〔281〕蓬莱山 (1,174m)

2006年04月18日


国道161号線から見た蓬莱山系。所々に残雪が見えるが大したことはなさそうだ。

登山口への林道
JR蓬莱駅から山側に向かって走れば林道に入って行くが、途中は三叉路、枝道が多く道間違いに注意を要する。要所ゞには蓬莱山登山口の標識があるので見落とさない様に車を走らせること。
林道は舗装されているが、かなり崩壊しており勾配のきつい凸凹道が続く。

薬師滝”は落差5m程の小さな滝であり、
標識が無ければ通り過ぎてしまいそうな規模で
ある。
日本三百名山に戻る
関西百名山に戻る

滋賀県大津市
天気を狙って会社を休む
ここんとこ週末に天気が悪い日が続いており、今週末も天気が悪そうなので晴天を狙って休暇を取って山へ行く。天気は快晴のはずであるが、黄砂の為に薄曇状態で残念至極。

JR蓬莱駅から伸びる道を進むと林道に入る。林道終点には車3〜4台分の駐車スペースしかない。林道終点からも琵琶湖の展望が広がっているが今日は黄砂で見通しが利かない。

沢沿いの道を6分も歩けば、薬師滝の標識に出会う。

林道終点の堰堤には蓬莱山への登山口であることを示す標識がある。
Road Map :名神高速を大津ICで降りて国道161号線を北上、JR蓬莱駅で左折すれば林道に入る。
Route Map:林道終点から小女郎谷から小女郎峠へ、小女郎ヶ池を見てからササ原の尾根から山頂へ。
沢沿いの道は勾配が緩く、沢音を聞きながら気分良く歩ける道である。

沢から離れると所々に小さな残雪を通ることになる。スパッツを着けていないのでつぼ足に注意しながら歩くことになるが、表面が硬くつぼ足になることは無かった。

峠から5分程歩けば”小女郎ヶ池”に出る。案内板にはうそ臭い伝説が書いてあるので一応写真だけは撮っておく。クリックで読める所まで拡大します。

蓬莱山頂より歩いて来たササ原の尾根を振り返る。

小女郎ヶ池”は山頂にある大きな水溜りと言った感じで、水も綺麗では無くあまり魅力は感じないが、休憩場所には最適だ。

峠に引き返し、登って来た小女郎谷を見る。琵琶湖の展望も広がっているが霞んでしまって絶景とは言い難い。

琵琶湖が一望、見通しが良ければ絶景なんだがなー。

1時間20分で”小女郎峠”に着く。小女郎ヶ池は近そうなので行ってみる。

ササ原の尾根道から蓬莱山の山頂を見る。ササの背丈は1m程であり見晴らしの邪魔はしていない。兵庫の山のササは2m以上の背丈があり、完全に閉鎖状態にしてくれるが、ここのササ原は感じが良い。

1時間50分を要して”蓬莱山”(1,174m)の山頂に着く。山頂にはハイカーが居なかったがどこかの中学生が1クラス程来ていて山頂を占領していた。

山頂一体はびわ湖バレーのスキー場となっておりゴンドラで簡単に山頂まで来られる様だ。昔に何度かスキーに来たことはあるが、その当時の面影はまったく残っていない。ゴンドラは営業運転しているがリフトは営業されていない。

今日は平日の山歩きなので、山頂にはハイカーは誰も居ないであろうとミニ三脚を持ってきた。

関西百名山
日本三百名山
標高差:720m
おまけに貰ったミニ三脚、これからの山行きにはお供してもらおうと思う。でも、自分撮りは山頂での証拠写真だけにするつもり。
登り時に見た”エンレイ草”であるが、この先幾らでも見られると思い通り過ぎたが、その後、まったく見られなかった。下山時に探しながら歩き再会出来たのがこのエンレイ草であるが、咲くのは5月初旬らしい。
コゴミ”が美味しそうな新芽を伸ばしているが、かみさんは山草を料理してくれないので採集は断念する。

雑感
苦労して登った山頂にゴンドラで上がってきている人が沢山居るのはうれしいものでは無い。
はやり、山に登るには歩いてでしか行けないところにしたい感じはする。
近畿圏の山では春に見通しの良かった試しがない。今年は黄砂が特に酷い様なので晴天時でも大展望が得られそうにない。

今日は雲一つない晴天のはずであるが、直ぐ隣りの武奈ヶ岳でさえももやの中にあるような感じに見えてしまう。今年、3月4日に登った武奈ヶ岳を見る。南西稜にはまだ残雪がたっぷりと残っている感じだ。

下山
広々とした山頂芝生で早い目の昼飯として、下山時のつぼ足に備えてスパッツを着ける。
小女郎峠からの下りは残雪のある雨水路であるが、気温の上昇と共に雪解け水が流れ出した。
登り時には花が咲いていないもとの思っていたが、余裕を持って下っているとあちこちに小さい花が咲いているのが目に付いた。
小女郎谷の登山道は登り返しがまったくないので下る一方で楽に早く駐車場に着いてしまい、1時間25分で下山を終える。
3時間25分にて蓬莱山を終え、比叡山に向う。

ほうらいさん
酷い霞みであるが、琵琶湖への展望を見ながら下山する。
下山時、小女郎ヶ池への分岐を見る。