〔091〕大峰山 (1,915m)
2002年03月10日
昨日は大台ヶ原が通行止めで諦め、大峰山も通行止めであったが、車で登山口まで行ける道を探している内に一日が終わり、天川村の民宿に泊まることになった。
1時間20分の林道歩き

昨日、探しておいた林道閉鎖ゲートから9時17分に布引川沿いの舗装道路を歩き始める。川の水はエメラルド色で美しく、崖側には大きなツララが氷壁となっている、山の景色も目を楽しませてくれるが、兎に角、林道が長い。
行者還登山口
10時27分、1時間10分舗装路を歩き登山口に着く、上から降りてきた人がアイゼンを持ってきていないので登れないと下山してしまった、息子は運動靴、大丈夫か?、行けるところまで行くことにする。
残雪の残る急登が始り、どこにも凍結したところはないが運動靴さんはスリップに苦労している。
シャクナゲの多い急登を1時間登ると奥駈道出合の尾根の肩に出る。6人程のグループが休憩していたのが、我々は休憩せずに進む。ここからは、穏やかな尾根道となるが、残雪は更に多くなり足が潜りこんでしまう。天気は最高、石休ノ宿跡、弁天の森を過ぎる辺りで前方に山頂が見える様になるが、遥か遠くで帰りの時間が心配になってくる。降りて来た登山者に話を聞くと、後1時間半は掛かると言う。そんな格好なら引き返した方が良いとアドバイスをもらうがもう少し行ってみることにする。
時間切れ敗退
更に進んだ地点で思い直し、12時21分に引き返すことにした、体力は十分残っているが、下山が日暮れになる恐れがあるので勇気ある撤退とする。
冬季の通行止をまったく知らなかった。車止めゲートから登山口まで林道を歩くことにするが、何キロあるのか判らない。
林道に沿った布引谷の沢水がびっくりする程、透明感があり綺麗だ。
透明度の高い大きなツララが沢山出来ており感激。
登山口からは残雪の急登が1時間続く。周辺はシャクナゲの木が多く、春には花を楽しませてくれそう。
奥駈道出会からは平坦な尾根道となるが、その分、残雪は深くなる。
息子は運動靴に拘り、運動靴で頑張っている。
見えている山頂は”弥山”(1,895m)。大峰山の最高峰”八経ヶ岳”はここから見えていない。
登り始めて3時間、帰りの時間を考えて大きな朽木の地点で引き返すことにする。最高の天気で勿体無いが、残雪期に無理はしたくない。次回、リベンジ時はこの朽木を越えれる様に頑張りたい。
2日間で大台ヶ原と大峰山を登るはずであったが、林道通行止めの予期せぬことで二山とも完登出来ずに終わってしまった。ネットで調べた時に12月から4月まで登っている人が居ないので雪が多いせいと思っていたが、林道閉鎖のことは何も書いていなかった、この辺の情報の無さが登山クラブに入っていない弱みか。
日本百名山に戻る
関西百名山に戻る

奈良県吉野郡上北山村


標高差:821m
Road Map :天川村からR309に入るが、冬季通行止めだった。
Route Map:林道ゲートから林道を行者還登山口まで。奥駈道出合から弁天ノ森を過ぎた辺りで敗退。
林道の舗装はしっかりしているが落石が多く、冬季通行止めが頷ける。
林道途中に”氷瀑”が出来ていたので見学する。
引き返し地点にマーキングを残すが、次回、リベンジで来た時にこのマーキングが残っていないのは明白。
弁天ノ森”付近はフラットな奥駆道が続く。
登山口まで車で行ける予定であったが、冬季通行止めでゲート前に車を停める。
日本百名山
関西百名山』  天気は最高だったが、冬季林道通行止めを知らずに林道歩きで時間を取られ途中敗退となる。
おおみねさん
最高峰は八教ヶ岳