〔080〕北 岳  (3,192m)
〔081〕間ノ岳
(3,189m)

標高差:1,672m

2004年08月08日



山梨県芦安村
前夜、広河原駐車場に着いた時には大雨で明日の登頂は無理に思えた。起きてみると嘘の様な晴天、慌てて仕度して5時20分の遅い出発となってしまう。

大きな吊り橋を渡り広河原山荘の横から登山道は始まる。吊り橋付近からは北岳の山頂が望める。昨日の大雨の影響か、大樺沢(おおかんばさわ)の流水はゴォーゴォーと大きな音を立てて濁流となっている、迫力がある。登山道にも水が流れ防水の効いた登山靴でないと難儀しそう。幸い何度か渡渉する橋は流されておらず一部の沢渡りを除いて苦労するところはなかった。

7時13分、約2時間を要して肩ノ小屋への分岐点となる。間ノ岳を先に登りたいので迷わず大樺沢を直進する、沢道からは終止、北岳の山容が見えており、どんどん近づいてくる。分岐点を過ぎた辺りから登山道は薄くなり沢中を歩くようになり斜度もきつくなってくる。北岳のバットレスにはクライマーが3人張り付いているが見ている間はほとんど進んでいない。

3時間20分で八本歯の取り付きとなり、梯子の連続する急斜面になる。3時間45分で八本歯のコルに着く、急登に息が切れて休憩ばかりとなる。八本歯の尾根筋でも急登と梯子が続き、4時間20分で北岳、北岳小屋への分岐に着き、トラバース道へ進む。トラバース道は崖っぷちに鉄梯子を儲けただけのスリル満点な道であり、オトギリソウを始め沢山の花が咲いている。

10時10分、4時間50分で北岳山荘に着く、登りのきつさから予定以上に時間をとられてしまったので北岳山荘に泊まろうかとも思ったが、便所の匂いが周囲に充満しており、ここに泊まるのは見送った。ガスがどんどん上がってきて見る間に景観が得られなくなってきた。

北岳山荘から尾根道を登り、5時間30分で中白峰山(3,055m)に着く、下山者からここの裏斜面に雷鳥が居ると聞いたので、一緒に登ってきたおねーちゃんと見に行く。親鳥が2匹、子供が4匹程ピヨピヨと鳴いていた、初めて見る雷鳥に感激。11時48分、6時間30分で間ノ岳山頂に着く、ガスって何も見えない。

昼飯を食ってから北岳小屋に引き返し(やはり臭い)、北岳へ直登する。かなりの急斜面で疲れた足にはかなり堪える。2時10分、8時間50分で北岳山頂に着く、ここもガスで何も見えない、山で何も見えなければ登った値打ちはないと思っている。
肩ノ小屋側に降りるが足はよろけているし、今にも雨が降りそうな天気となる。
時間も時間だし4時間の下りは辛いので日帰り登山を諦めて肩ノ小屋に泊まろうと思ったが、小屋に近づくにしたがって学生の騒ぎ声が聞こえ出したので急に泊まりは嫌になり、下り終えることにする。

肩ノ小屋から1時間も歩けば雨が振り出し、泊まりを止めた作戦失敗が悔やまれる。夏山の天気は午前中10時までは晴れて昼からガスるのが毎日のことらしい、展望を得るには小屋泊まりが必須と言っていた。
沢に降りる右俣コースは一面のお花畑であるが折り返し道となっている為に距離がやたらと長い、地図でみる距離より4倍はありそうな感じ。この時間になってもカッパを着てどんどん登ってくる、幾ら良いカッパでも登りで汗を掻けば中から濡れてしまい着ていないのと同様と思う、安物で充分か。

沢に下りてから日が暮れるまでに帰り着きたいと思うが、足が前に進んでくれない、牛歩で歩き続け6時15分、全工程13時間で駐車場に帰り着く

六甲山全縦走56kmを含めても最長山歩き時間となってしまった。これを機会に本題の”楽して登る百名山”に戻ろうと思う。
広河原への交通
夜叉神〜広河原:マイカー乗り入れ禁止、市営バス、タクシーのみ
奈良田〜広河原:時間制限規制
上り方向− 4:00〜10:00、13:00〜14:00、18:00〜19:00
下り方向−11:00〜12:00、15:00〜17:00、20:00〜21:00

北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳の前線基地になると思っていたが、上記交通規制により山を降りてからの温泉にも入れず、食料の買出しは43km離れた早川まで走る必要があり、時間制限の為にうまく帰れない可能性大である。
日本百名山に戻る
今回の間ノ岳、北岳のコーズ、クリックで拡大します。
広河原の駐車場、全体ではこの4倍程の広さがある。
左端はトイレであるが結構汚い。
広河原から見た朝日を浴びる北岳。早朝は雲ひとつない良い天気だったが・・・
よく揺れる長い吊り橋を渡ると登山道が始まる。
昨日の大雨の影響か、登山道の大半には水が流れており沢歩きの様相。登山靴なら濡れる心配はなかった。
ゴォーゴォーと音を立てて流れる大樺沢沿いの登山道には5箇所以上の渡渉があり、水量が多くスリル満点である。
肩ノ小屋への分岐点を過ぎた辺りから大樺沢と北岳山頂を見る。沢道を歩いている間の大半は北岳が望めた。
更に進むとバットレス(意味が判らない)の側面に出る。
振り返り見た”鳳凰三山” この時間は逆光なので後でゆっくり写真を撮るつもりだったのだが,下山時はガスってしまって何も見えない状態になってしまった。山の写真は撮れる時に撮れの鉄則を改めて思い知らされた。
八本歯下になると道らしい道はなくなり沢沿いに登っていくのみ。
この高度でも沢水は流れている。
北海道のイワブクロに良く似た
ホタルブクロ
バットレス”に二人のクライマーが張り付いているが、全然進まない様に見えた。
八本歯への取り付きの梯子、コルまで梯子が続く。
ここを登り切れば”八本歯のコル”となる。
”八本歯のコル”から見た北岳山頂、急登は続く。
人懐っこいイワヒバリ”は結構見掛ける。
大樺沢から低レベルのデッドヒートを繰り返してきたあんちゃん。彼はここから直接、北岳に登ると言うのでここで別れる。

北岳小屋への”トラバース路”、スリル満点だし、不毛の地に見える岩壁に結構お花が咲いていた。ここに道を築いた人は偉い

トラバース路から見た”北岳小屋、間ノ岳方向にはガスが出てきた。
北岳小屋近くから見た仙丈ヶ岳この後はガスが出てきて仙丈ヶ岳の山姿はこれが見納めとなった。
北岳小屋から見た北岳方面、ここからは山頂は見えていない。
この尾根筋が登山道となる。
中白峰山で見た雷鳥親子、矢印に居るが保護色で見付け難い。
中白峰山”から縦走路を見る、間ノ岳はまだ見えていない。
再び”イワヒバリ”、近くに来るのでシャッターを押してしまう。
6時間30分で”間ノ岳”(3,189m)に着く
タカネシオガマは本当に綺麗な花だった。
トウヤクリンドウ”は、花が開いているのを見たことない。
イワベンケイの仲間、結構地味であるが感じが
カランコエに似ている。
鳥にかじられたイワギキョウ
北岳への急登、ガスで景色が見えない分、余計につらい、これが山頂ではない、山頂はまだまだ先。
8時間50分を要して”北岳”(3,192m)に着く。ここもガスで何も見えない、鳳凰三山を見たかった。
北岳のバットレス全容。北岳山頂、肩の小屋はバットレスに阻られてここからは見えていない。
小屋泊まりを覚悟していた間ノ岳、北岳であったが、諸般の事情で日帰りとなってしまった。長い下山時途中では雨も降り出し、足は思うように動かなくなってしまった。牛歩で進み何とか日暮れまでには下山することが出来たが、全工程13時間は流石に堪えた。
間ノ岳 「日本百名山」から
『甲斐国志』の指す三峰がいずれにせよ、白峰三山は現在の北岳・間ノ岳・農鳥岳であることに間違いはない。ただ私にとってやや惜しく思われるのは、農鳥という山の名を間ノ岳のために取っておいて欲しかったことである。
北岳 「日本百名山」から
この北岳の高潔な気品は、本当に山を見ることの好きな人だけが知っていよう。白峰三山の中でも、北岳は形がスッキリしていて、清秀な高士のおもかげがある。(略)惚れ惚れするくらい高等な美しさである。富士山の大通俗に対して、こちらは哲人的である。
'11年現在、この情報は古過ぎる。
残念ながらガスで何も見えない。これで済んだ訳ではなく、直ぐに引き返してもう一つの目的である北岳に向う。
北岳山頂から肩の小屋への下り道。山頂にはまだ多くのハイカーが休息している。
日本百名山』  登り始めの天気は最高であったが、山頂ではガスに覆われてしまった。
常々、山登りのどこが面白いのか疑問を持ちながら、今回の様なしんどいことをすると、もう止めようと思ってしまう、しかし下山してしまうと次の計画が頭の隅に芽生えてくる。
歳も歳だし、いつまでも貧乏性と言っておらず、今後は優雅に山小屋泊まりのゆっくり山登りをして行きたいと思うが、便所の臭さと団体さんの騒ぎ声に我慢できるかどうか?、それに温泉に入れないのが辛いが、山小屋でビールをキューと呑むのは憧れではある。