標高差:798m

2009年07月20日


日本二百名山に戻る

北海道士別市
登り:3時間23分(旧道歩き時間を除く)
下り:2時間47分
トータル:6時間17分 (旧道歩き時間を除く)
ウィキペディアから
天塩川の水源に位置し、利尻岳(利尻島)を除くと道北では最高峰である。天塩岳を中心に前天塩岳や西天塩岳が1つの山塊をつくっているが、山容はおおむねたおやかである。また、「お花畑」の規模は小さい。頂上からは北大雪や東大雪の山々のほか、条件がよければ遠く北に利尻岳を見ることができる。
Road Map :道央道旭川北ICで下りて、道道101号線を走り、於鬼頭トンネルを少し過ぎた所に林道入口がある。
Route Map:天塩岳ヒュッテを基点に旧道を登ろうとしたが、途中断念、前天塩岳から新道コースを周回する。
天塩岳 避難小屋 丸 山 滝下橋分岐 新道分岐 天塩岳ヒュッテ
9:40 10:20 10:40 11:33 12:03 12:27
日本二百名山』 運が良ければナキウサギに会えるかも。
天塩岳を登り終えて
天気が悪かったのは残念であるが、ナキウサギが生まれて初めて見れたのは感激だった。次は写真に収めたい思いである。
羅臼岳に移動する
次の山と言えど車で半日掛かるは距離だ。夕刻、勝手知ったる”ホテル地の涯”に入り駐車スペースを確保する。
今日の温泉
ホテル地の涯駐車場横の無料露天風呂で汗を流す。
天塩岳ヒュッテ 新道分岐 旧道分岐 旧道断念 旧道分岐 前天塩岳 天塩岳
4:50 5:19 5:35 6:22 6:55 8:29 9:33

前日の移動
前日は降雨の為、暑寒別岳登頂を中止し、天塩岳ヒュッテに移動する。薪ストーブのある2階建てログハウスの天塩岳ヒュッテでは栃木の伊東さんと合流、他に宿泊者としては旭川の大学生6名、引率の先生、1階には女性ハイカー3名が薪ストーブを焚いて宿泊していた。伊東さんと山談義している内、大学生がジンギスカンをすると言うので厚かましくご馳走になる。

今回の遠征
07/20 07/21 07/21 07/23 07/24
手塩岳 羅臼岳 カムイワッカ湯の滝 ニペソツ山 石狩岳
101天塩岳 (1,558m)
下山40分にて”避難小屋”に着く。中を覗くと二階建ての綺麗な部屋だった。小さい方の三角屋根の建屋はトイレであるが、そちらまでは見に行っていない。
”お花”
笹薮の中からガサガサと音がするので、すわクマかと身構えたが大学の先生が出て来た。学生に雪渓歩きと藪扱きを体験させていたらし。藪扱きなんてわざわざ体験するものでは無いと思うが。
丸山からの展望を楽しみにしていたのだが、ガスで何も見えず、通り過ぎる。1時間53分にて”滝下橋”への分岐に着く。
分岐からの”連絡道”は巾が広く歩き易い道が穏やかに下って行く。
天塩岳ヒュッテの1階で宿泊していた中年女性3名に抜かされる。元気なおばちゃん達だ。8月には北アルプスに行くと言われていた。”オオバユリ”を見付け、写真を撮り出したが、オオバユリは国道脇に一杯咲いていた。
道は広くて歩き易いはずなのだが、大半の部分には水が溜まり、長靴でジャブジャブと進むことになる。晴れてくると蒸し暑い。
新道下山途中から”天塩岳”を振り返り見る。
下山途中から”丸山”を見る。風に乗ってガスがどんどん上がり、山容全体は見えなかった。
7分程、ナキウサギを待ったが、諦めて下山する。下山途中にこれも一瞬だったが”大雪山”の山並みが見えた。これ以後、二度と見えることはなかった。
4時間43分にて”天塩岳”(1,558m)に着く。ここでも上空は晴れているが、周辺の山はガスで見えない。旧道歩きを除くと山頂までの道程は3時間23分となる。
山頂にはナキウサギが1匹居たが、直ぐにケルンの中に隠れてしまった。生まれて初めて見るナキウサギに大感激、写真に撮りたくてしばし待つが、再び姿を現すことはなかった。
ハイマツ帯の道をコルまで下り、207mの登り返しに入る。ガスが切れると綺麗な山容の”天塩岳”が望めたが、見えたのは一瞬だった。
前天塩岳から天塩岳への道はコルに向けてどんどん下り、背丈程のハイマツ帯となり、登山道にハイマツがおい被さる嫌な道が続く。
3時間56分にて”トラバース路分岐”の出口に着く。
天塩岳への縦走尾根道に入り、”前天塩岳”を振り返り見る。道は穏やかに下って行く。
縦走尾根道から”天塩岳”を見る。時折、ガス切れで山頂が顔を覗かせるが、強い風でシャッターを押した時にはガスで覆われてしまった。良く見れば薄らと山頂が見えている。
3時間39分にて”前天塩岳”(1,540m)に着く。山頂標識は飛ばされて無し状態。頭の上は晴れているが、周辺がガスで覆われている。
薄いガスが掛かる”前天塩岳”山頂が見えてきた。
周辺の山はガスで覆われているが、風が強く、時折ガスが切れして
”丸山”の山頂部が顔を出す。
登りではあるが気温15℃、風が強くTシャツでは寒くて上着を着る。ガレ場の登りは歩き辛い。
最初のカーブを曲がると勾配は徐々にきつくなってくる。
3時間21分にて”トラバース路分岐”に着く。前天塩に登りたいので、ここはエスケープせずに前天塩岳に向かう。
旧道分岐まで引返し、前天塩コースを登ることにする。穏やかな歩き易い道から始まり、距離は長くとも、こちらの道の方が早く着きそうな感じだ。
前天塩コースを進んでいると、眼下に先ほど”勇気の無い撤退”をした残雪が見えた。
残雪の先は狭い沢になっており、どこかに登山道があるはずと周辺を探してみるが、踏み跡らしいものが見付からない。藪に入ってみたりと、ここで時間を随分消費してしまう。
沢を登れと言うことなのか?、ならば今日の水量なら諦めるしかない。1時間32分、ここで”勇気の無い撤退”とする。
残雪の下は沢水で大きなトンネルとなっている。登山道はここで消えて残雪の上を歩くことになる。
残雪は硬く締まっており滑り易いが、アイゼンが必要な程の斜度では無く問題無く登れた。
1時間17分、大きな残雪が現れた。
増水により登山道を歩いているのか、沢を歩いているのか判らない箇所も多い。今日はこんな場面が多いだろうと長靴を履いてきた。
この辺りまでも下草は刈られ整備されているので、この先も問題なく進めると思っていたが・・・
二つ目の沢渡りも貧相な板橋が渡してあるだけだった。
旧道の登山道は草が刈られ整備されていたが、橋は壊れ、渡渉は困難だったが、ドボンすること無く渡れた。
沢道を歩きたい思いと、1.1kmも距離が短いのも魅力的だった。(結局は大遠回りになるのだが)
45分にて”前天塩”と”旧道”分岐に着く。沢道を歩きたく旧道コースを選ぶ。
29分にて”新道コース”への分岐に着く。予定では旧道コースを登り、前天塩コースで下山するつもりだったので、ここには下りて来ないと思っていたが・・・
2回目の沢渡りは上下に揺れる板橋であるが、ここも問題無く通過出来る。
鉄橋から見た”ガマ沢”。連日の雨で水量は随分多いが、水は綺麗だ。
最初の沢渡りは鉄製の橋が架かっており問題無し。
ヒュッテ裏の登山口にある簡易地図。すっかり明るくなった4時50分に出発する。(地図はクリックで拡大します)こちらの地図の方が判り易い。
登山道は車が走れる巾広い林道から始まる。この辺りは勾配が殆ど無く、沢音を聞きながら進んで行く。足跡は早朝に出発された伊東さんのもの
だけ、スリップした跡もはっきり判った。
ヒュッテの前にはキャンプ用の炊事場とトイレがある。至れり尽くせりの設備である。これで無料温泉があれば更に感激なのだが・・・
天塩岳ヒュッテ”の前には車40台は停められる広い駐車場がある。ヒュッテの使用は無料ながら薪ストーブがあり、畳張りの床と合間ってゆっくりと泊まることが出来る。
てしおだけ