〔286〕扇ノ山 (1,310m)
2013年06月29日



鳥取県郡家町
    標高差:241m
累積標高差:383m
コースタイム:2時間24分(休息時間含む)
登り:1時間12分
下り:1時間07分
Road Map :R9の兵庫と鳥取の県境付近から県道262号線を南下して上山高原を目指す。
Route Map:河合谷登山口から山頂を往復する。
ウィキペディアより
南北に連なるなだらかな尾根筋と裾野に広がる広大な高原からなり、遠くから見ると扇のように見えることからこの名がある。冬から春にかけ、鳥取市からみるこの山の雪景色が扇を広げたように見えることからこの名前がついたと言われる説もある。兵庫県側の北麓には畑ヶ平高原、霧ヶ滝渓谷、赤滝渓谷、上山高原と高原・渓谷が連なる。鳥取県側には河合谷高原、広留野高原があり、山腹から発した袋川には雨滝、布引滝、筥滝などの滝がかかっている。
鳥取側の登山口には駐車場が無く、登山口から10m程離れた林道入口に車を停める。人気の無いコースなのか他に車は来ていない。
登山口からの道を見て一瞬ビビッた。何!この道の細さは、薮道ではないのか?
登山口の狭い階段を上ると心配した薮道ではなく、散策道的な整備された広い道だった。
登山口の標識には山頂までの距離もしっかり書かれており、道間違いだけはなさそうだ。7時32分に歩き始める。
雑木で展望はまったく利かないが、広いフラットな道が続く。
この標識で初めて”河合谷登山口”から登ったことを知る。
道はフラットなままであるが、ブナの美林となって来た。巨木はないがブナの数は圧倒的。
ブナの林は明るくて下草も少なく雰囲気は良いが、氷ノ山の様な巨木がないのが寂しい。
29分にて”大石コース分岐”に着く。車を停めた所の林道奥に登山口があるらしいが、車で行けるのかは不明。
一体、”小ズッコ”(1,159m)ってどこにあったのか?既に通り過ぎている様だが、ピークも無く、標識も無かった。
更にブナの美林は続くが、いつまでも道はフラットで、山歩きに来た気がしない。
登り切ると下り斜面になる。後から考えると登り切った所が
大ズッコ”(1,273m)かも知れない。標識が無いので全然判らなかった。
やっと登りが出てきたが、大した登りではない。
山頂への登りが始まるが、大した登りではない。やっと登山らしくなってきた。
56分にて鞍部に下りる。霧ヶ滝からの道がここに通じている
様だが、確認を忘れていた。ここから山頂に向けて登って行く。
1時間07分にて見覚えるのある展望台に着く。展望はと言えば自分で好きな景色を書けとばかりに真っ白なキャンバスが広がる。
1時間05分にて畑ヶ平からの分岐に着くが、ここは2.3kmの距離で楽チンに登れそうだ。
1時間12分にて”扇ノ山”(1,310m)に着く。山頂には誰も来ていない。人気の無い山なのか、俺も好きではないが・・・前回登った姫路コースが一番距離が短いのか、前回は確か1時間で登っている
山頂への門を潜る。こんなのあったけ?
扇ノ山のシンボル、”山頂避難小屋”1時間で登れる山で避難小屋を利用するのは宴会目当てのハイカーだけだろう。
少しは展望があるはずの山頂広場でありが、今日はガスで何も見えない。前回も確かガスで何も見えていなかった気がする。
雪山では活躍するのか判らない避難小屋であるが、鳥取では2階の窓まで積雪は無いのか。そう言えば1階の小部屋には大きな窓は無かった。
避難小屋の中は小奇麗の掃除されており、窓も展望所的に配置されている。
昨日の雨で登山道は滑り易くなっているが、殆んど問題無しだった。
山頂で5分程、ウロウロして下山する。楽に登れたので下山も楽チンに下れる。
ブナ林を裏側から見るが、同じやね。
ブナ林が綺麗くて、沢がまったく無いのは自分好みでないなー。
一番狭い道の登山口に帰ってくる。
下山時に3組のハイカーとすれ違ったが、登山口周辺には車は見当たらなかった。みんな何処に車を停めているのか。
下山1時間07分にて扇ノ山を終える。
兵庫100山二順目
扇ノ山には再び登りたいと思ったことがないが、鳥取の山なのに兵庫100山に選定されてしまい、兵庫100山二順目を決めた以上、登ろざるを得なくなってしまった。気持ちは日本三百名山として登っているのだが、何か三百名山の名に相応しくはない。その他の兵庫の山もそんな感じで二順目に向う。
06/29 06/29 06/29 06/29 06/29
扇ノ山 雨滝 久斗山 三成山 観音山
今日の山歩き
時間切れ中止
おうぎのせん
日本三百名山
関西百名山
兵庫100山』  ブナ林が美しく、楽チンコースではあるが、インパクトが何も無い。
日本三百名山に戻る
 関西百名山に戻る
 兵庫100山に戻る