〔186〕武奈ヶ岳 (1,214)

2013年11月23日


日本二百名山に戻る
日本の滝百選に戻る
 関西百名山に戻る

滋賀県高島市
前回は残雪で途中敗退した。
今年('13年)3月に同コースで周回しようとし、腐れ残雪が深く踏み跡がまったく無かったので、沢歩きは危ないと思い、大摺鉢で撤退した。その後、リベンジする機会が無く、紅葉も過ぎた今日になってしまった。
    標高差:725m
累積標高差:1,307m
Road Map :名神を東京都ICで降りて、湖西道路走り、高島市からガリバー旅行村に入る。
Route Map:旅行村の駐車場から八ツ淵の滝コースとするが、通行止めが本当に行けなかった。

楽しいが危険な”八ヶ淵”の滝巡り
初心者だから、ベテランだからとの大嫌いな格付けの話しは抜きにして、気を付けさえすれば、無事通過することは出来ると思う。危険の比率が高いことは確かであり、運が悪ければ滑落、落石に遭遇する可能性は高い。興味ある人は天気と相談して、細心の注意の元で行って下さい。俺は崩落地が回復すれば又、行きます。

今回、山頂には消極的だった
”八ヶ淵”がスリリングで楽しかったので、山道に入ってからは全員、気が抜けてしまい、ここまで来たから山頂まで行こか、の消極的な山歩きになってしまった。

関西百名山
日本の滝百選
日本二百名山』   八ツ淵の滝巡りはスリリングで楽しかった。
コースタイム:6時間08分(休憩時間含む)
登り:3時間52分
(八ヶ淵の滝経由)
下り:1時間56分

9月の台風18号により、ガリバー青少年旅行村から八ツ淵の滝へ向かう登山道が一部崩落し、現在は通行禁止となっています。復旧の見通しも立っておらず、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

沢林道を少し歩くと登山口に着く。武奈ヶ岳の地図と初心者は入山禁止の看板は前回と同じであるが、崩壊通行止の看板が増えていた。
ガリバー旅行村への入村料は一人400円であるが、山歩きと言う事で駐車料400円/台だけで済んだ。駐車場を8時37分に出発し、綺麗な紅葉に迎え入れて貰う。ハイカーはまったく居ない。
分岐に戻って来るのを夢にも知らず、沢に向けて下って行く。
前回は積雪で諦めた”障子滝”方向に沢に向う。
踏み跡はしっかりと付いており、問題なく沢に下りて行けた。
前回からある沢歩きが危険だとの看板。初心者が危険な訳ではなく、初心者だけだと危険なのだ。
程なく、沢に降り立ち、早速渡渉となるが、期待に反し全員難なく渡ってしまう。ドボンするにはまだ早いか。
岩峰をへつって行く。足元はコケていて滑り易いがくさりがあるので安心。
魚止の滝』に着く。小さな滝で魚止の滝が名前相応である。滝の右側に廻り込んでいく。
面白い登りが続く。
本来、岩峰に張り付いているはずのくさりが大きな岩を付けたまま空中に浮いている。これを渡らずしては先には進めない。
ここの登りに期待していた『障子の滝』に着く。水量の多い大きな滝で迫力は充分。対面には登山道の梯子も見える。
長老は渡渉出来そうな地点を探し出したが、沢の巾が広く、水量も多いので渡渉が出来そうもない。その間に俺は右斜面を登り迂回出来ないか探ってみるが、ガレ場であり落石が酷いので、迂回は止めた方が安全と判断する。迂回出来てもどこに出るのかも判らない。苦汁の判断で引き返すことにした。
高島市の観光ガイドから八ヶ淵の滝の地図を拝借。この内6滝しか見ることが出来なかった。
苦労して登って来た道を苦労して引き返す。
樹林が開けた地点から”武奈ヶ岳”見えた。合っている?
1時間07分のロスタイムをして分岐に戻り、一般道を歩く。引き返したとは言え、『障子の滝』は見られたので不幸中の幸いと思わないとしょうがない。一般道ではあるが、かなりの崩壊帯を通る。
崩落部分は道が完全に落ちて無くなっていた。無理をすれば渡れなくはないが、無理をする必要も無いので素直に迂回路を歩くことにする。
崩壊通行止、迂回路に廻れの箇所に着くが、これは前回も同じだった。もの好きなので崩壊帯を見に行く。
前方に見覚えのある”大擂鉢”見えて来た。右真ん中の四角い岩が変な文字が書かれた岩。
1時間34分にて”大擂鉢”に着く。前回は積雪でここから引き返したので、この先は未知数。下山時には周回してここに戻って来る予定。予定通りなら・・・
上から釜を覗いて見る。沢水が綺麗だ。
”大擂鉢”から沢沿いに登って行くと”小擂鉢”に着く。作り(?)はまったく”大擂鉢”と同じ。
幅広い沢歩きとなるが、歩き難い所はない。但し、道としては整備されていない。
アスレッチク気味に遡上して行く。
前方に大きな”ゴルジュ”が見えて来た。ゴルジュの中には二段の滝が見えている。
一旦、右岸を上に登って行く。
右岸に登り、眼下に”屏風の滝”を見る。奥に見えるのが”貴船の滝”なのか?、この先どう進むのか?
貴船の滝”(落差30m)に着く。苦労してここまで来ないと見ることが出来ない雄大な滝だ。日本の滝百選に入っているらしいが”貴船の滝”だけなのか”八ツ淵の滝”として入っているのか調べてみたが、”貴船の滝”単独ではなく、”八ツ淵の滝”として登録されている様だ。
沢に降りて”貴船の滝”を見る。
直近から”貴船の滝”を見る。
沢に降りるのは極めて困難。一旦、沢に降りないと先には進めない。
右岸を沢に降りた後は梯子を使って左岸の崖を登る。
”貴船の滝”側から”屏風の滝”側のゴルジュを見る。アングル的に
ゴルジュが良く見えないのが残念。
梯子を登った後は垂直に近い岩登り。くさりが無くてもと行きたいが、くさりが無いと登れない箇所あり。
梯子が無くても登れそうな岩峰なので梯子が無い方が面白かったかも。
70歳の御老人二人が軽々登って行く。
岩峰を登り切って”貴船の滝”の滝口から滝壺を見るが、これ以上前に出るのは恐いので滝口はまったく見えなかった。
岩峰登り途中から”貴船の滝”を見る。
半分腐っている丸太橋はぎしぎしときしみ、表面は良く滑る。
穏やかな沢になる。前方に見えているのが”七遍返しの滝”か?
滝の飛沫でコケ生している所が多い感じ。
”七遍返しの滝”沿いに登って行くが、コケ苔生して滑り易いのが恐い。
相変わらず登山道としては整備されていない。気い付けなはれや!
この辺りが”七遍返し淵”なのだろうか。道標が無いのではっきりしない。
やっと落ち着いた雰囲気の沢になった。後は穏やかに登って行く。
頼りにならない腐った梯子の横を登って行く。
沢が広くなり、落葉で消された踏み跡が見付け難い。
2時間30分にて沢歩きを追えて、左側の尾根に入って行く。この道標は見逃さない様に見付ける必要がある。
沢からの尾根道歩き18分にてスキー場跡地に出る。
面白くない尾根道歩きになると精神的、肉体的辛い。途中からシャクナゲ帯となるが、花の無い時期のシャクナゲ帯は鬱陶しいだけ。
前方に”武奈ヶ岳”を見ながら”八雲ヶ原”へ緩やかに降りていく。
横に”八雲ヶ原”を見ながら緩やかに登って行く。
”八雲ヶ原”にはテントを張っている方も居られた。
スキー場のゲレンデ跡を登って行くが、沢歩きの楽しかったことから比べると、肉体労働だけでまったく面白くない。
ゲレンデ跡地を終えて名も無いピークの雑木林に入って行く。
予定の直登コースから道を外してしまい、南西稜に出てしまうかと思ったが、ほぼ、予定通りのコースを歩いていることが判った。
前方に見えているのが”武奈ヶ岳”の山頂。緩やかに下り、その後、登り返す。
最後の登りは雨水に削られたU字状の道が続く。お昼も過ぎて下山するハイカーが多くなって来たが、道幅が狭く道を譲るのが大変。
山頂直前で南西稜に出る。多くのハイカーが下山して行ったが、山頂にはまだ多くのハイカーが休憩している。
何故、ハイカーは山頂で休憩するのか?
3時間52分にて”武奈ヶ岳”(1,214m)に着く。沢道で1時間のロスタイムがあったので、山頂までは随分遠かった。
老人会の皆さん、お疲れ様でした。昼飯にしましょう。
山頂からの東側の景観は山を見るより琵琶湖を見る感じ。
西側も展望良く、京都の山々が見えているが、ドングリの背比べで写真を撮る気が湧かなかった。
細川越分岐からは明るい樹林帯の中を緩やかに下って行く。
山頂で昼飯に20分休憩して下山する。下り一方なので下山分岐の”細川越”には22分で着く。
何度か沢を渡るが、殆んどに簡易的な橋が設置されていた。
イノシシのぬた場となっている湿地帯の木道を進む。
広谷”は重要な分岐であり、ここから各方面に行くことが出来る。
散歩道としては雰囲気が良いが、何がある訳でも無く、退屈になってくる。平和は退屈だ!。
ひと山越えて、枝沢に出る。
沢から外れ、ひと山越えると各方面への分岐で出る。
下山途中の名無し滝。
枝沢から大擂鉢に流れ込む名無し滝。
下山1時間35分にて”大擂鉢”戻る。
渡渉して遊歩道に戻る。通行止の為か、このコースでハイカーに会うことはなかった。沢音はうるさいが、静かな山歩きだった。
合せて紅葉がまだ残っていたことに感謝!
遊歩道を歩き、ガリバー旅行村に戻る。全員、無事戻ることが出来た。
下山1時間56分、トータル6時間08分にて車に帰る。
ぶながたけ