標高差:417m
累積標高差:512m

2016年03月16日


日本三百名山に戻る

福島県田村市
登り:2時間09分(3度の道間違い時間含む)
下り:1時間17分
コースタイム:3時間47分
ウィキペディアから
福島県田村市と双葉郡川内村との境界にある山である。標高は1,192mあり、阿武隈高地の最高峰である。
山頂付近は航空自衛隊のレーダー施設である大滝根山分屯基地があるために、山頂(一等三角点)へ行く場合は事前に基地へ申請しなければならない。山頂には一等三角点がある。
Road Map :磐越道を小野ICで下りて県道381号線に入り、あぶくま高原ホテル跡に向かう。
Route Map:あぶくま高原ホテル跡駐車場から山頂を往復する。
日本三百名山』  山頂は自衛隊のレーダー基地に占拠されて三角点も基地の中だった。     
大滝根山
廃墟で殺伐とした登山口、踏み跡の無い残雪山登り、自衛隊のレーダー基地に占拠された山頂で何も良いことが無かった山歩きであったが、何か嫌味な感じがしなかった。
昨夜はJR神俣駅の通勤者用駐車場で車中泊したが、満天の星空で−4℃まで冷え込んだ。
登山口駐車場には早朝の5時に着いたが、気温は相変わらず低く−3℃だった。
215〕大滝根山 (1,192m)
おおたきねやま
高原ホテルの駐車場には草が茂り、樹木も育ち始めている。
外気温−3℃、防寒着を着込んで5時38分に出発する。
数年前に経営が行き詰まり廃業したと言う”あぶくま高原ホテル”の駐車場に車を停めることにする。高原ホテルは全ての窓ガラスが割られ完全に廃墟化していた。周辺には廃エテルナ教会、廃旅館?があり不気味な雰囲気である。
12分程で林道から登山道に入って行く。当然、ここにも踏み跡は無し。初めての山で踏み跡が無いと道間違いが心配だ。慎重に進む。
林道を歩き始めるが、何と踏み跡が無い! 一番苦手なパターンだ。
雪面は凍て付いているがアイゼンが無くても歩き易い。
早速、道標の無い二股で道を間違い戻って来る。
凶器無き殺人に使えそうな鋭いツララが迎えてくれた。
積雪量が増えて来てどこが登山道なのか判らなくなって来る。
27分で登山道の分岐に着くが道標を見ても知らないことばかり書かれているので、添付の地図を見て真っ直ぐ進むことにする。
マーキングテープが殆ど無い道であるが、たまに出て来る赤テープで道は合っていたんだ。とほっとする。
やがて沢道となり、何度も小さな渡渉を繰り返す。
1時間で沢から離れ右斜面に取付く。しっかりした道標は行程中に2つしか出て来なかった。
完全に沢道となり、コケと氷で滑り易い道?に気を遣う。
尾根筋に入ると斜度が更にきつくなり、くさり場が続くようになる。くさりは雪に埋もれており、雪から掘り出しながらの登りとなる。
鉄柱の道標は比較的多くあったが、全て看板部分は無くなっていたので何が掛かれいたのか判らなかった。斜面に取付くと斜度がきつくなり、ここでアイゼンを付ける。
2時間09分にて後ろの藪から飛び出して開けた所に出る。三角点は自衛隊のレーダ基地の中なので、この標識を山頂として良いなら”大滝根山”(1,192m)に着いたことになる。この後ろには基地のフェンスが広がっている。標準コースタイムの登りは1時間20分なので、随分と時間が掛かってしまった。
尾根道を消化するとフラットなササ原となり、ササに載った雪を払いながらの歩きとなり、中々前に進まない。やがて樹林帯となり道を見失い迷走状態となる。
天気良く広々とした所なのに展望が無い。基地のフェンスの向こうには展望が得られているが、霞んでいて絵にはなっていない。ウサギの足跡を追って梵天岩に向かう。
案内板の内、梵天岩に行ってみることにする。
標高的に一番高い個所は基地内にあり、多分、三角点はあそこにあるものと思われる。普段、三角点には興味が無いが、見れないとなると見たくなってしまう。後で近くまで行ってみよう。
基地内のレーダードームが一際目立つ。
梯子が架かっていたので岩に登り、展望を確認したかったが、雪で滑り落ちてしまいそうなので取り止めた。神社に引き返す。
樹林帯の中にでっかい岩が転がっていた。これが”梵天岩”なのだろうか?
これを神社と呼べるのか?
基地外の一番高い所に”霊峰神社”があったが、立派な鳥居に反して小さな石室があるだけだった。
フェンス越しに一番高い所を見てみるが、三角点の姿は見えなかった。
三角点を基地内に含めることに対して誰も反対しなかったのだろうか?
藪道に入る前に名残惜しくレーダー基地を見る。
8時08分に下山を始める。周回コースがあるが、下山で踏み跡の無い道ではとんでもない道間違いをしてしまいそうなので、自分の踏み跡がある登りと同じコースで下山することにした。
自分の踏み跡が無ければどこが登山道なのか判らなかっただろう。
山頂付近はフラットな藪が広がり、登り時に迷走しており、その迷走した踏み跡を追って下山する。
樹間から遠く郡山市街が見えたが、その先の雪山の山名は判らない。
ササが生い茂る尾根筋に戻るが、登り時に雪払いをしているので下りは比較的楽に歩けた。
登り時に掘り起こしておいたくさりを利用して行く。
登り時には急斜面としか思わなかった尾根筋は下り方向で見ると崖下りに思えた。くさりが必要なのが理解出来た。
沢に出てアイゼンを外す。ここからも安全の為、自分の踏み跡を追って下山して行く。
沢水が玉形に凍っているのが面白い。
林道に戻る。林道跡は更に上まで続いているが、ここで沢により分断されていた。車でここまで来たとしても駐車地が無い。
スギの樹林帯に戻ると一安心。後はてくてく歩いて行くだけ。
かつての送迎バスだったのだろう廃車の中にはごみが満載されていた。こういうのは責任を持って片付けて欲しい。
林道を高原ホテル跡に向けて下って行く。
エテルナ教会跡は不気味な感じで夏の夜には肝試しに使えそうだ。
総合施設跡のようであるが、大きな建物で勿体ない思いだ。
下山は1時間17分で終えることが出来た。
'16年度の関東遠征
03/15 03/15 03/15 03/15 03/16 03/16 03/16 03/17 03/18
八溝山 江竜田の滝 袋田の滝 乙字ヶ滝 大滝根山 銚子ヶ滝 幻の大滝 弥作の滝 霧ヶ峰