〔090〕大台ヶ原 (1,695m)
2002年04月27日
遊歩道を歩くだけで山頂まで登れると聞いていたので、軽い気持ちで大峰山を登った後に登ることにしたが、確かに日出ガ岳までは簡単に登れた。
山頂は残念ながらガスが立ち込め周りの景観は何も得られず。
正木ガ原、牛石ガ原と周遊道を歩いている内に大峰山の疲れが出てきて足が動かず、おばはんにも抜かれる始末となる。
行ってもガスで何も見ないのは判りつつ、思い足を引きずり、
大蛇ー(だいじゃぐら)までの余分を往復する。
シオカラ谷への下り、登りで更に足に負担を掛けてしまい、立山ほどの辛さではないが、とことんまいったさんになってしまった。
2時間歩いて駐車場に着く、今日は大峰山と合わせて7時間歩いたことになる。
”日出ヶ岳”の山頂までは遊歩道で簡単に行けたがあいにく、ガスで覆われて何も見えない。
さっそく迎えてくれた人なつっこいシカさん。
日出ヶ岳山頂展望台”から見た大台ヶ原、手軽に登れるので観光客が多い。
自然保護の為の木組み階段であるが、手遅れのような気がする。
有名な”正木ヶ原”の朽木原。
シカは都合3箇所で見かけた。
晴れた時に来たかった”大蛇ー”、今回はガスで全然怖くはなかった。

奈良県吉野郡上北山村


標高差:123m
約15分にて”日出ヶ岳”(1,695m)に着く。時計を忘れて来たので計時は不正確。山頂にピーク感はまったくなくフラットな台地に三角点があるのみ。
日本百名山
関西百名山』  残念ながらガスガスで展望は得られず残念で終る。大台ヶ原のシカは人懐こかった。
「日本百名山から」
大台ケ原は昔は大平と呼ばれた。それが大平原となり大台ケ原と変わった。それにさらにご丁寧に「山」を付けて、現在では大台ケ原山と呼ばれている。昔の人が端的に大平と名付けた通り山上は広い高原で、樹木が繁茂しているのは雨量の多いせいである。
おおだいがはら
最高峰は日出ヶ岳
日本百名山に戻る
関西百名山に戻る