっている。どこを見ても滑床、滑滝なので少々飽きてきた。
滑床渓谷に出てからは沢沿いの穏やかな道が続く。
1時間30分にて名勝 ”千畳敷”に着く。
ハイキングで来るには最高の所と思う。夏でも涼しそうな感じがする。
沢沿いの道を”雪輪の滝”まで戻り、2時間10分を要して登山口、駐車場に帰る。
〔079〕雪輪の滝 (長さ300m)
日本の滝百選に戻る
さんぼんくい
この枝沢も水量が少なかったが ”雪輪の滝”相当の迫力があった。
枝沢からは水量が無いので滝とは呼べないのかも知れないが、
水量があれば立派な滝になりそうだ。
格調高い作りの ”ぽっぽ温泉”