〔099〕開聞岳 (922m)
2002年05月03日
昨日4時20分に家を出てフルに高速道路を使い12時間要して早朝の4時20分に開聞岳ふもとの駐車場に着き仮眠する。

7時20分登山開始、開聞岳はガスで覆われ山頂は見えない。
南国らしい大きなシダが茂り、照葉樹に囲まれて風通りが悪く蒸し暑い、道は大きな窪地となっており火山礫で水はけは良いが滑り易い。

五合目付近で太平洋側が望め、眼下に長崎鼻見える、ここから先はガスに覆われ景色が見えなくなる。登山道は大きな石が転がっているだけとなり、歩き辛く、又楽しい道になってくる。

開聞岳は九州百名山の足慣らし程度に考えていたが、登山口の標高が140mと低く、山を一周以上する登山道で結構道程は長い、1時間50分掛かって山頂に立つ。

開聞岳は海に突き出た独立峰であり、晴れていれば360°の景観が得られるのにガスで覆われ何も見えない。

写真を撮ってお茶を飲んで直ぐに山を降りる。冬にでももう一度来たい山であるが、何ぶんにも自宅から距離が遠い。
仮眠した無料駐車場から開聞岳を見る。残念ながら上半分はガスで覆われており晴れる気配はない。
麓は大きな窪地の道となり、回りはシダと照葉樹に囲まれ蒸し暑い。
五合目付近より雲の合間から唯一見えた太平洋側の景観、ここから上はガスで覆われ何も見えなくなる。
中腹から上は大きな石が積み重なった道となり変化があり面白い、ここが最大の山場であるが5m程で大したことはない。
1時間50分で”開聞岳”(922m)に着く。
残念ながらガスで何も見えない、休憩することなく直ぐに降りる。
開聞岳を下りて、霧島山への移動途中で、指宿休暇村の温泉に浸かる、施設が整っており入浴料は300円とかなりお得だった。
入浴後は鹿児島から遠目で桜島を眺め、えびの高原に車を走らせる。
日本百名山に戻る

鹿児島県指宿市


標高差:820m
今回の遠征
05/03 05/04 05/04 05/05
開聞岳 霧島山 祖母山 九重山
亜熱帯樹林の中、苔むして滑り易い石が多い道を進む。
日本百名山』  九州遠征ひと山目からガスガスとなる。幸先悪し。
かいもんだけ
「日本百名山から」
橘南谿の「名山論」を持ちだしたのは、その中に開聞岳の入っていることが、わが意を得たからである。(略)ユニークな点では、この山のようなものは他にないだろう。これほど完璧な円錐形もなければ、全身を海中に乗りだした、これほど卓抜な構造もあるまい。