標高差:400m
累積標高差:922m

2011年03月24日


日本二百名山に戻る

福岡県添田町
登り:1時間33分、下り:1時間54分
トータル:3時間29分
ウィキペディアから
山の中腹500m近辺に英彦山神宮奉幣殿があり、多くの参拝客が訪れる。山頂には上宮がある。2005年10月には、英彦山神宮へ続く参道沿いに、参道起点の銅の鳥居横から英彦山花公園を経由して参道終点の英彦山神宮奉幣殿へ至る全長849mのスロープカーが完成し、英彦山神宮奉幣殿まで約15分で行けるようになった。
石段と鎖付き岩壁で辿り着く「望雲台」と呼ばれる切り立った足場30cmの岩壁は、下界に広がる森林から突き出た鷹ノ巣山が望めるなど眺望が素晴らしく、自己責任で登るロッククライミングの名所となっている。「望雲台」は本来山伏の修行場であった。
Road Map :大分道を日田ICで下りてR496を北上、R500に入り高住神社に向かう。
Route Map:高住神社登山口より北岳、中岳、南岳までを往復すし、下山時に望雲台に寄る。
日本二百名山』  望雲台だけが楽しかった。
望雲台はすごかった
今回、マイナーな高住神社からのコースとしたのは”望雲台”行って見たかったに尽きる。何も見所ない英彦山で望雲台だけは迫力あり凄いと思った。
魔林峡散策

湧蓋山への移動途中に”魔林峡”看板が目に付いたので寄ってみる。全体の一部だけだと思うが軽く散策する。この辺りが奥耶馬渓の一郭らしい。
−−− 高住神社 望雲台 北 岳 中 岳 南 岳
登り→ 6:28 −−− 7:26 7:51 8:01
←下り 9:57 9:33 8:40 8:12 8:03
193〕英彦山 (1,200m)
高住神社への階段参道を登る。
左の空き地が高住神社の駐車場、その奥に綺麗なトイレがあり助かった。昨夜の就寝前の外気温が−1℃、満天の星空だったので朝の冷え込みを心配したが、薄曇りとなり気温1℃だった。自販機で暖かいモーニングコーヒを飲んで6時28分に駐車場を出発する。
高住神社”の右側から登山道に入って行く。
御神木と書かれたデカイ杉。見上げる高さまで成長しているが、大南神社の鬼杉はもっとデカイのだろうか。
三つの奇岩の内、一番興味を引いたのが”筆立岩”雑木で全容が見難いが根元からスリムに伸びており、首根っこは折れそうな感じ。
程なく奇岩が目立つ様になり、この様な案内板があった。
左手に岩峰が見え出した。冬枯れとは言え立木が多過ぎてうまく全容が見えない。
自然石で整備された階段道が続く。気温が低く、天気が悪く、陰気な雰囲気だ。
そうきつくはないのだが登り一辺倒の道が続く。
16分にて”望雲台”の分岐に着く。登山口から意外と近いんだ。望雲台は下山時の楽しみ取っておく。
高い岩峰から滴り落ちる水滴で大きなツララが出来ていた。
39分にて”溶岩の壁”と書かれた岩峰の下に着く。溶岩らしくない岩肌は何を指して溶岩なのか判らない。
ガラ場の急登から木製の階段道に入る。
簡単なくさり場を登る。
方向を変えて見ても陰気な暗い展望しか得られない。
稜線に出ると展望が得られたが、霞みが酷く、見えている山もさっぱり判らない。
58分にて”北岳”(1,192m)に着く。山頂周囲を縄で囲いをしているが、そんなのはまたげば済むことだ。
山頂に行ってからこの注意書きを見たのでゴメンなさいです。
北岳からは穏やかな稜線の道となり、鞍部へ下りて行く。
中岳手前の休息展望舎。
大した登りではないのだが、一丁前に赤ペンキ矢印で登りルートが示されていた。どこからでも登れるので意味は感じなかった。
1時間23分にて”中岳”(1,187m)に着く。実際のピークは英彦山神社が建っているところ。
展望舎から見ても相変わらずのモノトーン景色。
中岳から南岳を見る。
中岳山頂の”英彦山神社
山頂には休息舎と展望台があったが、どちらも崩壊が激しく、展望台は立入り禁止となっていた。今日は展望台に登って景色を眺めてもしょうがない感じ。
1時間33分にて英彦山系最高峰の”南岳”(1,200m)に着く。
中岳に戻り、忘れていた記念撮影をしておく。
南岳から中岳の英彦山神社を見る。さぁ、下山しよう。
登り時に見過ごしていた「東京コミックショー」の”レッドスネーク・カモン”が道端に祭ってあった。
下山1時間21分にて本日のハイライト”望雲台分岐”に戻る。
登り終えてくさり場を振り返り見る。
まずはガリーのくさり場をこなす。この向こうが望雲台と思っていたのが、まったく違った。岩肌は苔生して滑り易いがステップが切ってあるので難なく登れた。
ガリーを登り終えると岩斜面をトラバースする。ここも岩を削った道が付いているのとくさりで安心して通過出来た。
そして”望雲台”へ垂直に近いくさり場を登る。ここもステップが切ってあり難なく登れたが・・・
望雲台”に立つと久し振りに足がすくんだ。防護柵がないと絶対に立っていられないナイフリッジだ。
立っているのが怖過ぎて写真も巧く撮れない。昔の修験者は防護柵もないこんな所を走り回っていたのか。
1時間54分にて下山を終える。多くのハイカーとすれ違ったので、駐車場には車が沢山増えていた。定期バスの運ちゃんに話しを聞くと、この路線は日に2回だけの運行らしいい。
車で移動途中に薬師峠から”望雲台”を見ることが出来た。普通、あの壁の向こうには平地があるものだが、望雲台は30cmの巾しかなかった。
地元の御夫婦ハイカー
自分が望雲台を下りる頃に登って来られたハイカーは、一見、くさり場には不向きに見えたメタボおばさんがしゃきしゃきとくさり場を登り、か細い御主人に何やら指示をしていた。
03/22 03/23 03/23 03/24 03/24 03/25 03/26
多良岳 雲仙岳 背振山 英彦山 湧蓋山 大船山 鶴見岳
今回の遠征
目の前には急峻な崖で囲まれた”鷹巣山”が聳えている。この後、偶然ではあるが薬師峠を通ることになり、薬師峠から”望雲台”の崖っぷちを見ることが出来た。
ひこさん