〔092〕大山 (1,729m)

    標高差:770m
累積標高差:1,167m

2010年11月06日


日本百名山に戻る

鳥取県大山町
登り:2時間20分
下り:3時間50分
コースタイム:6時間10分(休息時間44分含まず)
ウィキペデアから
西の方角(特に鳥取県米子市方面)からみた山容が富士山に似ていることから伯耆富士(ほうきふじ)や出雲富士(いずもふじ)の名も持つ一方、北・南壁を見ると溶岩ドームが崩れた荒々しいアルペン的景観により、まるで違う山に見える。一帯は大山隠岐国立公園に指定され、8合目以上には国の特別天然記念物ダイセンキャラボクの日本一の群生地、中腹には西日本一のブナの原生林があり、新緑・紅葉の季節には、崩落した岩壁とのコントラストが素晴らしい景観を生み出している。
Road Map  :米子道を溝口ICで下りて、県道45号線を大山の南に回り、三ノ沢に至る。
Route Map :三ノ沢を登り詰め、槍ヶ峰から天狗ヶ峰、剣ヶ峰に登る。下山は振子沢から鳥越峠越えとする。
駐車地 三ノ沢登山口 最後の砂防ダム 槍ヶ峰 天狗ヶ峰 剣ヶ峰
9:14 −−− 9:51 −−− 11:04 11:34
剣ヶ峰 天狗ヶ峰 振子沢分岐 振子沢 駒鳥小屋 鳥越峠 文珠越 駐車地
12:18 −−− 13:02 13:21 14:42 15:10 15:40 16:08
下山路は最悪だった
同じコースを戻るのもしゃくだったので、振子沢の周回コースを選んだが、コースが長く、結構な登り返しがあり、登り時の三ノ沢の展望の良い道とは雲泥の差だった。しかし、行って見ないとコースの面白無さは判らないので、何事も経験と諦める。
今日の温泉
蒜山高原国民休暇村の綺麗なホテルの日帰り温泉(500円)に入る。浴室は3階にあり、蒜山が望める展望風呂だった。
夜は鍋を囲んで宴会
4時に別荘に集合の予定であったが、山を下りるのが遅く、温泉まで入ったので別荘に着いたのは6時過ぎの大遅刻。が、鍋はもう無いものと諦めていたが、これから始まる時だった。当然、山の疲れもあり、へべれけになり、一番に寝てしまったらしい、毎度のことで記憶無し。
今日は蒜山高原で職場の宴会
今日の夜は職場同僚のオヤジが建てた別荘で8名が集う鍋宴会であるが、有志3名だけが早起きをして大山に登る。

最高峰は剣ヶ峰

三ノ沢の登山口付近は工事中であり、駐車スペースが無かった。駐車スペースを求めて東に走ると路肩に車5台程のスペースがあり、車を停めることが出来た。9時45分に駐車地を出発する。
黄葉を眺めながら県道45号線を歩くこと10分で登山口に着く。
三ノ沢登山口は重機で工事中であったが、登山道に入るのには何の支障もなかった。はっきりと駐車禁止と書かれていた。
マイナーなコースなので碌な道が無いだろうと思っていたが、意外や意外、歩き易い道が続く。紅葉、黄葉を撮影しに来たカメラマンも多い。
心配していた砂防ダムの堰堤越えもなく、楽チン道が続く。今日はどう考えても天気は最高、風もまったく無い。
今日の我がチームは超ベテランおやじに超ビギナーの異色トリオとなり、さてどこまで行けるやら。超ビギナーは三鈷峰に連れて行った時もびびらなかったので大丈夫とは思う。
37分にて最後の砂防ダムを右岸からよじ登る。ここはロープの設置があり、ロープを頼らないと登れない程の急勾配だった。
砂防ダムの上から振り返り見ると蒜山が見えているが、もやっておりパッとしない景色であった。
砂防ダムの上は大山が崩壊した砂礫で埋め尽くされていた。ここから先は頼りない踏み跡を探しながらの歩きとなる。
ここから見る大山は真に”関西の涸沢”であり、これから”関西のザイテングラード”を登ることになる。大山は晩秋から冬季に北側のメジャールートから登ると、山影になってしまい、陰気な景観となるが、マイナーな南側から登ると、この雄大な景観が得られる。
雪の上が一番歩き易く、雪がなくなると極端なザレ場となり、一歩の内、半歩は下がってしまう。
雲一つない青空の元に奇岩と積雪の又とない景色であるが、この辺りから砂走り的なザレ場となり、前に進まなくなってくる。
”槍ヶ峰”を目の前にして、岩峰登り的なスリリングな登山道となり、俄然、楽しくなってきた。
この辺りまではずーっとザレ場だった。下山に使うには困難そうなので、振子沢から下りたいと思う様になってきた。(これが大きな間違いだったのだが・・・)
登ってきた谷筋と尾根を振り返り見る。真ん中が”三ノ沢”で右側が”二ノ沢”となる。
”槍ヶ峰”の尾根筋に出ると俄然、アルペン的な風景が広がる。但し、どこを指して”槍ヶ峰”なのかがさっぱり判らない。ここまで、これからも道標がまったく無いのだ。
”槍ヶ峰”から”天狗ヶ峰”まではナイフリッジが続く。でもこれはほんの序盤であることが後で判る。
1時間50分にて”天狗ヶ峰”(1,710m)に着く。ここで待っていてくれた様に”HPを出している人ですよね!”と話し掛けてくれる人が居た。高知から我がHPを見ていてくれているらしい。しっかりと装備された二人とは対象的によれよれズボンにTシャツの貧相な我が姿を見て、がっかりされた様子だった。
女性が剣ヶ峰を往復するのに驚いたが、彼女はラッセルもいとわない勇猛果敢な女性らしい。因みに俺にはラッセルは出来ない。
”天狗ヶ峰”側から”槍ヶ峰”方向を振り返り見る。
斜面の崩壊は続いており、パラパラと砂礫が落ちていく。足元が崩れればこの斜面をまっしぐらにあっと言う間に下に着いてしまいそうだ。
”天狗ヶ峰”から先は前回ビビッて敗退したところだ。天気も良いし、風も無いし、女性でも歩いているし、もう行くしかない。
今年6月に”三鈷峰”に登り、絶対に行かないと誓った尾根筋を今歩いている。丁度4年前に怖くて敗退しているのだが、今日はウソの様に恐怖心が無い。自分の事より超ビギナーが心配で、入社1年目の彼に事故に合って貰いたくないので、あれこれと注意してしまう。
前からと後ろからとコース取りを指示するが、彼は落ち着いている様に見えるが、内心は相当にビビッていたらしい。(ビビるのが当然)
”剣ヶ峰”の石碑が見えている。もう少しだが、ギリギリまで崩壊帯は続く。
今日、お付き合い頂いたメンバーと記念撮影。いつもなら飯を食ってささっと下山するのであるが、彼らはお湯を沸かしてカップメンを食べだした。その後のコーヒーまでブラブラと狭い山頂で時間を潰す。(剣ヶ峰山頂で44分も休憩)
2時間20分にて”剣ヶ峰”(1,729m)に着く。
この石碑は山頂標識と思っていたが慰霊碑だった。
”天狗ヶ峰”からのナイフリッジを見る。我思うに”日本一危険な縦走路”だ。これを又、帰らなければならない。
”剣ヶ峰”から”弥山”(1,711m)を見る。弥山には一般登山道から登ったハイカーが沢山居るのが見えた。
果敢にも弥山側へ縦走していったハイカーが”ラクダの背”で戻ってきた。危険そうなので止めたとか。
先ほど通った尾根をこの後通ることになる。しかし、いい景観だ。
ただ一言、いい感じ!
右の薮の中にエスケープルートがあったので入ってみると、全面凍結していて、エスケープルートどころではなかった。
やっと休憩を終えて下山してくれることになった。下りも注意して行きましょう。
”天狗ヶ峰”を過ぎてもナイフリッジが続くが、ここは往復した経験があり、精神的な余裕あり。
砂山を軽く歩いている様に見えるが・・・
つまづくなよ!無事に帰ろうぜ。
ユートピア小屋にも三鈷峰にも沢山のハイカーが居るのが見えた。三鈷峰への登りも結構、デンジャラスであったが、ここはその比ではない。
下山44分にて”振子沢分岐”に着く。ここまでも、ここから先も道標がまったく無く、道間違いに注意しながら尾根を下りる。
尾根筋が終わると”振子沢”に向けて激下りとなる。
”振子沢”に入ると、道は無く、ただ沢を歩くだけとなる。
石がゴロゴロした歩き難い沢道が長く続き、退屈で何も面白みがない。この頃にはこちらに廻ったのが失敗だったと後悔が始まる。
邪魔されて困る程の積雪はなかった。
ちょっと変わった岩があったのはここだけ。
冬枯れのこの季節はまだましだが、夏場でのこの道は薮扱きで大変だと思う。
写真で見ると綺麗な紅葉だが、実際に見ている時は大したものではなかった。
河原から随分、上の方に屋根を見付ける。ロープ場を登ってみると”駒鳥避難小屋”に着いた。内部は隙間だらけで遭難しそうな避難小屋だった。ここからは鳥越峠まで、もう一山登ることになり、退屈で面白くない道が長く続く。
振子沢から広い河原の”加勢蛇川”に出たところで道を見失う。一旦は上流側の谷間を目指すが、思い直して下流に進むことにした。結果は正解でほっとする。
3時間50分で下山を終えて、車で鍵掛峠まで行くが、夕焼けの大山を見る観光客で一杯で駐車場に入れず、更に東に進んで、道路脇から”烏ヶ山”の夕焼けで我慢する。烏ヶ山より手前の1,201mピークの紅葉が綺麗だった。
日本百名山』 ついに大山の最高峰、剣ヶ峰に立つことが出来た。
だいせん