〔097〕阿蘇山 (1,592m)

標高差:692m

2006年03月28日


日本百名山に戻る

熊本県一の宮町
仙酔峡登山口 R・W火口東駅 火口展望台 中 岳 高 岳
6:10 6:49 7:04 7:28 7:44
登り:1時間34分
下り:1時間20分
高 岳 仙酔峡登山口
7:45 9:05

前日の移動
宮之浦岳登頂後、屋久島フェリーを17時20分に鹿児島港で降りて、九州自動車道を熊本I・Cまで走り、仙酔峡登山口に向う。今日も満天の星空であるが、これには何度も裏切られている。

仙酔峡登山口
メインはR・W乗客者用の駐車場ではあろうが、平日でもあり、朝が早いので車は我々の1台だけ。
駐車場にも火山弾シェルターがあり、コーヒーを沸かす風避けに持って来いである。

三度目の阿蘇山
阿蘇山へは登ったことにしていたが、自転車旅行でも修学旅行でも火口東展望所までしか行っていなかった。
今回は高岳山頂を踏むことが出来、名実共にスタンプを押すことが出来た。
火山性の山、特に阿蘇山の荒々しい山容は是非、天気の良い日に訪れたい、その時にはR・Wでの観光になるかも
帰路に着く
小金くらいは持っているいい年したおっちゃんが普通車で4泊もするのは涙もんであるが、若い頃はこんな旅をしてきた連中なので、昔懐かしい思いだったに違いない。
後はひたすら高速道で帰るだけであるが、先輩達がほとんど運転をしてくれたのは感謝ゞである。
結局、一人当たりの往復の交通費は3万円を切ってくれたが、その分、アルコール代に消えてしまっている。

トータル:2時間55分 (休息時間含む)
Road Map :九州自動車道を熊本I・Cで降りて、国道57号線を走り、仙酔峡登山口へ。
Route Map:仙酔峡登山口からR・W下の遊歩道を火口東展望所へ。中岳から高岳最高峰へ。下りは仙酔尾根へ。
駐車場から見る高岳山頂風景は十勝岳とよく似ている。車の向こうは火山弾用のシェルター、今日は風が強く、風避けに持って来いの建屋である。
駐車場からは簡易舗装された道と階段が火口東展望所まで続く。
1965年にここを歩いた時には簡易舗装はされていなく、岩だらけの道を歩いたのを記憶している。
39分で”R・W山頂駅”に着く。風が強く体が温まらない。
観光遊歩道は山頂駅から火口東展望まで続いている。
シェルターは至る所に設けてあるが、実際に火山弾が飛んでくればここから出られない羽目になるのでは。
この後、目の前の稜線を西から東へ歩いて高岳に向うことになる。
R・Wで簡単に行くことが出来る火口東展望所から見た噴煙。
ここから先へは登山道となり、これから本領を発揮する。(?)
天気が思わしくなく、雄大なる景観であるが見通しが利かない。
下から見る分には穏やかな稜線に見えたが、実際はかなりの
やせ尾根で風が強いので飛ばされない様に注意しながら歩く。
誰の行いが悪いのか今日もガスってしまった。
この景観は魅力的であり、次回は4度目の正直を果たしたい。
1時間18分で”中岳”(1,506m)に着く。風が強いのをいちびって表現しているだけで実際はそれ程でもない。
1時間34分にて阿蘇山最高峰である”高岳”(1,592m)に着く。何故か小さなお地蔵さんが置いてあったので写真に入ってもらう。
”高岳”からは仙酔尾根側に下るが、ここの斜面は半端な勾配ではなく、こちらを登りに使うのは大変と思う。が、72歳のおじいちゃんが登って行った。
溶岩ゴツゴツの斜面であるが、手袋で岩に触れると表面は不思議な程、良く滑る。
仙酔尾根からR・W下の遊歩道側を見る。天気は徐々に良くなってきた。登る時間が少し早かった様だ。
気温は6.5℃、風が強いのでいくら歩いても体が暖まらず、上着が脱げない。
駐車場、R・W駅、パゴタが良く見える。
下山1時間20分にて駐車場に帰り着く。山頂のガスは無くなり、晴れてしまった。
R・Wに乗って登り直すことにしようとしたが、風が強くR・Wは運休してしまった。
草千里
下山を終えた時点でまだ9時過ぎ。充分時間があるので火口反対側の草千里へ観光に行くことにした。
草千里側は仙酔峡側と違い、牧草地が広がる穏やかな山容であり、火口への道乗りも随分近い様に見えた。
写真ではよく見たことのある米塚も観光するが、生憎と逆光であった。
今回の遠征
03/25 03/26 03/27 03/28
モッチョム岳 宮之浦岳 屋久島観光 阿蘇山
日本百名山』  有数のカルデアに圧倒される。
最高峰は高岳
あそざん
「日本百名山から」
なるほどこれは大きい、とつくづく思ったのは、九重山の上から、祖母山の上から、眺めたときであった。阿蘇より高いそれらの山から陥没火口を覗きこむ事が出来た。その中央に立っている所謂阿蘇五岳も数えることが出来た。
時間があれば登ってみたかった”米塚(954m)