〔287〕那岐山 (1,255m)
2002年11月29日
天気が良さそうなので会社を休んで、岡山県の山に行く。
登山口近くには蛇淵の滝があるが、わざわざ見に行く程の滝ではなかった。
登山口から直ぐの分岐点からはBコース(大神岩コース)を選ぶ。そうきつくない登山道を約1時間で大神岩に着く。ここからは眼下に日本平高原、津山の町並みが見える。山頂も姿を現したが、まだ遥遠くに見える。
大神岩からは広く歩き易い登山道が続き、時間が掛かるだけで疲れはしない。三角点のある地図上の那岐山に出ると左に滝山、右に最高点のピークが望める。綺麗なトイレも設置してある。
三角点ある那岐山より隣のピークの方が標高が高く、今は最高地点を那岐山としている様だ。
避難小屋の中を覗くと、結構綺麗で、テレビも置いてあったが映るかどうかは確認していない。

1時間50分で最高地点山頂に着く、誰も居らず、天気、展望は最高であるが先週の明神山同様、空気が霞んでいる。下りの尾根道は雪が解けてから凍っており滑り易い。
県道51号線より見た ”那岐山” ちょっと手強そうに見えた。
登山口駐車場近くにあった ”蛇淵の滝”
見に行く程の滝ではなかった。
登山口にあった簡易地図。Cコースから登りBコースを下りることにする。
クリックで拡大します。
約1時間で ”大神岩”に着く。
ここからの展望は最高であり、那岐山の山頂も見え出す。
大神岩から見た ”那岐山” まだまだ遠い。
”那岐山”の三角点がある尾根筋が見えて来た。
旧那岐山より見た尾根道と最高地点。 今は最高地点を ”那岐山”の山頂としている様だ。
1時間50分にて ”那岐山”(1,255m)に着く。
平日なので誰も居ない寂しい山頂であった。 山頂からは360°の
大展望が得られ天気も最高なのだが、霞みが酷く絶景とは言えなかった。
下山はBコースからとする。
尾根道は解けた雪が氷になっていて滑りまくった。
日本三百名山に戻る



日本三百名山
岡山100山
』  まだ11月末なのに数日前に雪が降った様だ。
標高差:700m
岡山県勝田郡奈義町
地図上の ”那岐山”には展望所があり ”滝山”までへの縦走路がはっきりと見えていた。
コンクリートで出来た頑丈そうな避難小屋。
中は綺麗でテレビも置いてあったが、電源は?
”那岐山”の山頂から避難小屋、三角点のある展望所 ”滝山”の縦走尾根を見る。
雑記
那岐山には爪ヶ城、滝山と面白そうな山が連なっているが、
神戸方面からの交通アクセスが悪く、中々足が向かない。
次回は花シーズンの春先にでも訪れてみたい。
なぎさん
Road Map :県道51号線を北上し奈義町から登山口に向う。
Route Map:Cコースで登り、Bコースで下山する。
簡易休憩ベンチの横の道標には
”←登山口2.0km/那岐山1.1km”と書かれていた。
落葉した樹林帯の中、快適な登山道が続く。
地図上の ”那岐山”(1,240m)は三角点もあるこの地点であるが、
本当の山頂は更に尾根筋を進んだ0.4km先の最高点の様だ。