〔098〕霧島山 (1,700m)
2002年05月04日
昨日、開聞岳から移動してえびの高原で車中泊をする。
6時半、登山開始、今日も天気は悪く山頂一帯はガスで覆われている、山麓はキシマツツジが咲き誇り、沢は苔むして日本庭園の風情がある。

直ぐに火山礫のガレバとなり滑り易い、周りには樹木がなく晴れていればえびの高原の景観が楽しめたと思う。
火口の周りを歩き、1時間10分で山頂である韓国岳に着く。

ガスが濃くなり体に水滴が付き始める、ガスで何も見えないのでここも直ぐに山を降りる。降りるに従い舐めた格好の登山者がドンドン登ってくる、多分、えびの高原に観光に来てついでに登ろうとしている感じ。息子も舐めた格好で百名山に挑戦中であり、運動靴を止めない。

下り終えて硫黄山に行き、火口跡の殺伐とした散策道を歩く。

本日、二つの山である祖母山に移動する。

えびの高原からの登り口、左へ行けは硫黄山になる。
登口から山頂方面を見るがガスが一面に掛かっている。
山麓にはキリシマツツジが咲き誇り、火山の山には思えない。
えびの高原も厚い雲に覆われている。短時間で登れることから多くの登山者が来ており駐車場は満杯。
火山礫の道を1時間10分にて”韓国岳”(1,700m)に着く。
丁度、誰も居なかったがガスで何も見えず、直ぐに山を降りる。
登山口近くにある硫黄山、名前の通り硫黄が噴き出ており草木が生えておらず殺伐とした山(丘)である。
日本百名山に戻る

宮崎県えびの市


今回の遠征
05/03 05/04 05/04 05/05
開聞岳 霧島山 祖母山 九重山
登山口には小さな駐車場しか無く、あぶれた車は道路沿いに停めている。ここは硫黄山観光の駐車場を兼ねている。
キリシマツツジの低潅木帯からガレ場の登りに入っていく。
樹木が低いので見晴らしは良い。見事な台形の山であるが山名は判らない、おそらく1,357mのピークと思われる。
祖母山に移動
えびののインターから九州道に乗り祖母山へ向かう。インターを松橋で降りるはずが行き過ぎてしまい、御船で降りる。
国道445号線を走り、矢部町で国道218号線に入り、清和村から265号線に入る。清和村の道の駅で昼飯にしようと思ったが、何かのイベントで人が一杯で注文も取りにこないので、止めにして高森町から高千穂方面に向かう。
この道は昔、自転車旅行をした時、阿蘓山から延岡へホコリに苦労しながら降りた懐かしい道であるが面影は全然ない。
日本百名山』  山頂はガスで覆われ楽しみだった火口壁は見えずだった。
最高峰は韓国岳
きりしまやま
「日本百名山から」
高千穂に登るまでに、私はただ一人で、霧島山群の韓国岳、獅子戸岳、大幡山、新燃岳、中岳へ登って、それぞれの頂上から倦くほど高千穂の美しい峰を眺めた。そして最後に新湯という鄙びた温泉で一夜をあかして、翌朝、高千穂峰に向った。