剣ヶ峰 (1,729m)

    標高差:750m
累積標高差:842m

2013年11月02日


日本百名山に戻る

鳥取県大山町
登り:2時間44分
下り:1時間57分
コースタイム:5時間04分
(休息時間含くむ)
ウィキペデアから
夏山登山道から1,710mピークである実質上の山頂弥山にある山頂小屋付近までは登山可能であるが、そこから三等三角点地点や最高点の剣ヶ峰方面へは、稜線が両サイドとも崩落しており縦走は禁止されている。これは特に2000年に発生した鳥取県西部地震以降、山肌の崩落が激しくなって危険なためである。しかし、毎年無謀な縦走を試みる人が後を絶たず、死傷事故も発生している。
Road Map  :米子道を溝口ICで下りて、県道45号線を大山の南に回り、三ノ沢に至る。
Route Map :三ノ沢を登り詰め、槍ヶ峰から天狗ヶ峰、剣ヶ峰に登り、同じ道を下山する。
本人にやる気さえあれば
山歩きに初心者もベテランも無いと常々書いているが、本人に登る気があり、ほんの少し気を付けるポイントを伝えれば、小学生でも今日のコースは歩くことが出来る。
今日、御付き合い願った初心者君も下山時にはベテランの顔になっていた。
今日の温泉
鏡ヶ成の奥大山休暇村に行き日帰り入浴が可能かと聞いてみると入浴料500円でOKの返事だったので入ることにする。露天風呂は無いが浴場は広く、しかもガラガラだったのでリーズナブルな温泉だった。
夜は焼肉と鍋で宴会
4時に別荘に到着すると既に焼肉が始まっていた。風呂上りのビールを呑んでBBQに参加する。暗くなってからは寄せ鍋に切替えて、ビールを呑み倒す。その内、山歩きの疲れから爆睡モードに突入。
今日は蒜山高原で職場の宴会
今夜は年に2回の職場の同僚での宴会であり、例によって有志5名で腹こなしに大山に登ることにした。

〔092〕大山最高峰

9時23分に出発し、三ノ沢右岸に入る。
紅葉、黄葉を愛でに来た観光客が多い。
桝水高原から県道45号線に入り、大山の山麓を南側に廻り込む様に走ると”文珠堂”がある。その裏手には車15台程の駐車場があが、我々の車は駐車場の混雑を避けて道路の空スペースに停める。
仮登山道は黄葉の中にジグザグに設けられていた。
三ノ沢は工事中であり、工事車両用の道路となっている。少し歩くと仮登山道なるものが作られていた。既に正面に剣ヶ峰が見えている。
北面からの登山道が一般的であるが、陽の短い晩秋から冬に掛けては終始、陽が当らず陰気な山になるが、南面から登る三ノ沢のコースは終始、陽が当たり明るく暖かい山登りが出来る。但し、相当デンジャラス。
しばし、草地を進んで行くと、大山がゆっくりと近付いてくる。
何度か砂防ダムの堰堤を越えて穏やかに登って行く。
最後の堰堤を乗り越えると、勝手に大山の”涸沢”と呼んでいる広い河原に出る。この辺りから既にザレ場が始まっているが、傾斜が無いので特に問題はない。数名のハイカーが休憩していたが、どうもこの先へは行く様子がなかった。ここの景色を見に来ただけか?
3年前と同じ好天気の中、三ノ沢から登り始め、一番右端の枝沢まで横断して行く。
ザレ場を登りながら、右手の沢に寄って行く。
今日は職場の遠足なので、これからのザレ場登りに備えて休憩を取る。山歩きは今日が始めての初心者ハイカーもいるので無理をしないで登りたい。
隣りの沢へ移動する途中は草付きとなり、楽チン登りが出来るのであるが、それを過ぎると体力を使い切ってしまいそうなザレ場登りとなる。
いよいよザレ場のクライマックスとなる。極端なザレ場なので一歩進めば半歩下がる。
ザレ場を消化して草付きとなると、勾配が増してくる。
草付きを岩峰目指して登って行く。
振り返り、白く伸びる三ノ沢を見る。
”槍ヶ峰”からの斜面の向こうに”剣ヶ峰”を見る。数名のハイカーの姿が見えていた。
”槍ヶ峰”と思っていた後のトンガリピークにも微かな踏み跡があるが、登ってみると言う者は居なかった。
これが”槍ヶ峰”と思っていたピークを廻り込んで絶壁を登って行く。
この辺りでも充分に転落の可能性はあるし、落石が多い。
ベテランハイカーから後ろのピークが”槍ヶ峰”だと教えてもらうが、どう見て、先ほどのトンガリピークが”槍ヶ峰”に思える。”槍ヶ峰”から”天狗ヶ峰”への尾根道も靴巾分しかない所があり、ここも相当デンジャラスであった。相棒はこの危ない箇所で足が攣る。
”槍ヶ峰”を過ぎれば体力を使う所はないが、精神力を消耗することになる。
天狗ヶ峰”の山頂標識は、綺麗に書かれていたのに、
殆んど見えなくなっていた。
2時間27分にて”天狗ヶ峰”(1,710m)に着く。
今回、登山初心者なのに、行き成り日本有数の危険な山に連れて来られて、どう思っているんだろう。
大山最高峰の”剣ヶ峰”に向けて行軍をする。2回目なので慣れて来たが、恐いのには変わりない。
ゆっくり歩きで良いから滑落だけには気を付けて欲しい。
山頂には入山禁止エリアと思えない程、多くのハイカーが休憩しており、弥山から馬の背を縦走して来たハイカーも居た。
前回より24分遅い、2時間44分にて”剣ヶ峰”(1,917m)に着く。タイムなんて関係無い、全員無事に登れたことに感謝である。
でも下りもあるのでまだ安心は出来ない。
誰かが通れるのなら俺にも通れる自信はあるが、今日は全員を連れて行く訳には行かない。
今日ほど良い条件の日はないが、全縦走は次の機会に残しておこう。実は恐いだけ!
今日は職場の遠足らしく山頂でお昼休憩を23分取って来た道を引返す。
危険度は下山時の方が高いかも知れない。
この辺り、ザレているので危険度高し。
今日も日本海まで見える絶景であるが、霞は多めである。
”天狗ヶ峰”から”槍ヶ峰”に戻る。危険度が伝わる写真だと思います。
もし滑落したら絶対に止まらない斜面が両側に切れ込んでいる。
”槍ヶ峰”から振り返り見る。
どこも同じ様に落ち込みは強烈だ。
足を滑らすと滑落と言うより転落の斜面だ。
草付きから苦手なザレ場に入って行く。
ところが砂滑り程とは行かないが、巧くザレに乗れればスピードが出る。
全員無事下山することが出来て、後は車まで穏やかな道を下るのみ。
紅葉、黄葉の仮登山道を抜けて下山1時間57分にて駐車場に戻る。
立派なホテルであるが、小汚いハイカーの入浴も許してくれた。
40°近い傾斜のザレ場はズリ落ちない様に登るのが精一杯。
踏み跡がほとんど無い岩峰を登って行く。
ベランダでのBBQでは元気にはしゃいでいたが・・・
やがて、それぞれのシュラフで夢の人に・・・
日本百名山職場の遠足第10弾は大山最高峰、剣ヶ峰へ。
けんがみね
鏡ヶ成の休暇村にある ”ホテル奥代山”で汗を流す。