2009年05月09日


日本三百名山に戻る

岐阜県郡上市
急遽、出掛ける
名神高速が5月11日〜23日まで終日集中工事に入るので、予てから行きたかった岐阜の二峰に高速道路が混む前に行くことにする。朝に決めて慌てて家を出たので忘れ物多し。
Road Map :東海北陸自動車道をひるがの高原ICで降りて、県道452号線(やまびこ道路)から立石林道へ。
Route Map:立石林道の終点近くから”いっぷく平”を経て山頂を往復する。下山時は”いっぷく平”を通らず。
日本三百名山』   林道を車で上り詰めれば楽チン登山。
標高差:230m
下山
山頂では一通り展望して直ぐに下山する。下山を終えても11時30分頃であるので暇を持て余す。

〔271〕鷲ヶ岳 (1,672m)

登り:48分、下り:30分(下りは林道を歩く)
−−− 登山口 いっぷく平 林道終点 鷲ヶ岳
登り 10:05 −−− 10:19 10:46
下り 11:23 −−− 11:14 10:53
立石林道”は立石キャンプ場横から始まるのであるが、この林道入口を見付けるのには苦労した。林道は全長4km程であるが、路面が荒れており車底を摺りそうで速度が出せない。林道入口には登山道と明記されており歩くと1時間となっている。
林道に入って間もなくの地点にあった”立石”。
何の変哲もない二つの岩であるが由来があるらしい。
荒れた林道を走ること15分ほどで”鷲ヶ岳登山道”の立て札が目に入ったので、ここが登山口と思い車を停める。背後には真っ白い”白山”が望める大展望。
10時05分、登山道を登り始めるが、この後、二度に渡り裏切られる。
駐車スペースから見た左”大日ヶ岳”と”別山”、”白山”。今日は湿った暖かい空気が入ったのか見通しが悪い。
ひと登りすると”一ぷく平”に出た。下から登るハイカーにとっては一息付ける場所なのだろう。
”一ぷく平”にも広い駐車場と簡易トイレがあった。
”一ぷく平”に建っている”藤原頼保”のお堂。
”一ぷく平”から見た”鷲ヶ岳”は普通の平凡な山で登る気持ちが萎えてくる。
”一ぷく平”から進んで行くと、下りとなり、下に新しい林道が延びているのが見えた。先ほどの駐車スペースから車でそのまま進めば良かったのだ。
林道終点には5〜6台停められる駐車スペースがあり、先行車が1台停まっていた。
林道終点から丸太で整備された急な階段の登りとなる。登山道には小砂利が引き詰めてあり歩き易い道ではある。
最近、花の写真を撮る気を無くしているが”ショウジョウバカマ”が沢山咲いていたので撮ってみる。霜にでもやられたのか色合いが悪かった。
林道終点に車を停めていた老夫婦を除いて他のハイカーは遥か下のスキー場から登られていた。
41分で”鷲ヶ岳”(1、672m)山頂に着く。他のハイカーは既に下山してしまった。山頂からは360°の展望が得られるが、今日はかなりもやっていて見通しが悪い。
山頂から明日登る予定の”大日ヶ岳”を見る。山頂付近にはまだ残雪がたっぷりな様に見える。
肉眼では”乗鞍岳”、”御岳山”が薄っすらと見えていたが、写真にはまったく載っていない。条件が良ければ穂高方面も見えるらしいが見えても遠景過ぎて詰まらないと思う。
汗も掻かなかったが、暇つぶしに高鷲IC近くの”湯の平温泉”(500円)に入る。泉質が良く露天風呂が気持ち良い温泉だった。
大日ヶ岳の登山口が見付からない
今日の内に登山口に入っておこうと探し始めるが見付からない。ダイナランドのスキー場から登る登山口は判ったが、ゲレンデを歩くのは味気ないので、尾根筋の登山口を探す。奥まった林道で会った人に道を尋ねると、登山口まで車で案内してくれた。
登山口に案内されたのは良いが、食料を買っていないので山を降りて買出しに行くが、又、登山口に戻れずに何度もウロウロしてしまう。
わしがたけ