〔290〕伊予富士 (1,756m)

2007年04月30日


日本三百名山に戻る

高知県本川村
笹ヶ峰から連登
笹ヶ峰に登った後は桑瀬峠に引き返し、伊予富士に連登することにした。桑瀬峠からのコースタイム1時間10分、時間だけ見ると問題ないのだが、笹ヶ峰を往復した疲れでちょっと厳しい修行になりそうな感じがする。
Road Map :笹ヶ峰と同じ。
Route Map:笹ヶ峰からの続登で桑瀬峠からのピストンとする。伊予富士だけなら3時間程で往復出来る。
日本三百名山』  山容を見る方向に寄ってはとても富士山には見えないが展望良好の山です。
標高差:636m(登山口から)
下山
山頂で7分程、景観を楽しみ下山する。下山途中で御夫婦ハイカーと会い”ゆっくり登山で良いですね”と挨拶する。こちとらは次の瓶ヶ森が待っているので忙しい。登山口への下山は1時間13分で終え、トータル7時間35分の歩きで笹ヶ峰、伊予富士を終える。
トータル:2時間28分(笹ヶ峰を含めた全工程:7時間35分)
伊予富士 桑瀬峠 登山口
12:22 13:11 13:35
下り時間:1時間13分
登り時間:1時間08分
桑瀬峠 伊予富士
11:07 12:15
04/28 04/28 04/29 04/30 04/30 04/30
三 嶺 剣 山 東赤石山 笹ヶ峰 伊予富士 瓶ヶ森
今回の遠征
名古屋からのハイカーと再会の挨拶をする。
この後、瓶ヶ森に行くらしい。出発時間の2時
間の差がそのまま二人のすれ違いになっている。
尾根道を歩き始めると、先ほどまで話ししていた御夫婦とどこかで会うだろうと楽しみにしていたら、早々と名古屋からのハイカーが下山して来た。お歳は何歳か判らないが元気な親父だ。尾根道は小さなピークを乗り越えていく。
笹ヶ峰登頂後は桑瀬峠に戻り、一服してから伊予富士に向かう。
登り詰めて振り返ると笹ヶ峰までの雄大な景観が広がる。自分的には名を知らない岩峰ピークが一番格好良い山に見える。誰かこのピーク名を教えて。
前方を見ると伊予富士が聳えている。何を指して富士の名を付けたのか?どう見ても鷲羽岳ならぬ”鷲羽山”ではないか。大山の様に見る方向を変えれば富士に見えるのか。
伊予富士への登り途中から尾根道を振返り見る。終始、展望が良い。
尾根道には数本の林道からの登山道が現認出来きた、どれも笹が生茂り薮扱きは必須でショートカットに行かなくて良かったと安堵する。
桑瀬峠から1時間08分にて”伊予富士”(1,756m)に着く。
登山口からなら1時間50分程の時間になる。林道から直接登る登山道があるようで、山頂には多くのハイカーが休息していた。
山頂から東黒森、西黒森、瓶ヶ森への縦走尾根を見る。遠く石鎚山まで縦走路は続いている様だ。笹ヶ峰で会った青年はこの縦走路を歩いており、この後、瓶ヶ森で再会した。
山頂にあったコース表示。
山頂より笹ヶ峰方向を見る。
いよふじ