〔095〕九住山 (1,787m)
2002年05月05日
踏掛山”から見た久住山までの縦走路、ここからは久住山はまだ見えていない。
ここから先、視界を遮る樹木がなく、高山帯の様相となる。
西千里ヶ浜”から踏掛山を振り返る。
西千里ヶ浜から節理が見事な星生崎(左)と硫黄山(奥)を見る。
避難小屋広場”から久住山のピークを見る。かなり険しそうであるが登って見るとそうでもなかった。
水蒸気噴煙をさかんに上げる”硫黄山”ゴォーゴォーとジェット機の様な音を出している。
2時間丁度で”久住山”(1,787m)山頂に着く。晴天となったが直ぐにガスが掛かってきた。人が多いので直ぐに山を降りる。
37年前に自転車旅行で訪れた牧ノ戸峠。
現在の牧ノ戸峠、昔とは案内板が変わっている。
今回、屋久島を除く九州の日本百名山を全て登るつもりであったが、祖母山の雨でリペアに時間が取られ阿蘓山を見送った。
阿蘓山は上記、37年前の自転車旅行中に登ったことがあり、九州の日本百名山は屋久島を除き終了した。
天候不順のガスにたたられた山が多かったが、海岸からそそり立つ開聞岳、火山性の変化ある韓国岳は再度、冬にでも登ってみたい。
日本百名山に戻る

大分県九住町


標高差:456m
Road Map :県道11号線、やまなみハイウエイ 牧の戸峠の駐車場に車を停める。
Route Map
:牧ノ戸峠の登山口から西千里ヶ浜を経由して久住山を往復する。
今回の遠征
05/03 05/04 05/04 05/05
開聞岳 霧島山 祖母山 九重山
GW中の子供の日でもあり、山頂は多くのハイカーで賑わっていた。
山頂付近から見た噴煙を上げる硫黄山と”中岳”(1,791m)に続く尾根筋。
左手に硫黄山、前方に崩れそうな星生崎を見ながら距離を稼ぎ、降り終えると避難小屋のある久住別れの広場に着く。
沓掛山からは岩だらけの変化に飛んだ山道らしい山道となり、下って行くと西千里ヶ浜の広く平らな散策道となる。
1時33分、3時間30分で久住山を終える。
日本百名山』  まずはGWのハイカーの多さに驚く。噴気もある山頂付近は樹木の無い大展望だった。
くじゅうさん
最高峰は中岳(1,791m)
「日本百名山から」
九州には、霧島、阿蘇、雲仙などの噂の高い山があるせいか、その最高峰は見逃されがちのようである。九州本島で一番高いのは九重山。九重山は山群の総称であってその主峰は久住山。(略)そんな分け前に落ちつくまでに、長い間山名の争奪戦があったそうである。
阿蘓のコインランドリで祖母山で濡れた靴とズボンを乾かす為に時間が取られた後、阿蘓山に向かったが、今日はツツジ祭りなるイベントがあるらしくマイカーは仙酔峡まで入れてくれない。
阿蘓山頂も厚い雲で覆われていて、登っても何も見えない感じ。
今日、二山登るには時間がないので阿蘓山を諦めて久住山に向かう、牧ノ戸峠の登山口に着いた頃には駐車場は一杯で歩いて5分ほどの道路脇に車を止める。
10時に登山口から登り始める、踏掛山まではコンクリートで固めた階段と木製の整備された階段が続くが、そこから先は岩山を登ったり降りたりでかなり変化のある歩きが楽しめる。

急坂を降り切ると西千里ガ浜の平坦な散策道となり、前方に九重山系が広がってくる。
避難小屋まで降りると水蒸気噴煙を上げている硫黄山が見え、ここからガラ場をひと登りすれば2時間を要して山頂となる
ガスが抜けてくれて今回初めての晴天となったが、直ぐにガスが出始めた、人が多いので直ぐに降りる。