〔095〕久住山 (1,787m)
2011年05月04日
久住山は九州で二番に好きな山
九州で一番好きな山である”大崩山”には適わないが、今回の山歩きでぐっと株が上がってしまった。今回の遠征では登る予定では無かったが、天気が回復したので一山増やしたのが功を奏した。どこからでも大展望の九重山系にはもう一度来て見たいものだ。
牧ノ戸峠の登山口は大混雑
昔、G・W中に来た時も駐車場には車が停められなかったが、今回も帰路途中で見たやまなみドライブウエイの牧ノ戸峠周辺には駐車場に入れない車が長蛇の列を成していた。由布岳に向かった中野さんは車を停められたのだろうか。
日本百名山に戻る

大分県九住町


標高差:729m
日本百名山』  今回の遠征で、やっと好きな山に登れた。
Road Map :R422にて久住高原に入り、赤川温泉へと向かうと赤川登山口がある。
Route Map:赤川登山口を基点に久住山、中岳、天狗ヶ城、扇ヶ鼻を周回する。
赤川登山口 久住山 久住分れ 中 岳
5:17 7:08 7:24 7:53
中 岳 天狗ヶ城 久住避難小屋 扇ヶ鼻分岐 扇ヶ鼻 赤川登山口
8:08 8:17 −−− :11 9:29 10:38
トータル:5時間21分 (休息時間含む)
下り:2時間30分(中岳から)
登り:1時間51分(久住山まで)
04/29 04/30 05/01 05/02 05/03 05/04
高隈山 尾鈴山 市房山 国見岳 傾山 久住山
今回の遠征
最高峰は中岳(1,791m)
ウィキペディアから
大分県竹田市(旧久住町)にあり九重連山を形成する火山。標高1,787m。中岳、三俣山などとともに久住山系と呼ばれる山塊をなし、坊ガツルを挟んで東側の大船山等からなる大船山系と対峙する。九重連山の主峰であり、九重連山の山開きは久住山と大船山で交互に行われている。西麓の牧ノ戸峠や北麓の長者原から登山道が整備されている。また、南麓には久住高原が広がる。
早朝、出発準備をしていると、これから出発しようとしていた名古屋の中野さんが俺を見付けて声を掛けて来た。偶然、同じ駐車場で車中泊していたのだ。そうと判っていれば昨夜は酒盛りが出来たのに・・・
俺は久住山は2度目なのでマイナーな赤川登山口を選んだのだが、何で中野さんがこの登山口から登ろうとしているのか理解出来なかった。兎に角、一緒に登ることにして慌てて出発準備をする。慌てた準備なので忘れ物がないか何度もチェックをしたが、この後、GPSのSWを入れてないことに気付く。
赤川登山口の駐車場は上下に二段あり、結構広い。ログハウス風の格好の良いトイレは掃除がされておらず、かなり臭い。
偶然、出会った中野さんと5時17分に出発する。
赤川温泉への車道を進むと左手に登山口があった。
少し歩くと”扇ヶ鼻”と”久住山”の分岐に着く。中野