標高差:798m

2010年03月13日


日本二百名山に戻る

静岡県御殿場市
登り:1時間45分、下り:1時間11分
ウィキペディアから
愛鷹山は静岡県の富士山南麓にある標高1,188mの山。広義には、この山から北に連なる愛鷹連峰をいう。日本二百名山に選ばれている。
愛鷹連峰は最高峰の越前岳(1,504m)をはじめ、黒岳(1,087m)、呼子岳(1,310m)、鋸岳(1,296m)、位牌岳(1,458m)、前岳(1,336m)、袴腰岳(1,248m)、大岳(1,262m)、愛鷹山(1,188m)の9つの峰からなる
Road Map :東名道を富士ICで下りて、県道24号線を北上してR469を十里木に向かう。
Route Map:十里木登山口から越前岳を往復する。
日本二百名山』  富嶽をするには最高の山。

急遽予定変更
十里木の登山口に着いたのは14時前、あくる日に黒岳からの周回コースを登る予定であったが、余りにも早く登山口に着いてしまったので、最短で登れると思われる十里木登山口から登ってしまうことにする。

138越前岳 (1,504m)
愛鷹山(あしたかやま)山系最高峰
(翌日の越前岳)
−−− 十里木登山口 展望台 展望ベンチ 20分の表示 越前岳
登り 1:49 2:10 2:30 3:14 3:34
下り 4:48 −−− 4:23 3:50 3:37
03/13 03/13 03/13 08/14 08/14 08/14
金時山 箱根山 愛鷹山 毛無山 愛鷹山 金時山
今回の遠征
少し登った所から駐車場を見る。正面には富士山が聳えているが山頂はガスで見えない。
登る日を前倒しして、予定していた山神社からの周回コースは止めて、十里木の最短コースを選ぶ。登山口には広い駐車場があり、綺麗なトイレと足洗い場も完備されていた。
前方にはヘリポートの様な電波搭が聳えている。付近はススキヶ原で見晴らしは良い。下山してきたメタボ気味の親父に「 山頂まで行くの?この時間では無理じゃない?」と言われた。笑って「行けると思います」と答えたが、メタボのお前には言われたくないの思いだったが、この時点で標高差もコースタイムもまったく知らなかった。
21分で見晴らしの良い”展望台”に着く。ここも正面に富士山が聳え、望富士の山として有名なのが判る。でも、今は裾野しか見えないけど・・・
山頂側に目をやると、どっしりとした山が見えるが、越前岳の山頂はもっと奥にある様だ。山神社側見た越前岳は鋸岳を隣接していてカッコ良かったが、ここから見る越前岳は平凡な山頂に見える。
休息ベンチの横には”馬ノ背”の表示があったが、この先は樹木が生い茂り、馬ノ背的なところはなかった。
41分にて、これまた富士山を目の前にした”休息ベンチ”に着く。ここが1,099mのピークだろうか。
馬ノ背からは樹林帯に入り、きつくはない斜度が真っ直ぐに延々と続く。同じ様な景色が続き、同じところを歩き続けている錯覚に陥る。変化が無く面白くないコースだ。
初めてあった表示が”越前岳まで約20分”これ以外は何の表示もなかった。
1時間45分にて”越前岳”(1,504m)に着く。表示から表示通りの20分だった。今日一日で3山目のガスの山。ええ歳扱いてよくやるよ!
山頂に着いて”バンザーイ!”では無く”お手上げ!”状態となる。時既に3時37分、もちろん直ぐに下山する。
< 翌日のリベンジ >
翌日は打って変わって良い天気に。R469からは昨日歩いた尾根が良く見える。
越前岳を下山してからは十里木の登山口駐車場で予定通りに車中泊とする。雪でチューハイとビールを冷やして、晩飯は淋しく一人宴会をする。
ぐっすりと眠りコケ、朝方、寒くて目が覚めると外気温は−1℃だった。しかし、風は止み雲一つない天気に変わっていた。予定の越前岳を昨日に登ってしまったで毛無山でも登ろうかと、登山口に向かうが・・・
道路からも富士山はよく見えるが、再度、展望所まで登り、邪魔物が無い位置から富士山を眺める。手抜きリベンジ完了。
冠雪した富士山は雄大で美しかった。やはり富士山は登る山ではなく、眺める山である。