〔080〕北 岳 (3,193m)

標高差:1,657m

2011年10月10日



山梨県南アルプス市
日本百名山に戻る
Road Map :中部横断道を増穂ICで下りて身延まで南下し、県道37号線を奈良田まで北上する。
Route Map:奈良田からシャトルバスで広河原に入り、白根御池小屋、肩ノ小屋を経由し北岳に登る。
            今回は北岳山荘で宿泊する。
広河原 白根御池分岐 肩ノ小屋 北 岳 北岳山荘
7:21 :24 12:09 13:21 14:28
登り:5時間23分
下り:1時間01分(北岳山荘まで)
コースタイム:7時間07分(北岳山荘まで、休息時間含む)
前座の山で足が壊れる
今回の目的山は北岳、間ノ岳のリベンジ、農鳥岳への登頂であったが、3連休では山小屋が混雑するので、一日は鳳凰三山に登り、時間を潰すことにしたが、標高差が北岳より大きいことを知らず、普段の運動不足から本ちゃんを迎える前にちゃんと歩けない程、足が壊れてしまった。
日本百名山』  10月10日は晴天の特異日、よってリベンジは成功する。
6時30分の始発バスには6名しか乗車しなかった。
多くのハイカーは始発時間の早い夜叉神峠に行っている様だ。
現在は”マイカー規制”されている林道であるが、'04年の夜中にマイカーでここを通ったが、道は狭く、トンネル内は屈曲しており、18kmもある林道には泣かされたものだった。バスの一番前に座り、それを懐かしく思い出した。
奈良田発の始発便は6時30分と遅く、その間、昨夜、晩飯をご馳走になった静岡の”やくざの親分”風のオヤジと、運転手、車掌と談話し、時間を潰す。バスの運賃は千円のはずであったが”マイカー規制協力金”の名目で+百円取られたので、マイカー規制して金を取るのはおかしい、林道整備協力金にすべきと散々文句を言ってしまった。車掌さんも同感と言っていた。
野呂川に掛かる長い吊橋を渡り、山歩きを開始する。昨日の鳳凰三山でのダメージが残っており、平地を歩くのにも足に痛みを感じる始末。
7時20分に”広河原”に着く。さすが10月10日の晴天特異日だ。
前回もこんな晴天だったが真夏の登頂だったので上がってくるガスに抜かれ、山頂ではガスって何も見えなくなってしまった。今回はそれのリベンジである。
吊橋を渡って直ぐの場所に”広河原山荘”が建っていた。ここで夜叉神峠からの乗合いタクシーで来られた姫路(太子町)の御夫婦と出会う。御近所なので同じ関西弁で直ぐに打解けてしまった。
前回は大樺沢から八本歯のコルに登り、沢道の楽しさを堪能したので、今回は詰まらないであろう尾根道を行くことにする。
太子町からの御夫婦と着かず離れずで歩くが、付いて行くのが一杯一杯で、苦しい登りを強いられる。
明るく雰囲気の良い尾根道であるが、勾配は一環してきつい。足に昨日の疲労が残っているのできついと感じるだけかも知れない。
1時間22分登り続けた地点に”あと20分で急登終わりです”の手書きプレートがあったが、逆にまだ20分も急登かよーと思ってしまった。
要所に休憩の広場があるが、いつも通り”牛歩、休まず”の作戦でゆっくりではあるが標高を稼いで行く。
1時間37分で急登は終わり、水平道となる。ここから”白根御池小屋”までは散策気分の歩きと行きたい所であるが、足は動かない。
鳳凰三山への展望が得られる様になって来たが、ここからは地蔵岳は見えていない。
太子町の御夫婦はここから大樺沢二俣に出て八本歯のコルに向かう様であるが、俺は草すべりから北岳を目指すことにする。
2時間03分にて”白根御池小屋”に着き、ぐったりと休憩する。ベンチに座ってしまい、小屋の様子を見に行く元気はなかった。
多くのハイカーが休息しているが、大半は下山者であり、今日、登って来るハイカーは少ない。ここで12分休憩して出発する。
白根御池小屋の直ぐ横にある”白根御池”。溜まり水で綺麗くはないが、鳳凰三山とのコントラストが抜群に思えた。残念なことにまだ”オベリスク”は見えていない。
草すべりの斜面を前泊のハイカーが続々と下山して来る。東京から来られた70歳のハイカーと登りが同期するが、このジジィ、ペースは遅いがまったく休憩せずに登り続けるので、息切れで小休止するおいらは引き離すことが出来ず、最後まで一緒だった。年に2回、北岳に登り、北岳10回目の猛者だった。
小さくジグを切って登る”草すべり”の斜面が堪える。苦し紛れに刻々と変わる白根御池ばかりを見ていた。
草すべりを登り切ってしまうと、白砂の鳳凰三山のオベリスクが見られる様になってきた。北岳側から見るオベリスクは尖がり具合が悪く、他の山から見るオベリスクより格好悪い。
小太郎山分岐”にある広場に着く。ここから小太郎山への登山道がはっきりと見え、最近、栃木の山友からここを歩いたとの連絡があったので、余裕があれば行きたいと思っていたが、今日の体調では断念することにした。仙丈、甲斐駒の展望が抜群である。
草すべり以後は傾斜の緩い展望の良い尾根道となる。
3時間52分にて”右俣コース分岐”着く。前回の北岳ではここから二俣へ下山したが詰まらない道だったと記憶している。(スペースの関係で上のパノラマと時間軸で入れ替わっています)
至福の24分の休憩を終えて、最後の重労働に入る。小屋の屋根には沢山のはシュラフが天日干しされていた。混雑する小屋泊まりでは自分のスペースが確保出来、隣りからの攻撃も受け難いシュラフが最適と思う。
4時間48分にて”肩ノ小屋”に着く。ここまでラーメンを食べたいと頑張って来たのでためらわず900円のラーメンを注文する。ラーメンとおにぎりで昼飯とするが、汁物は喉通りが良く最高に美味いと感じた。
休憩中の話し相手は70歳と74歳のジジィ、皆さんお元気だ。
山頂が見えた。こうなると疲れている足でも勝手に進んでくれる。初冠雪を終えたはずの富士山は雪が解けてしまったのかどす黒いままだった。
山頂は近い、頑張るぞーと気合を入れるが、山頂ではなかった。
6時間丁度で”北岳”(3,193m)に着く。晴天下、全ての山が見えておりリベンジ達成。先月、登った富士山も祝ってくれている様。
山頂には二人のハイカーが居るのみ。一人はお昼寝中。今日は静かな山頂であるが、昨日、一昨日はハイカーで一杯だったと想像出来る。
鳳凰三山から北岳を見たのを昨日の様に思い出すが、実際、昨日見ているのだ。富士山から北岳を見ても同定は出来なかった。
山頂で6分程展望を楽しんだ後、北岳小屋に向かう。ここから間ノ岳側への登山道が良く見えている。
かなり下った地点から北岳を振り返り見る。
北岳山荘は近くに見えるが中々着かない。転ばない様に気を付けながら急ぎ足で山荘に向かう。
八本歯への分岐に着く。当初、ここから下山して崖っぷちのトラバース路を再度歩きたいと思っていたが、地図で確認すると遠回りになるので、体力不足から割愛した。
7時間07分、北岳から1時間で”北岳山荘”に着く。扉は閉まっており、周辺には誰も居らず、一見、営業していない様に見えたが、しっかり営業はしていた。
北岳山荘泊
明日の弁当込みの3食付で頼むと9千円也。今日は定員150名の所、宿泊者は25名のみ、予想以上のガラガラ状態で作戦が当ったと喜ぶ。フロントにお願いして太子町の御夫婦と同じ夫婦部屋に入れて貰う。
まずは太子町の御夫婦と5百円の缶ビールで乾杯。旦那(64歳)がクライマーで、奥さんが日本百名山キラーだとか。旦那はしぶしぶ付いて来ているらしい。奥さんは日本百名山達成に向けてやるき満々にだった。
山荘での夕食
夕食は17時からで、当然、食堂はガラガラ。小屋泊まりでこんなに空いているのは初めて。食事はおかずがてんこ盛りで、しかかも美味い。
又、缶ビールを呑むとおかずが多くご飯は一杯しか食べられなかった。20時消灯
中二階を入れて定員20名の夫婦部屋には3組の御夫婦と俺のみ。当然、布団1枚に一人であり、毛布は一杯余っている。部屋の窓から富士山が見える最高の立地。こんな小屋泊まりなら毎回泊たいと思う。
太子町の坂口さん御夫婦を始め、埼玉からの御夫婦、東京のフランス料理のシェフ夫婦と消灯まで山談義を続ける。皆さん、楽しい時間有難う御座いました。
一日目(10/10):広河原〜白根御池小屋〜肩ノ小屋〜北岳〜北岳山荘泊
二日目(10/11):北岳山荘〜間ノ岳〜農鳥岳〜下降点〜大門沢小屋〜奈良田
きただけ