〔086〕光 岳 (2,591m)

    標高差:1,711m
累積標高差:2,493m

2006年10月08日


日本百名山に戻る

長野県飯田市
登り:5時間41分
下り:3時間43分

前日の移動
世間は体育の日が土日に引っ付いて3連休である。当然、紅葉が始まった北アルプスは混雑が予想される。
南アルプスなら営業小屋は既に締まっており、比較的、混雑はしないと思われる。光、聖、塩見を3連登しようと思ったが、初日の10/07の天気が思わしくなくなり、10/07は移動日とし塩見は諦める。易老渡までの林道入口が見付け難く、大変な林道だと聞くので夜中に林道を走るのは避けたかったのもある。
中央道を飯田ICで下りて県道251号線から矢筈(やはず)トンネルを抜け国道152線を南下、上村の上島トンネル手前から日本のチロル”下栗の里”への道に入る。この道は狭く険しく、北又渡発電所からの林道は落石が多く予断を許さない。上島トンネルから易老渡までは20kmの道程。
易老渡登山口
村道に入って直ぐに都観光の大型バスに道を阻まれ、北又渡発電所までの間は道を譲ってもらえなかった。
易老渡の駐車場に着いたのは17:30.駐車場の半分は車で埋まっていたが人は誰も居ない。我が車の横に一緒に林道を走ってきた長野からの御夫婦が車を停められた。

トータル:10時間08分 (休息時間含む)
「日本百名山」から
頂上は狭かった。少し行くと、御料局三角点のある頂上がもう一つあった。ここの方が幾らか広い。パインアップルのカンをあけ、一株のハイマツの根元に腰をおろして休んだが、そのハイマツこそ日本最南端のものであった。
Road Map :上記の通り。
Route Map:易老渡〜易老岳〜光岳を往復。下山時にはイザルガ岳に寄ってみる。
易老渡 面平 三角点 易老岳 三吉平 静高平 光小屋 光岳
5:35 6:50 8:40 9:03 9:56 10:37 11:01 11:16
光岳 光小屋 イザルガ岳 易老岳 三角点 面平 易老渡
−−− 12:00 12:14 13:40 13:56 14:54 15:43
登山口からは遠山川を挟んだ向かいの山を登ることから始まる。
易老渡登山口の駐車場。前日は左側一列が満車状態であったが、下山してみると駐車場に入り切れない車が道路沿いにも停めてあった。
6時の出発を予定していたが、お隣さんがそそくさと出発するのを見てこちらも5時35に出発する。遠山川を渡る登山口の橋。登山届けポスト有り。熊出没注意の立て札が目に入る。
かろうじてヘッデンが要らない明るさではあるが、写真を撮るには暗過ぎる。6時過ぎまでの写真は下山時のを使っている。
3時間05分を登り通して”三角点”が現われたので易老岳に着いたと喜んだが、単なる登り途中の三角点だった。
シラビソの樹林帯で展望はまったく効かない。辛い登りだけが延々と続いている。気温は9℃と高目ではあるが台風の余波で風が強く、体感温度はかなり低い。
易老岳から光岳方向へ下っていくと初めて光岳への展望が開ける。
3時間28分で”易老岳”(2,354m)に着く。ここまでの登りは長く辛かった。ネットで知らされている通り、山頂はフラットで雑木に覆われ展望は無い。山頂を示すのは三角点と手書きの標識だけ。
最鞍部の”三吉平”(2,200m)は展望が良い。対面にはしらびそ高原に走る林道とハイランドしらびそのホテルが見えている。その後はガスが掛かっているが中央アルプスの山並みが見える。
まだ本番までには少し早い様であるが、紅葉、黄葉が始まっていた。
駐車場でのお隣さんになった長野からの御夫婦と、もう一人、神奈川との人の4人で着かず離れずの行動となる。
沢筋の急登をこなすと、5時間02分にて水場のある”静高平”に着く。左に伸びるスロープはイザルヶ岳に続く。
”センジヶ原”の亀甲状土は土がモコモコしているだけで成因が何か判らない。湿原としては規模が小さい。これが天然記念物?
静高平の上にイザルヶ岳への分岐点があったが、帰りに登ることにする。
センジヶ原”に木道が伸びるが、既にお花は何もない。
東面には頂部のみ冠雪した富士山が見える。富士山は全体が真っ白でないと美しくない。
振返ると聖岳の雄峰が聳えている。光岳より遥かに高く、険しそうである。
あくる日に聖岳を登ってみると光岳よりは楽に登れたのが不思議だ。
光小屋の内部。2階が寝室になっており、非常に綺麗な小屋である。
5時間26分にて光小屋に着く。営業は9月17日で終了しており、今は無料開放されている。
光小屋から15分程歩けば”光岳”(2,591m)に着いた。展望が無いとの話しではあったが、富士山も見えるし、思ったより展望は得られていた。易老渡の登山口から光岳山頂までは5時間41分掛かっている。
小屋にザックをデボした今日の仲間が登って来たので山頂で撮れなかった証拠写真を展望所で撮ってもらう。山頂から光石まで降りる道があるが、登り返しがきつそうなので行くのは止めておく。
い長い下山
いつも通りピストンとなると退屈な長い下山が待っている。
どこを見ても同じ景色、時間薬だけが解決してくれるので歩き続けなければならない。沢音が聞こえだして、今日は道間違いもずっこけも無く無事に終わったなーと考え出した瞬間、思いっ切り大転倒をして左腕を擦り剥いてしまった。
3時間43分にて下山を終え、トータル10時間08分で光岳を終える

神奈川からの人は北岳を2時間で下山したと言う。下りに掛けては山仲間で一番遅いおいらではあるが、何とか付いて行けた。只、相手は小屋泊まり用の重いザックを背負っていた。
明日は聖岳
神奈川からの人も長野からの人も聖岳は既に登っていると言う。
長野からの人の情報では5時間半で登れたらしい。光岳は6時間近く掛かっている。聖岳は光岳より400mも高いのにそんなに短時間で登れるのだろうか。聖岳には登り返しが無いと言うので、それが時間差に出ているのかも知れない。
寂しく一人で夕食とする
易老渡まで入ると自炊するしか手立てがない。幸い、子供が小さい頃にキャンプで使った炊事用具が出てきたので助かった。バーナーのガスは20年前の物であるが火力は充分であった。
レンジでチンのご飯は便利である。湯煎の後はそのまま食器として使えば汚れる物がない。今日は定番のカレーとビールのみ。
三吉平の最鞍部からは石がゴロゴロした谷筋の登り返しが始まるのだが、これが結構堪える。
展望所から見た寸又峡への縦走路。まだ寂しいが紅葉が点々と見えている。展望所で景色を眺めながらお昼とするが、おにぎり1ヶが喉を通らない。
イザルヶ岳”(2,640m)へは登山道から15分程で着いた。イザルヶ岳は360°の大展望であり、光岳よりかなり格上に感じる。こちらを百名山にしてもおかしく無い位だ。見えているのは左、聖岳、右、上河内岳。
駐車場にテントを張って寝ていた二人組みがMTBを担いで上がってきた。ハイキングコースを走るMTB野郎には嫌な思いだが、ここまでやられると敬意を表したくなる。ロールアウトの加藤氏は失敗はしたがMTBでキリマンジャロを登ろうとした。
早朝の暗い中、朝飯を作って食べていると長野からの御夫婦は”お先に!”と出発してしまった。
1時間02分の地点に光岳まで9.7kmの表示有り。易老渡からなら10kmを越えているのか!!!
1時間15分にて面平に着くが急登部が無くなり少し平な部分が広がるだけで展望が相変わらず得られない。
展望も無く見所も無く、3時間以上も淡々と急斜面を登り通すのは本当に辛い。
笠新道が三大急登と呼ばれているが易老渡も笠新道に匹敵するきつさと思う。
殺伐とした枯木帯を通り、縦走路は更に下っていく。
山頂の直ぐ横に展望所があった。眼下には光石が見え、遠くに目をやれば遠州灘が見える。遠州灘から光石が見えると言うのはガセねたと思うが真実の程は?
バックをデポした連中は小屋に戻り、お昼を仕出した。付き合いでもうの1ヶおにぎりを食べて休憩する。二組ともベテランさんなので知らない山名がポンポン出てきて話に付いて行けなかった。まだまだ経験不足です。
雑記
ネットで見ている限りでは光岳には良い印象を抱けず、登りたいと思ったことはない。実際に登った感じでは予想以上に好きになれない山になってしまった。6時間近く頑張って登った山が高山帯でないのが許せないし、長い行程に見るべきものが何もない。百名山を目指す人は登らなければしょうがないが、山を楽しみたい人は登らない方が良いかと思う。
日本百名山』  易老渡から易老岳までが展望の利かない地獄の登りだった。
”イザルヶ岳”分岐には植物保護の為、ザックをデポする台まで用意されていた。イザルヶ岳には下山時に登ってみたい。
日本にみどり色のヘビって居たの?
”センジヶ原”の木道は”光小屋”目指して伸びている。
”光岳”と思われるピークは単なる薮山に見える。
”光小屋”での休息は後にして、まずは”光岳”に急ぐ。
当然、直ぐ横の展望台に行ってみる。
帰りの駄賃として”イザルヶ岳”に寄って見る。
”イザルヶ岳”の山頂からしょぼい”光岳”を見る。
山道具は買わない主義のおいらには、自炊道具は昔のファミリーキャンプ用しかない。まぁ、ビールさえあれば何所ででも寝れる。
今回の遠征
10/08    10/09
光 岳 ⇒ 聖 岳
てかりだけ