〔286〕扇ノ山 (1,310m)
2001年10月13日
中学時代の恩師を誘って紅葉の氷ノ山を楽チンコースから登る予定であったが、恩師の都合が付かず、それならと登ったことのない扇ノ山に方向転換をする。
いつものメンバーに小学時代からの友を加え、車を走らせながら、どこから登るか揉めている内に雨が降ってきた。
扇ノ山には3箇所から登るコースがある様であるが、今回は沢道がある姫路コースから登ることにする。
雨は登山口に着く頃には上がったが、山頂からの展望は望めそうにない。
登り始めの沢道は何度も橋と沢の渡りを繰り返すが、4箇所の橋は全て斜めに傾いており、先程までの雨で濡れている為、滑って沢に落ちそうでみんなビビリながら橋を渡ることとなる。
沢を離れてからは急登の連続となり、雨に濡れた粘土質の路面は下りが恐そうである。
展望台も雨雲で展望は得られないが、天気が良ければ日本海、鳥取市街、遠く大山まで見れる様だ。
下りは案の定、ツルベッタン大会になり、全神経が路面に注がれ紅葉を見ている余裕はなかった。

 

国道29号線から姫路の登山口まで舗装路があるのは意外だった。
駐車場には6、7台の車を止めることが出来る。
駐車場から少し歩いた登山口、雨は上がってくれたが、路面は濡れていそう。
自然歩道と聞くと誰でも気軽に歩ける道と想像してしまうが、登ってみると・・・
登山口より山頂までは1.8kmの道程、距離は一般的で大したことはないと思ったが・・・
この傾いた滑り易い橋が4ヶ所有り。誰が沢に落ちるか期待されたが、残念ながらスリップはしても落ちる者は居なかった。
沢を離れると急登の連続となる。今回、初参加のM氏はテニスで鍛えた体力でグングン引っ張っていく。(中国人に見えるが日本人です)
1時間にて ”扇ノ山”(1,310m)に到着する。山頂には3組程のパーティが来ていた。山頂からは景観が利かないが、雨雲でどっちみち見えない
状態だった。
山頂避難小屋は土足厳禁の住居に出来そうな立派な小屋である。ガラス張りの窓は積雪期も大丈夫なのか心配になる。
右側でタバコを吸っているのは安物の紳士。
天気が良ければ展望の良さそうな展望台、M氏だけ愛妻弁当持参でしきりにおかずの試食を勧める。
下山後寄った風の広場展望台から見た扇ノ山(1,310m)山頂、厚い雨雲で覆われている。
今日の温泉
帰りりは山登りより温泉が目的のN氏のリクエストに答え、29号線沿いの若桜”ふれあいの湯”(400円)に体を浸す、町民はたった200円なのが引っかかる。
日本三百名山に戻る
 関西百名山に戻る
 兵庫100山に戻る



鳥取県郡家町
日本三百名山
関西百名山
兵庫100山』  比較的楽に登れる日本三百名山。
標高差:420m
おうぎのせん