〔092〕大 山 (1,711m)
2000年05月02日
息子の車の慣らし運転を兼ねて大山登山、島根半島観光のドライブに出る。途中、鳥取砂丘を観光すると登山口である大山寺までは6時間も掛かってしまった。
前日は民宿に泊まり、大山寺周りにはコンビニがないので民宿でおにぎりを作ってもらう。

前日を含め今朝も絶好の天候であるが、気象台も予想出来なかった低気圧が日本海に急に発生し、今日は大荒れの天気になるらしい。

410円の駐車場代をけちり道路に車を止めて、夏山登山道から8時に登り始める。

4合目を通過している時点で地鳴りが続く音が聞こえ、雷か何か判らなかったが、山頂からの崩落の音だった。
5合目からは登山道は完全に残雪に覆われ、アイゼンはもとより通勤靴の我々はスリップに苦しみながら歩き続ける。

6合目の避難小屋に到着。一面の雪野原、山麓には雲が立ち込め期待した日本海は見えない。木道を経て2時間15分で山頂到着。更に深いガスで山頂からは何も見えない、直ぐに同じ道を降り始める。

下りは運動靴の滑りを楽しみながらドンドン降りる。2合目当たりで雨が降ってきたので小走りで急ぐ。下りは走り回ったので1時間半で下り終えた。
前日の大山寺から見た大山全景、雲ひとつない晴天であったが・・・、丁度、さくらが満開となっていた。
四合目付近から残雪が多くなってきたが、登山道にはまだ雪は乗っていない。最初は軽装で充分であったが、登るに従い寒くなってくる。
五合目辺りからは一面、残雪に覆われる様になり、運動靴のスリップに苦しみながら登る。
六合目の雪原(?)。ガスが上がってきて何も見えなくなってきた。
2時間15分で”弥山”(1,711m)に到着したが、ガスで展望は得られず。かなり寒く弁当は降りてから食べることにする。二人とも自慢の(?)通勤着登山。
麓から大山を見た時は、俺に登れるのかなあ?と不安がよぎったが、登ってみると大したことはなかった。今回果たせなかった山頂からの日本海を是非見てみたい、近々登り直す予定。
日本百名山に戻る

鳥取県大山町


標高差:936m
「日本百名山から」
伯耆の国にありながら出雲富士という名もあるのは、この山が整った富士型に見えるのは、出雲から望んだ場合に限るからであろう。私は大山を、松江の城から、出雲大社から、三瓶山の頂から、望んだ。いつも一目でわかる、秀でた円錐形で立っていた。
六合目避難小屋”が見えた来た、避難小屋はほとんど雪に埋もれており、屋根部分しか出ていない。
”六合目”の標識も半分は雪の中。
夏山登山道から登り始め、二合目付近、標高1,200m地点までは残雪はまったくなかったが。
日本百名山』思わぬ残雪に運動靴で四苦八苦。
だいせん